砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6回開催終わりました
公開処刑のお時間ですw

23.png
22.png

ここにきて実力が露呈された感がありますねー

それにしても自己嫌悪な日々が続いています。
修正の歯止めが効かなくなってきているので、1度リセットして、取り合えず当てることに集中したいと思います。

4開催終わりました
早いもので、あっという間に春G1シーズンの到来ですね

17.png

今開催は週別でのマイナスが1度もなかった月でもありました。

18.png

こと阪神競馬場においては先週まで202%と考察が生きた形だったのですが、土日でかなり数字を落としてしまいました。
アンタレスSの不的中共々、200を維持出来るハズだったのですが、少し馬券的にブレてしまったことが反省点です。
阪神開催はまた直ぐにやってくるので、反省を糧に更なる成績向上を目指したいところです。

一番投票数の多かった中山開催においても回収率を伸ばすことが出来ずという結果
皐月賞は人気決着を嫌ってBETしてしまったことから、ひっくり返すことが出来ませんでした。
中山Dにおいても最後まで本質を見抜けるところまで手が届かず、春開催は翻弄されてしまったなというイメージだけが残りました。
秋に向けて、手は打っておかなければならないと感じた中山開催でした。

全体的な主観として大きいのを当ててしまうと、どうも穴思考に偏り過ぎる嫌いがあります。

193.png

こういうのとか当ててしまうと特にその後の馬券が荒くなりがちです。

1度の成功に心を躍らせることなく、冷静に格馬の分析に取り組まなければならないなと感じています。


19.png

前年の成績は目を覆いたくなるような結果でしたが、秋口あたりに今までの予想方法を根底から見直して、それまで勉強してきたことを無駄にせず、本質をもう1度探る作業を行ってきました。
前年度終盤から数字的に安定したきたことから、今年度を迎えるにあたって少しずつ自信がついてきた感じはします。

最近、よく穴馬を当てますね?とか、調子いいですね、ノッてますねとか言われることもありますが。。。
確かに、前年度はたったの7回しか万馬券を的中していません。
今年は現在9回の万馬券を的中していますので、既に前年の的中回数を上回りました。

ツキも当然あるかもしれませんが、そろそろ努力の成果だと思っても良いんじゃないかなという気はしています。
ですが、まだまだ年間として結果を残した訳でもなく、回収率においても124%程度なら、もっともっと優秀な方々はたくさんいらっしゃると思います。
例え自信が少々ついたとはいっても、たまたま数ヶ月調子の良い月が続いているだけだと、戒めていかねばなりませんね。

相変わらず開催終わりに反省することの繰り返しばかりの日々です。
どこかで爆勝することを目標に、今後も勉強し続けて行きたいと思います。

苦手な東京開催を克服するためにも、長い東京開催をなんとか乗り切るために頑張りたいと思います。
伏竜Sはリアファル
ついたー

とこっそり呟いていましたが。

187.png
188.png
189.png

なんか変なのも混ぜてしまいましたがww(こーいうのもうやめようかな)

クロスクリーガーはやはり強かったという結果で、リアファルと1点で勝負すべきだったかなーと。

というのもこのリアファル、ブチコの人気と比べてみると、同距離のレースラップとしてそれほど差はない(むしろリアファルのほうが上)のではと考えていたからになります。

リアファル

リアファル 8枠 2-2-2-1 36.8
ブチコ 3枠 3-3-3-2 36.6

京都D1800は基本的に内枠先行馬有利のコースで、2~3歳のうちは流れたペースを先行した馬ほど評価を上げます。
(当然スローでも上がり最速の場合は評価しますが)
リアファルは2走前にマイネルオフィールに負けていますが、ゲートで躓いて流れに乗れなかったこと、スローを後方から追走したことが影響していると思われます。
こういった馬は次走流れるケースで着順が入れ替わったりします(ショコラブランとの差)

ブチコ4.7倍に対して、リアファルは14.7倍ですが、そこまでの能力差はなかったと思われます。
(最近自分はこういった横比から正当な評価を受けていないレースをよく狙います。)

もう1点は血統での後押しによるものです。
母クリソプレースは良き繁殖牝馬で、マリアライト(1600万下)フォルトファーレン(500万下)クリソライト(OP)と排出した3頭ともに500万を勝ちあがっているという今後にも注目したい繁殖牝馬です。

ノーザン×キャロットのラインの馬で、音無厩舎となると半兄クリソライトとだぶりますね^^

リアファル1

父にゴールドアリュールを持つクリソライトとは違い、リアファルは父ゼンノロブロイ
父、母系ともに米国産が強いので勿論ダート馬なんですが、ちゃんと欧州血統も混ぜてスピードだけの馬にしていない奥深さを感じます。
ゼンノロブロイ×River manは結構有名なニックスで、ゼンノロブロイ産駒のダートOP馬に必須条件であるミスプロのクロスも4×4(ナムラビクター、ハートビートソング)と上記2点を近いところに持っていることも強み。
ノーザンダンサー系も3本持っており奥の深さも持ち合わせているかもしれません。
ナスルーラ系がやや弱いナムラビクターと違い、素軽さもあるリアファル。
3~4角ではやや追走に苦労しているように見えましたが、直線に入っても脚が上がることはなく、ゴール前でクロスクリーガーをクビ差まで追い詰めました。
配合的にもナスキロっぽさを感じさせられるので、東京のダートでどういった走りをするか興味があります。
ですが、本質的にロブロイ×エルコンドルパサーですから、マイラーではなく中距離の方が良いように思います。
ユニコーンSよりJDD向きかもしれませんね^^
3月開催を振り返る
先週は散々でしたね。。。

15.png

今月も100を維持するのがやっとでは先が思いやられます。

重賞にしてもリアルスティールの強さだけ際立った結果。
ダノンプラチナはやはりマイラー色が強いディープなのかな?
流れが合わなかったとはいってもあの流れで差されているようでは少し微妙な結果だとも思います。
リアルスティールを本命にしている人が多かったので、まだまだだということですね^^;
(京成杯組軽視は間違ってなかったことは救いかも)
マイネルシュバリエはまぁあの流れで上がり勝負する馬ではないので、この馬の買いどころはまだ先にあるような気がします。
中京は例年の傾向と全く違う前残りでしたが、タガノアガザルは買えませんね、私にはww(当日の馬場って大事ですね、今更だけど)

最近競馬へのモチベーションが下がりっぱなしなのですが、まぁ次開催もボチボチ頑張っていきたいとは思います。

さて、それでは恒例の今開催反省点と、少し使える?気付いたところを回顧しておくきましょうかね。

続きを読む
週別回顧

後藤騎手の突然の訃報に言葉もありません。。

ただただ、残念でしかたありません。。。



さて、苦手な阪神開催が始まり、ビクビクしながら週末を迎えていましたが。。。

9.png

土曜日は好調だったのですが日曜でかなり削られました。。。

10.png

平場のD1800mはオッズ的に買えるレースが少なかったですね。
未勝利の1800mはやる気も起こらないですねw
というか未勝利買うのもう止めようかなww(当たっても配当が安いし)
もう少し研究が必要かもしれませんね。

中山はかなり負けましたね、というか、馬券選択ミスが多く、広げるべきオッズで点数をケチるというのがダメ。

たとえばこんなのとか

167.png

馬場的にどう判断するのか、ラップはどう動くのか、想定よりかなりスローでしたが、9<10だと思ったのですが結局馬券になったのは9

重~不良のラップの動きは勉強になりましたね、10Rなんかは特に、これもまた時間があれば記事にしたいところですが、どうせ記事にするなら、その条件でスパッと馬券を綺麗に当ててからにしたいとこですねw

阪神、中山開催は続いていくので、今後は特に阪神Dの記事に力を入れていく予定です。

※おまけ

168.png
169.png

いつも重賞は買えそうだなと思ったらちょっとだけ購入しているんですが、アーリントンC当たっちゃいましたw

ジュニアCはレースを見ていたのですが、ラップも悪くないし、ラップからの通過位置、馬場バイアス、枠、上がり3Fなどを考えるとヤングマンパワーは低評価なんじゃないかなーと思っていました。

開幕週なので先行有利かなと思っていたんですが、ナイトフォックスとまったく逆でしたねw
それでも阪神外回りとなれば上がり値は大切かなと思いました。

ヤングマンパワー

配合だけみると、いかにも小回りピッチのパワータイプですが、サーゲイロード×SSの決め脚、River man
スニッツェルがガチガチのND系だけに上手く配合されている印象はあります。
頭の高い走法が印象的なイメージですが、回転が速い脚なのかといえば、自分にはそうは見えないんですよね。
純粋な絶対上がり値では当然勝ち目はないでしょうが、坂を登りきっても長く続く末脚が印象的でした。

開幕週の良馬場ともあり、松岡騎手のファインプレーでしたね^^

今週は上手くいけば月間勝ちを決めれるくらいのRが沢山あったので、反省は多いです。
結局150%足らずのショボイ勝ちに満足せず、もっと予想力を磨く必要がありそうです。

小倉も結果的に100%超えは良かったのですが、『小倉のだいちゃん』ことMr.Dの爆発力の前には霞んでしまいますねw

だいちゃんの記事をツイッターで読ませて頂きましたが、その当日の的中の数々にすごい刺激を受けました^^

自分もだいちゃんに負けないように頑張っていきたいですね^^




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。