砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かしわ記念 雑感【追記有り】
なんとケイティブレイブが7馬身も差を付けて圧勝するとは!笑

ゴールドは後手を踏んだこともありますが、直線もズルズル後退と案外でしたね。
本調子じゃなかったのかな?
勝馬のケイティは道中楽で、2週目の向正面からペースアップのロンスパなのは毎年の兵庫CSと同じ
4角の手応えで勝負アリでした。

ゴールドドリームは新馬戦からの3戦とも上がり3Fの競馬しか経験していませんので、初めてのコーナーからのロングスパートに戸惑ったのか経験の差が出たのかもしれませんね^^

ちなみに馬券は◎→○の馬単オッズが3倍なので余裕のケンでした 笑

余談ですが、先日のかきつばた記念でタガノトネールが4着に敗れる、といった波乱がありました。
正直近走上がり目の4歳馬相手とはいえ、横比で完敗するような馬ではないと思います。
ただ1、2着馬を貶すつもりはありませんが、先行馬2頭が自滅したかたちのように見えますね。
しかし裏をかえせば、想定外の競馬に対応出来なければ、もしくは調子を著しく落としていれば、有力馬でも圏外になりうる程度の力量差だったのかもしれません。

自分は仮に予想していたとすればタガノトネールに◎を打つでしょうが、タガノを2倍そこそこで買うかといえば答えはノー
というのも、レーザーバレットが終止マークする形も予想出来ませんし、逆張りをしたとしても、外人2頭の馬の妙味も正直あるとはいえません。
自分が能力的に劣ると予想している以上、結果妙味がなければ、どちらにはったところでリスクしか生まれないように思います。
自分の的中率が2割程度なことを考えれば、とてもとても馬券を勝負する気にはなれません。

まぁ回顧や感想はこんなところで、明日のかしわ記念の雑感を少し。
続きを読む
兵庫CS雑感
このレースはゴールドドリーム一本被りのレースになりそうですね^^

ゴールドドリームは血統を少しでも勉強した方ならば、ほぼほぼゴルア産駒の中でも1流の配合だと判断するのではないかと思います。

ゴルドリ

所謂ゴールドアリュール×ミスプロ×Swapsの鉄板配合

ニジンスキークロスでもフレンチのスピークジョンによりミスプロにも経由されていてCount Fleet のクロスを強調
まぁ検討違いかもですが、ある意味芝で成功する配合のマルゼンスキーっぽさも兼ね備えてるかなとか考えたりしています。

特に瞬発力に優れたパフォーマンスを見せている同馬ですしね。

あとはやはり名品Specialのクロス、勝負ドコロで動ける機動力、奥の深さを感じられる良血だと思います。

ヒヤシンスSはテンは流れましたが、中盤は息の入る展開で、湿った馬場らしくラストの失速が少ない差し馬不利なケース。
これをしっかり前を捕らえる位置まで押し上げ、末脚で完勝は強い内容でした。

重馬場とはいえ、好タイムで、自ら動いていけるところを見れば、流れにさえ乗れれば、よほどのことが無い限り崩れる心配はなさそうです。


相手はこちらも人気が予想されそうですがケイティブレイブ
毎度しっかり勝ちに行く競馬をしてやはり差されてしまうあたり、脚を使いきっている感があり底負けしてしまうことが濃厚ではある。
しかし、道中の展開次第では位置取りは有利で、ゴールドドリームにしっかりマークされて潰されると厳しいかもしれないが、やはり地方は縦長になった場合、直線の短さと隊列の不利を解消することは先行馬が崩れるような展開が必要。

園田の1870はコーナーを6つ回り、息も入りやすく、前半がゆったり流れた場合余力が残っている馬を末脚値の機動力だけで捕らえることは難しく思う。

そのあたりを楽しみながら、どういった展開になるか見てみたいと思う。

◎ゴールドドリーム
○ケイティブレイブ

馬単◎→○

明日はかしわ記念の雑感を書こうかな|ω・)チラ
フェブラリーS 予想
Mラジ出演にあたって、前年の記事読み返してたんですけど、まぁわりとまともに考察してるんでこれで予想します。

フェブラリーS考察①

フェブラリーS考察②(根岸S組)

フェブラリーS考察③(短縮組)


さて、それでは上記の記事を元に今年の買いたい馬は

ホワイトフーガ
ベストウォーリア
ノンコノユメ
ロワジャルダン


の4頭ですかね


この4頭以外は買わない(多分)

4頭の印と詳しい見解はMラジで!笑


◎ホワイトフーガ
○ベストウォーリア
▲ノンコノユメ
△ロワジャルダン
注モーニン

(モーニンはフェラーリピサと被る部分があるので押さえてみます、上がり期待値と中距離実績はないんだけどねー)
根岸S予想
前年予想→根岸S予想(回顧追記)

アドマイロイヤルは一昨年評価して昨年は近走内容から評価を下げた。
だが、ゴールスキーの評価は、この舞台適正として間違っていたとは思わないし、これは仕方無い。
今年も同じ方法で選ぶだけである。

◎マルカフリート
○アンズチャン
▲レーザーバレット
△サクラエール


今年に関しては、横比で推せそうな短縮馬もいない&実績上位馬は人気に対して末脚期待値が低いという点。
となればレース質的には荒れ目の予想をしても問題ないと捉える。
プロコトルは穴人気しそうだし、休み明けといってもモーニンの後で上がりも劣っていては評価し辛い。
前走もHペース失速戦で、こちらを評価するならば、相対的にタガノ&モーニンを最上位に評価しなくてはならないし、クロスボウも中距離路線では展開が向いても3着にも入れないようでは尚更。

◎○に関しては脚質がほぼ決まっているのでいらん色気は出さないので決め打ちして貰った方が予想し易い点。
▲に関しては前年かなり色気出して乗っているので、今回はちゃんと末脚を生かす競馬をして欲しいので改めて。
追える騎手だけに、溜める競馬をして欲しい。
東海S予想
やっぱ競馬はどこでやってもダートは面白いですね。

さて、東海Sの1人気予想はロワジャルダンですか
ハイペースで展開向いただけの差し馬という認識ですが、まわりの面子が弱いとやっぱ末脚値は大事です。
ただ、スムーズな競馬が出来なかったサウンドトゥルーに比べると1枚落ちると見て良いのでは。
人気意が人気だけに色気だして先行から勝ちに行く競馬してくれれば、人気程の信頼度は無さそうに思いますけども。


予想は簡単に

◎インカンテーション

横比から休み明け嫌われるなら更に買い、骨折明けなので、強気にドンとは買えないけど、アッサリ勝ってもなんら不思議ではない。

○ローマンレジェンド

この馬は多頭数だと位置が取れない、前走は追走負けから撒くって坂で力尽きるという分かりやすい負け方。
位置さえ取れればジリ脚を使うので、コースは合うハズ。
ただ、ピークは過ぎてるので単は買い辛い。

▲ナリタポセイドン
展開向けば、こーいう着狙いの馬を買うのが中京ダートの個人的トレンド。
色気ナッシングで大外ぶんまわしちゃってー

△スターバリオン
こちらも同上、叩きつつ良化を薄く期待。


ラップ的に考えれば、少頭数、苦楽のローテ、モンドクラッセなんて狙いたいとこだが、筆者は位置と隊列だけで勝ってきた馬は嫌いなの。
上がりに限界がある逃げ馬は、隊列、位置重視のレース質で。
ともすれば単騎逃げの叶うこの舞台は面白そうにも見えるのだが。。。。
今回は嫌ってみようかな。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。