砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜花賞考察②
ブランネージュが非当選なので

フォーエバーモア、レーブデトワール、マーブルカテドラルを考察しておきます

フォーエバモアについては

ネオユニバース×Pentelicus

Pentelicus→Fappiano×In Reality(War Relic5×5)

Pentelicusの母母父Buckpasser

ということで、サンデー×ミスプロの成功例

サンデー×ミスプロ×War Admiral×La Troienne

馬場が渋っても問題なさそうな印象は受けます。

問題はネオユニ牝馬ということ、もうひとつはネオユニの成功配合ではないということですか。

JFは縦長のレースで同馬は前3Fを35.2くらいで通過

しかしなかなかに末脚を纏め上げ、勝馬とほぼ差のないゴール

同馬は先行して上がりを纏める所謂前受けタイプでHyperion血量が4.09%

ネオユニの父サンデーサイレンスのハイインロー(Hyperion×Son-in-Law)

母ポインテッドバスのHyperion4×5クロス×Fair Trial(Son-in-Law)(Fair Trialは2本)

母母 Double WiggleもSon-in-Lawかなり遡りますがクロスしています。


そもそもそこまでの影響があるとは思えない代の血量になりますが、全体配合バランスとして目だったクロスや血量のない同馬でありますから、

ふり幅として調べるよりも実際のレースでのタイプ分類をした方が良いかもしれません。

そういう意味ではやや中途半端な印象を受けますし推し辛い馬でもありますねー。

レーブデトワールはゼンノロブロイ産駒の牝馬クラシック戦線ではアニメイトバイオ、コスモネモシン、アグネスワルツ、サンテミリオンなど馴染みがあるのではないでしょうか?

Rivermanのナスキロ的なストライド大きく伸びるタイプではなく、走法は頭も高めな印象もうけます

Blushing Groom内包もやっかいで、気性的にはすみれSや萩Sのレースを見れば直ぐに分かると思います。

しかし折り合った場合の破壊力は抜群で、ナスルーラが強い配合なので、マイルらしい速い流れで追走した方が良さそうに思います。


前年のJFは一見速い流れのラップに見受けられますが、やや縦長で推移し、上がりの競馬になっていると分析しています。

それは中盤で追走したフォーエバーモアが前半3Fを約35.2で通過していること。

ハイラップの持続戦決着ではないという見解になります。


同馬はJF時上がり3F位置1.7秒差

ハープスターは1.9差から上がり最速で僅差の2着。


白菊賞は前半34.8と京都マイル戦にしてはやや流れた印象。

中盤12-12と淀みないラップですからなかなかに締まったラップとも言えます。

レーブは白菊賞では上がり3F位置1.0秒差から差しきっています。

今回距離短縮で当然位置取りショックがかかります。

速い流れから一団で、というレースになれば差してくる可能性もあるのでは?といった見解です。


最後にマーブルカテドラル

フォトパドックでは飛節から下も長く、一見立ち姿から見れば大箱問題ないようにも見えます。

しかし掲載写真は当然良いものを採用するでしょう。

前走のパドックから曲飛気味に見えます。

アネモネSは瞬発力戦ですが、コーナーでラップ弛んで外から捲り上げるもキレ負けが顕著に表れている。

元来瞬発力ではJF、新潟2歳Sで後塵を拝しています。

ダイワメジャーらしく末脚勝負では分が悪いですね。

同馬の成績からアルテミスS勝馬とはいえキレでハープスターに勝つことはまず無いと思われます。

過去走ではハイラップを先行した経験がないので、今回のレース質にあうかも未知数ですねぇ。。。



余談ですがツイッターでとある方にコーリンベリーについて見解をと質問されたんですが。。。

確かに2走前の指数は高く、中京の先行有利なダートで重力が後だった恩恵は多分にありました。

いやー今後のダート戦線で注目したい馬ですねー、とはいったものの気になったのでレースとラップ、血統を確認。

ナスキロ4本でストライドも大きい。

ヌレイエフらしい瞬発力も秘めているかもしれませんね。。


まぁこれには朝日杯のデジャヴがあって、朝日杯の時もその方にアジアエクスプレスの見解聞かれたんですよねー

それでフォトパから完成度の高さ、中山のエアレーションやシャタリング、元々力いる馬場の冬開催から適正は認めてもいきなりG1はちょっとねーと会話してたのを思いだしましたwww

朝日杯の結果は御存知のとおりだけにちょっとねーwww

とりあえず後出しじゃない証明に証拠TL晒しときますw

ついった9
ついった10
ついった11
ついった12


俺って馬を見る目があるんじゃぁ。。

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   ない ない
        |      (__人__)     |
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


ですよねーwww

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/95-dd73d5a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。