砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日杯&スプリングS
自分は基本ダートの考察しかしませんが、レースを見るのが大好きです。

やはり王道のクラシック戦線で蚊帳の外なんてのはイヤだし、予想だってしますし馬券もちょろっと買います 笑

個人的にときめく馬が重賞に挑戦したらやはり買いたくなってしまいますね~♪


先週はスプリングS ロサギガンティア
35.jpg

ベゴニア賞でのレースから惚れこんだ馬で、馬群に包まれてもしっかり脚を溜めることが出来、抜け出してからの一瞬のキレ味はまさに剃刀のよう。
本当にフジキセキ産駒の特徴まさにそれといった感じで、自分にとって強烈なインパクトを残したレースではありました。

続く東京の500万下でも同様にしっかり我慢が利くのもポイントで、むしろ中山のような直線短いコースでこそ頭で買える馬では、と常々思っていました。

ロサギガンティア

フジキセキ産駒はダートでも一流馬を排出するパワー系SS

やはりフジキセキ産駒にはRaise a Native内包が必須条件でダンチヒもしっかり持っている。

個人的にBold ReasoningによるHail to Reason 4×6

フジキセキはCornish Princeの父はBold Ruler

Bold Ruler系でしっかりとスピードを強調している点。

ミルコの騎乗も当然ありましたが、向正面でピッチが上がってもスッと追走しポジションを自然と上げることが出来たことを見る限り、基礎スピード値は高いと思います。

そしてパワー型スピード&底としてTudor Minstrelの血があるいうこと。

そしてそれはHoist the Flag=Tom Rolfe×War Admiralの底型Ribotにより強調されています。

スタミナ型底力補強のHyperionでもこのTudor Minstrel内包馬はテイクオーバーターゲットなど、スプリントG1を勝つ為のスピードを殺さずに底を補強出来たいたということ。とか勝手な妄想?笑
を繰り広げていたりします笑

現状の中山芝は重いパワーの必要な馬場状態

500kgを超えるこの馬のパワーに満ちたスピードと一瞬の瞬発力による抜け出し後続を抑える。

まさにイメージ通りの競馬をしてくれたなぁと感じました。


そして今日の毎日杯 マイネルフロスト

34.jpg

我が血統考察の師であるカスケード隊長とこの馬については重攻掲示板やツイッターで議論をしていました。
マイネルフロスト

ブラックタイド産駒はディープインパクトの同血

ですが産駒の成績はディープのそれと違う傾向です。

当然ブラックタイド本来の成績、そして母父グラスワンダーにダンチヒ、ミスプロ、Relic ですから

当然パワー&小回り捲り、ローカルG3馬じゃん、と思うのが普通ですし、函館のレースを見るまではそう思っていました。

ですが今年の函館は芝も高速化しており、そこでの連勝。

そしてあの極悪馬場で行われた札幌2歳Sの敗戦から、まともな調教内容ではなかったラジNIKKEI

元来札幌2歳Sで1人気に支持される馬は名馬が多く、この馬の動向をずっと気にかけていました。

この馬の一番の強調点はやはりダンチヒのクロスであり、ディープインパクト×ダンチヒといえば真っ先にジェンティルドンナやドナウブルーが上がります。

まぁこの2頭はどちらかといえばまた別の要素があったことは否めませんし、私のような素人が上記2頭の血統論に触れるなど恐れ多くて出来ません 笑

ダンチヒ内包馬の良いところは夏場のスピード決着に強い印象で高速馬場適性もあると思うのですよね。

そういう意味でマイネルフロストは良馬場でこそパフォーマンスを上げると見ていましたし、共同通信杯では4着と敗れはしましたが、好位から我慢に我慢して直線はしっかり弾けてくれました。
このレースで瞬発力が無い馬ではないことが証明されました。

母父グラスにしてはマッチョ感がなく牝馬のようにスラッとした立ち姿。
後肢の飛節から繋ぎにかけての短さは無く、東京や阪神外回りのような大箱コースでも能力を発揮出来るのではと見ていました。

血統遺伝からの馬体形成についてはまだまだ勉強中の身の上ですが、なかなか興味深いものだなと感じさせられています。

グラスワンダー産駒は阪神芝コースの成績がもっとも良く、ロベルト系の底から最後のひと伸びを後押ししてくれる、ダート予想においてロベルトとは切っても切れない関係性にあります。

同馬も毎日杯において坂をガッツリ登板し、闘争心に火がついてからの伸び脚は強烈なインパクトを残してくれました。

柴田大知騎手も関西入りし素晴らしい騎乗をしてくれましたね^^




この2つの素晴らしいレースぶりに感動し、例え東京の舞台で切れ負けすることになっても、G1での2頭の勇姿を目に焼き付けたいと、皐月賞やダービーが楽しみになった毎日杯とスプリングSでした^^

コメント

砂先生が芝の考察すると、何か新鮮ですね。
マーチの本領発揮、楽しみにしてます。
昼寝じゃなく、夕寝には注意しましょう。
自分も半日勘違いして寝坊と思って飛び起きた記憶があります(笑)。
[2014/03/29 21:02] URL | しゅん #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> しゅんさん

いつも見ていただきありがとうございます^^

私だって芝も楽しみたい 笑

マーチSはシッカリとしたアプローチが出来そうです。

ですが的中するかはまた別の話。

良い結果が出れば良いのですが。


夕寝でビックリ!ありますよね~笑

ですがブログ更新の充電ができたので、しっかりと結論を書きたいと思います♪笑
[2014/03/29 21:19] URL | mussyu #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/83-5bfb9f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。