砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーチS考察②
マーチSは中山1800mで行われる。

マーチSラップ

まぁ底力戦ですね。

馬場が渋ると失速度合いも少なくキレる脚を使える馬の入着も。
ただこの2012年でもバーディバーディは3着

中山1800は追い込みが不利なデータがありますが。。

2012
マーチSタイレツ

2013
マーチS隊列

中山のコーナー形状から隊列は凝縮されやすいのです。
ですが追い込みが決まりにくいのは単純に該当馬が少ないだけであり、中山を差せる馬ならば問題ないということですね。


それではネット競馬で上位人気に支持されている馬の見解を書いていきます。

エーシンゴールド

前走アルデバランSでは京都1900mのレース傾向とは違い、中盤12秒台前半のラップが連続する流れで推移。

ラスト失速の底力戦での勝馬。

2着のマルカプレジオが続く仁川S、やや早めに進出を開始し、能力の違いを見せたナムラビクターのおかげで同様の底力戦となり3着と連続好走したことから、マーチSのレース質や中山で好走する下地は備わっていると見ます。

父Medaglia d'OroはSadler's Wells系にDamascusとパワーや重厚さを感じます。

母父Pulpitは東京巧者で前回取り上げた種牡馬でありますが、ミスプロクロス、そしてFappianoはBull Dog クロスですから、後肢飛節より脚下が短く、小回りでのポジションアップや捲ることに適した馬かなぁといった印象です。
Nijinsky内包馬であり、持続戦への適正強化も影響しているといった見解です。


グランドシチーについては今更語ることもないでしょうから割愛


ジェベルムーサ

SS×デインヒルといえばフェノーメノ
その上がり性能は特筆、4着に敗れたレパードSを除いた近5走とも上がり最速である。
所謂隊列が重要なコースや先行有利な馬場では人気を裏切る可能性は否めないが、近2走にて中山適性を発揮。

牝系に内包されたRibot系でもスタミナ重視のTom Rolfeということで、底力はあるということか。

ジェベルムーサ

ながつきSは弛んだペースでラストの失速度合いも少ない。
しかしフェアウルSでは稍重であったとはいえ勝ちタイムも素晴らしく、内容としても文句なし。

今回鬼門の57kgを背負うことになるが、550kgを超える大型馬なので問題ないだろう。

重箱の隅を突けば、上がり13秒を超えるような真の底力戦で尚且つ57kgで完勝することが出来るのか?

もしそうなった場合、同馬の将来も明るいものになるだろう。


クリソライト

JDDでは瞬発力の違いで他馬を圧倒

母クリソプレーズはSeattle Slew内包の父エルコンドルパサーにRivermanいわゆるナスキロよろしく、やや脚長でストライドを伸ばしたタイプ。
腰まわりやトモも非凡なものを感じるが、中山コース適正が高いとは思えず。
57kgに適正外のレース、ここはまだまだ負けてもらって帝王賞や平安Sあたりで買うのも一考(笑)

ソロル

散々嫌ってきたが、フェブラリーSでやはり瞬発力向きの馬ではないことを理解。
もとより2歳時はハイペースのヒヤシンスSで2着に好走した馬。

母ラバヤデール はサンデーサイレンスにニキーヤ。
サンデー×ニキーヤといえばゴールドアリュールと同血。

ゴールドアリュールといえば中山1800で行われたフェブラリーS勝馬であり、3歳時中山1800で行われたJCDで0.4差の5着と好走している。

しかしボリクリ×SSで、どうみても脚長ストライド大きいタイプにしか見えず。
この馬は中山のポルックスSで勝ったことは素直に驚いたのだが。。。

どうしても不可解に思い、この馬のパドックをよく確認してみたのだが、たまに小足をチョコチョコと使う素振りを見せたり、手先も軽いように見える。
当然重馬場も合うのだろうが、同じシンボリクリスエス×サンデーのサイレントメロディと見比べると歩き方の違いが顕著であり、わりと起用な一面も持っているのだろう。

週末は天気も悪くなりそうなので狙ってみるの良いだろうし、グランドシチー同様、8年連続連対中のロベルト内包馬でもある。
なにより他馬の4歳と違い、ダートOPで経験を重ね好走している点も良い。


人気想定の5頭の雑感はこのあたりでしょうか。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/81-97d78271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。