砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山短距離D
今週から中山開催が始まります。

前回、回顧した記事をベースに少し掘り下げてみます。

自分用次開催へ向けた回顧(短距離D)

この後自分の考察結果としては、持ち時計のある馬(ハイペース入着経験有)が最上位

該当馬がいない場合は差しを狙っても良いという見解です。

なるべく追走能力がある馬で尚且つ、上がり1秒近い差の脚を使える馬

もしくはインをロスなく差せる中団待機の内枠馬などでしょうか。

中山はスパイラルカーブで馬群も凝縮しやすく隊列が縮まりやすいコースレイアウトではあります。

そしてコーナーの出口にかけてRがキツくなるので遠心力により馬群がバラけやすく、インが空く場合もあります。

ただし、色々と差し馬について考察していましたが、まず、中山D1200mは圧倒的に先行馬有利というデータが立ちはだかります。

☆過去5年中山D1200m
中山D1200脚質

ハッキリいって、むやみに差し馬を狙うよりも逃げ先行馬を買った方が圧倒的に回収率が高いことも分かりますね。

ではどういった場合差し馬が入着する確立が上がるのだろうか。

馬場を調べても明確な差はみつかりませんでした。

ではハンデ戦ならどうか。

☆同コースハンデ戦
中山D1200脚質(ハンデ戦)

なんと後方馬の回収率、連対率が、逃げ馬よりアップしました。

では斤量は?

斤量

51.5~55kg以下の馬が良さそうですね。

では前走上がり、脚質はどうでしょう?
ハンデ戦前走上がり

前走上がり1、2位は良い数字を残しています。


今週は別定戦もありますので調べてみます。

☆同コース別定戦

別定脚質

別定はG3であるカペラSも含まれますので注意が必要ですが。
それでもやはり妙味は先行馬にありますね。

別定ハンデ上がり1~3位脚質

ただ上がりという観点から考察すると、なかなか興味深い数字が出ました。
先行馬で上がり上位馬ならばもう何も書く必要もないでしょうw
素直に軸でよいかとww

そして同抽出データの枠順

上がり上位馬 枠

全体脚質としてデータ検索から5頭の先行馬を抜いたとしても85頭は差し脚質だということ。

8枠は別としても、意外に1~3枠の好走が目立ちます。

以上、中山短距離を買う際に注目してみたいと思います。




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/73-f0b5924b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。