砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーS回顧
さて、結果は結果です。

これも競馬と受け入れるしかなく、簡単に回顧しておきます。

ラップ2

まぁある程度懸念はしていたスローペースですが、ここまで弛むとは。。。
やってしまいましたなぁ(岡田節

Mラジの方でも発言させて頂きましたが、ある程度の弛みは想定内でしたが。


コパノリッキーは強い馬です。

なにが強いかって自分が休み明け2戦目で盲目的に重い印つけちゃうくらいの馬です笑
G1勝てる配合馬でもあります。ゴルアでも特Aクラス(詳しくはまた別の機会にでも
フェアウェルS

ただここで走るのは想定外。
まともなペースならば先々は置いてもここで好走すことを予測することは自分には不可能です(断言

ある程度エーシンがたるい流れを作り上げる可能性ではありました。
そして東京コース故のコーナー特性。

先行馬が中盤まで楽をし過ぎた故にここでペースアップが発生。
ホッコータルマエはアンカツさんのツイートでもありましたが、JCD時を見ても分かるように、早めに抜け出すとソラを使う癖があります。
これはニホンピロアワーズも同じ特性を持っており、ダート先行馬にありがちな特性ではあります。
元来競走馬というのは、前を捉える為には猛烈な加速をみせる練習をしていると認識しています。
そのための併せ調教やCW調教でもあります。

そういう意味でも東京コーナーは捲りに不向きなコース設定であり(高速コーナー)
スローで通過した場合、捲りによるプレッシャーは掛けにくいコースという認識があります。

勿論直線も全場で最大の長さを誇る故に、追い出しはギリギリまで我慢したいのが使える脚の短い馬ならば尚のことでしょう。

ホッコータルマエが前で残れる、そしてコパノリッキーを捉えることが出来なかったのが何よりの証明。

それはブライトラインも同じであり、使える脚が短いことは血統配合からの証明でもありました。

よってこの2頭の評価は変わりませんし、変えるつもりもありません。

この展開を後方12番手から3着入選したベルシャザール。

やはり能力はずば抜けているといえるでしょう。

ワンダーアキュートも良い脚を使ってくれました。

ベストウォーリアもTAKUYA氏の指摘どおり、格上げ戦での底不足。
それは血統配合からも、今後の重賞戦線でもう一度認識を改める必要があります。
やはりスピードをより重視するレース質でこその配合、舞台適正があえば、今後も注目していきたい考えは変わりません。

舞台適正が整えば、この馬とて力のある馬です。
まだ4歳ですし、無事に成長して欲しいと切に願います。

そして、やはりこのペースで推移すると隊列的にもごった返すので前に壁が出来る分内枠は厳しい。
外に出そうにも、外枠の馬も隊列的に外側に位置し追い出しを開始するので行き場がなくなってしまいます。

故に東京の1600mダートの成績をトータルで換算すると有利不利が数字として表れるということでしょう。

G1レースらしからぬ時計、年に2度の中央ダートG1で期待したレースとならず、イチ競馬ファンとして残念ではありますが、自分の付けた印に全く悔いはありません。


これからもブレずに考察していきたいと思います。



最後にこの1週間お付き合い頂いた皆様にお礼を申し上げるとともに

Mラジで競演させて頂いた

TAKUYA氏

ブライト氏

MIO氏


新たな刺激を頂き、感謝の言葉以外ありません。ありがとうございました!




後書

レースは色々と不満な点は多々ありますが、勝者は称えるもの

ついった5

2歳時から注目していたコパノリッキー&田辺騎手のG1初制覇の祝福ツイートを掲載して、2014年フェブラリーSの予想記事を締めくくりたいと思います。

コメント

はぁい(^-^)/琢です、ベストウォーリアは
非常に良い馬です、今回は衝撃に耐えられ無かった
ですが必ずG1戦線で活躍する馬です、秋のJCDでは
ジェベルムーサと一点で行きましょう(^^)多分中京
合いますよ(^^)
それでは大阪での出会いを楽しみにしています。
色々ありがとうございました。
[2014/02/24 21:55] URL | TAKUYA #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>琢さん
先日はお招き頂き、本当に色々と貴重な体験をさせて頂きました♪

そうですか!ふむふむ中京は確かに良さそうですね(^_-)=☆
私的にもジェベルムーサの評価も高いです♪
タキオン産駒であの脚質なら…L系?(笑)

現4歳馬の考察特集記事も作成予定です♪

いつになるかは分かりませんが、時間があるときに記事にしたいと思います。

それではこれからもよろしくお願いいたします♪
[2014/02/25 19:01] URL | mussyu #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/71-2378982d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。