砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーS考察④
それでは前哨戦から各馬の取捨て

東海S
東海S

馬場差を考えれば前年よりレベルは高め。
それゆえに失速度合いは高め。

ニホンピロアワーズ1頭抜けた競馬。
叩き3戦目でようやく本調子。

グランドシチーは本命馬であったが、ヤリでもかなり力の差を感じられた。

評価をするならニホンピロアワーズのみで問題ないだろう。

ただ7歳にしてこれ以上の上積みがあるかは少々疑問。
追い切りは久々にCWに入れてきた。
自分はあまり良い動きには感じられなかったが。。。


根岸S
根岸S

走破時計からシルクフォーチュンが勝利した12年と比較
中盤の弛みが少なかった分、差しきれなかった印象。

ブライトラインからすれば苦しいラップになったということか。

となると5Fの加速から評価に値するのはゴールスキー

シルクフォーチュンはあれだけノリさんが仕掛けを遅らすのだから、切れる脚は意外と短いのだろう。
現状、距離が伸びるのは決して+とはいえないのか。

ただ血統を見る感じでは、距離延長も問題ないように思えるのだが。。。
それはNureyevクロスということ。
末脚持続力の補完は可能だとみるのだが。。。

まぁ現に2012年フェブラリーSで2着はしている。

追い切りの動きは馬なりで負荷は少なめに見えるが、これは2戦目でもあり、あまり負荷を掛けなくても良いように思う。

これはしっちぃ☆さんの評価が気になる木です。笑

ただ高速決着になるならば、持ち時計から少し疑問点はあります。

ゴールスキーは芝スタートが懸念
武蔵野Sでは流れに乗れずに後方から上がり最速もラストは脚色は同じになり4着
ただ、当時の状態より上向きであること。
追い切りには特徴があり、いつもこんな動きをしている印象

武蔵野S時にはそれを松友ひろしさんに指摘されていたのを思い出した。

ただ根岸Sの追い切り評価では

・ゴールスキー ・・ 栗東CW(稍重馬場)、単走 (末強め)
【96.2-80.2-64.7-50.7-37.7-12.2】
(B) 長めからしっかりと追い切っている。直線途中までは舌を出しながら走っていた。
いざ追われてからは上へ上へと走っていたので(ダート戦ではあるが)あまり良い印象は受けない。

と、この評価で勝っているのだから、動きに関してはあまり気にしないでよさそうだ。

あまり外枠配置は良くなさそうな印象はある。


ブライトラインに関しては1Fの延長はどうなのか。
根岸Sはバッサリ切らせてもらったが、意外と好走した。
ただこの馬はJCDで負けている。
仮にペースが楽になったとしても、ベルシャザールを逆転するとまでは到底思えない。

フジキセキ産駒といえばカネヒキリだが
フジキセキ産駒のお話

同馬はミスプロ系ではなくレイズアネイティブ系Alydar
そしてND系でもサドラーズウェルズであること。

Alydarというと、どちらかといと小回り捲りというイメージがある
先行しての粘りはなかなかのものがあるが、やはり父フジキセキ産駒の一瞬のキレから抜け出し先行し粘るイメージ

ブライトラインの血統イメージから府中の長い直線において粘りきることが出来なかったと捉えるのが妥当か。
条件戦と違い末脚絶対値がものをいう重賞レースでの敗戦。
みやこSが同馬のベストパフォーマンスならば、ラストでインカンテーションにきわどく迫られたこと。
マリーンSの勝ち方をみると、そのイメージがピッタリと当てはまる。

上がりを求められるレース質ならば、東京コースで尚且つ上がりが重要なフェブラリーSにおいては決して条件として良いとは言いがたい。
狙うなら内枠配置&高速馬場が欲しい。昨年のエスポワールシチーのような競馬が理想。


ノーザンリバーについてはグランドシチー同様、前哨戦でこそのヤリ度合いから高位評価した馬。
ここは印を下げたい。


前哨2レースからはこんなところでしょうか。





コメント

mussyuさんお疲れ様です!
会議では激励の言葉と貴重な資料を提供して下さってありがとうございました。

本当に感謝しております^^

タルマエの考察見ましたがほとんど外国語にしか見えなかったです(苦笑)

それでも何回も読み返してこういう事かな~と自分なりに解釈したのですけど、
果たして合っていたのでしょうか?笑

それとベルシャザールの◎おめでとうございます!
色々と思うところもあるかもしれませんが、◎が3着内に来たことは素敵な事だと思うので
祝福しときます。

また今後ともよろしくお願いします^^
[2014/02/23 19:13] URL | テスコの部屋 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> テスコの部屋さん
コメントありがとうございます。

フェブラリー回顧にだいたい書きたいことは記事にしましたのでそちらを。


タルマエの見解、それで良いとおもわれます。

タルマエ向きの競馬で勝てない、それもまたタルマエということです。

あくまで主観ですので、他者の意見等あるとおもいますが。

あくまでスローと読んでのタルマエ評価した方ならば今回の印を付けた方々には一定の理解は示します。

競馬は結果が全てですので、多くは語りませんが、自分の予想スタイルから対象外であったことに悔いはありませんから^^


今後の活躍も期待しております。

こちらこそ宜しくお願い致します。


[2014/02/24 01:17] URL | mussyu #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/69-0a2453ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。