砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベストウォーリア
まず、自分のダート予想の根底として

ダート=キャリア

これが一番重要なことだと捉えている。
ダートとは摩擦の強いレースが多く、厳しいラップになることもままある。
これを揉まれ、実戦で鍛え上げられた筋肉こそ、ダート戦において最も重要なことであるという認識がある。

しかしだ。

それを差し置いてでも注目すべき馬がいる。

先にカードを切ってしまうことになるが、現在私が最も注目している馬だと思っていただいて差し支えない。

ベストウォーリア

A.P.Indy系の種牡馬といえば先ず、テスタマッタ=Tapit
最近ではインカンテーションやダブルスターの活躍でシニスターミニスター産駒もこのA.P.Indy系になります。

ボールドルーラーの始祖ナスルーラ血脈であり、これにミスプロ=パワー系スピード強化を掛け合わせることでダートにおいて能力を発揮するという認識をしています。

セクレタリアト4×5×5
ミスプロ4×4
そして牝系にロベルト内包であること。
個人的に母父BTはダートにおいて+加点をする必要があると捉えています。(これはまた別の機会に)

セクレタリアトのクロスということは所謂ボルキロ(ナスキロ)持ちであるということ。
この掛け合わせは柔らかさを生み出すと言われています。
majestic warrior

父Majestic WarriorはTurn-toクロスでもあり大舞台でも能力を発揮する=格上げ戦でも怯まない闘争心を持ち合わせている可能性も秘めているのかもしれません。

さて、話は戻りますがまずTapit

tapit.jpg
ミスプロ3×4
ニジンスキー5×3
Majestic Warriorと違い、ニジンスキークロスの強調が光ります。

tapitコース
東京コースでめっぽう強いことがよく分かるのではないでしょうか?
火曜の10Rではタールタンが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれましたね^^

ベストウォーリアはND系は1本とその強調部分ではTapitに劣る。
ただセクレタリアトの強調で、瞬発力戦になった場合はパフォーマンスを発揮出来ると見ています。
そしてロベルト内包の粘りも見逃せないポイントとなります。

素人見解の血統考察はここまでに、違う視点でも分析していきましょう。

先ずは武蔵野Sでの3着

このレースでインを選択した戸崎騎手。
抜け出すのに苦労しながら馬群を抜けてからアドマイヤロイヤルを尚追いかける集中力と闘争心は評価しています。

あの場面で諦めてズルズル下がっていく馬もこれまで沢山見てきましたのでね。

元来武蔵野Sは3歳馬も活躍するレースではあります。
ただ、同馬は56kgを背負っての好走

この3歳馬56kgで好走した馬は過去10年にベストォーリア以外に3頭

武蔵野S

ワンダーアキュート 1355 良
ユビキタス     1362 良
カネヒキリ     1355 良

ユビキタスの3着は1362と時計も遅くこれは除外
カネヒキリに至っては57kgで且つ後方から上がり最速は驚異的であるといえますね(笑)

ベストウォーリアは良馬場で1354
なかなか素晴らしいと思いませんか?


ではラップはどうでしょう。
武蔵野ラップ

水準としては09年に類似、上がりはそれ以上の水準です。
当時のワンダーアキュート級と評価しても良いのではないでしょうか?

2012年はとんでもなくレベルが低かったことも付け加えます。
ガンジスとイジゲンのその後の成績をみれば、もうお分かり頂けるかと思います。(自分もようやく気付いたわww)

ただ、厳しい消耗戦になると、凡走してしまう可能性はあります。
比較

後半の加速からレースレベルはもう一段上がる。

ですが、フォトパドックの馬体はダートを戦う上で十分な筋肉量にも感じられます。

ベストウォーリアは2~3歳にかけて、その気性から折り合いにくく、気難しい馬だったと記憶しています。
ひと夏を超えて成長著しく、前走もしっかり折り合ってOP戦を一蹴。充実度が伺えます。

前走OPからのフェブラリーS好走馬は過去10年遡ってもカジノドライヴのみ。

カジノドライヴ

はて?どこかで見た色の種牡馬だなぁ。。。?笑

とにもかくにもベストウォーリア、期待したいですね^^

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/68-0d72bd66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。