砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーS考察②
フェブラリーS考察①

それでは、前回注目した根岸S、川崎記念との関係性を考察してみる。

まずはフェブラリーSのレース質として、どういった特徴があるのか。
これはデータ派の方々はもう既に知っていると思われるが、もう一度おさらいしておく。

☆過去5年

前走着順
前走着順

リズム重視である

前走距離

距離短縮組が圧倒的

所謂延長からの凡走については、ダートG1とはいえども腐ってもG1はG1

根岸Sは所詮G3レースである。

あとはレースラップ質として少々マイル戦と1400戦は異なるということか。

RPCI及びPCI3
根岸S
根岸S

フェブラリーS
RPCI

当然上がり性能は重要ではあるが、適正値として底力より、ペースも当然芝スタートということもあってやや速め。

もうひとつはダートG1クラスの馬は基本的に先行しても強い競馬が出来ること。
そしてクラスが上がれば、中盤のラップも速く、テンの速さも兼ね備えている馬が多い。

少々位置取りが下がっていても追走能力はあるので、中段から脚色に差がなければ、G3好走後の上がり馬が後方から差しきることは難しいという主観でもある。

トランセンドが勝った2011年は時計が掛かる馬場だったことを加味してもマイル戦としてはレースレベルとして低いことが分かるのではないか。
メンバー的にも、ヴァーミリアン、サクセスブロッケン、カネヒキリなどが衰えた後の低迷期であったことも付け加えておく。
そしてマイル戦本来の流れになった2012年でのトランセンドの落城は驚くほどのことでもなかったように、今の自分なら考えることが出来る。

そして2012年のラップで付け加えておくことがある。
ラップ

2009年は6F目の最大加速ラップ
これがなにを意味しているかは入着した馬の位置取りをみれば明白。
当然並大抵の馬ならば潰れてもおかしくはない。

以前、いつもお世話になっている『晴れたらいいね!-競馬日記-』の管理者である賭神先生隊列の重要さを指摘されてからというもの、ここ数ヶ月はその差し馬の入着する隊列とラップ、コース、レース質、ここを重視して研究してきたつもりだ。

ヒラバでのレース考察などはここに重きをおいて考察。
ハイペース、ミドルペースでの差し馬、先行馬の適正をある程度掴めてきた手応えはある(賭神先生やR氏のおかげです♪)

では2012年はこの5F~6F目での遅延での隊列差の影響ではないのか?

確かに上がり3F地点ではテスタマッタ、シルクフォーチュン共々1秒以上の差はあるのだが。。。

という訳で2009と2012年を比較してみた。

2009 
4コーナ通過位置
隊列2009
直線
隊列2009(2

2012
4コーナー通過位置
隊列2012
直線
隊列2012(2

ハイペースを好位から付き離すのは強い馬でないと出来ない。
ただ、この2012年は隊列がラップから縮んだ影響は少なからずあると考えている。


どうだろうか?


次回は川崎記念組の見解を見ていきたいと思う。




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/65-0e440884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。