砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーS考察①
G1ということで登録馬も出揃いました。時間の都合上早めに考察していきます。

まずはコースのおさらいから。

東京D1600m

東京ダ1600m

東京D断面図

芝スタートからゆるやかに下るが、向正面での坂で息が入りやすく、下りカーブと高速コーナーであっても、その直線の長さからペースアップしにくい要因がある。

過去5年ラップ
フェブラリーSラップ

ラップ図を見ても一目瞭然のように、メンバーの質から言っても2009年が突出しているのが分かる(レコード)
スタートが12.7と最遅だが、その後のラップは高水準を叩き出しており先行勢で決着していることから、後続馬がなす術がない強い競馬を上位3頭が見せたこと、これを逃げて4着だったエスポワールシチーの能力の高さとその後の活躍を裏付けるレースでもあったと考える。
当時7歳という高齢で僅差の3着であったカネヒキリも老いて尚健在という強さを示したものといえるだろう。

ここ数年はやや弛めのレースラップではあるが、本来昨年のグレープブランデーのように、この水準のラップを好位から差し込めるのが元来ダートマイル王者に相応しく、2012年のような決着はダートレースにおけるレベルの低下や加齢とともに衰えが見え隠れしていた上位馬の凡走からなるものと個人的には考えている。



過去5年データ
☆ステップレース

JCD(2-0-0-4/6)
川崎記念(1-2-2-1/6)
根岸S(1-1-0-26/28)
東海S(1-0-0-2/3)
東京大賞典(0-1-3-3/7)

意外なのが川崎記念ステップ馬の好走確立の高さ。
根岸S組は苦戦している。

次回はこのステップレースについて掘り下げていこうと思う。



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/62-dfcf53fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。