砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜競馬
考察もロクにせずに馬券を買うとロクなことがないことは知っているハズなのに、つまらない記事を更新しては駄目だといことがよく分かる1日でしたねww

とにもかくにも、明日はやってくるので予習はしておきます。

明日の東京も開催は微妙ということで、京都の9Rを考察しておきます。


ダート短距離戦において差しの定義をずっと考察しているのだがなかなかに難しい。

ただ、京都は坂が無いので、物理的に前は止まりにくいと考えるのが道理。

それはスタートしてからの坂の影響から34秒を切ることは先ずありえないことからもいえる。(ハイになりにくい)

しかしながら差し決着になることもままあることが実状。

ペースによる隊列を加味した上で、上がり勝負になるのか、ハイペースに強い先行馬の隊列勝負になるのかを判別することが重要に思う。

京都9R

メンバー的には先行脚質なのは

グレイスフルリープ
エーシンビートロン
ソラニー
デザートオアシス

の4頭
前走はかなりのスローの瞬発力戦、決め手勝負において全馬着外に終わっている。

そのうち、エーシンビートロンはハイペース戦で強さを見せている。

今回のペースがどのように作用するかは未知数だが、仮にハイペースになった場合、持ち時計からも好走確立は高いように思う。

グレイスフルリープも悪くはない。


差し馬は総じて斤量が増加している中からピックアップするとすればアメージングタクト

前走中山で3着、テンの3Fは33.9とまずまずのペースを差せたことから、隊列が縦長になっても差せる下地はある。

湿った馬場も良いだろう。芝レースの戦績と父の血統を調べれば、直ぐにデータは揃うだろう。


ではミドル以下になった場合はどうなのか。

ダートは湿った馬場の場合走破時計は速いことは常識、しかしスローならば時計は遅くなるということになる。

この場合時計を縮める原因は上がり3Fに比重が傾くことになる。

となると、1400mに戻してきたヤマノサファイアなのだが、間隔が短く調教が軽めなのはどうなのだろうか?


今日は内外フラットな馬場だったが、天候回復とともにバイアスの変化にも注目したい。



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/59-db7262fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。