砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストバトン!
根岸Sバトンリレー

それでは8頭から更に絞り込んでいきます。

土曜は条件らしく好位の馬の入着も多かったが、しっかりとした上がりを使える馬は差し込めていた。
(ヒラバ抽出は散々な結果でしたが、まぁこれも経験です)

明日の雨はどの程度のものになるのか微妙なところだが、一応良馬場想定でピックアップしていきます。

★シルクフォーチュン
(減点データ軸候補&血統データ推奨&根岸Sリピーター&mussyuマスター本命候補)

☆カペラSは想定よりややスローな流れで3着、やはり時計勝負でなければ差し込める。

もとよりミドルペースであった2012カペラSでの勝馬であること。

そして京王杯において重馬場であったとはいえ芝馬相手に5着と湿った馬場であろうが決めて勝負ならば最上位と捉えて良い。

目標がフェブラリーSであろうと、この馬はこの馬の競馬をするだけ。
調教も文句なし。単走で集中した走り。スパートも自分で掛けれるという精神面の状態からの評価根拠。
我が師であるしっちぃ☆さんの調教評価が高いことも当然後押しになる。

根岸Sのレース質より同馬を最上位の評価としたい。


★アドマイヤロイヤル
(ラップデータ推奨&3着圏内有力データ&優勝馬共通データ有力候補&mussyuマスター有力馬候補)

☆アドマイヤといえば近藤利一馬主でおなじみ。

近5年 橋田×近藤×東京(7-5-8-22/42)とまぁ基本的にヤリ

四位騎手は同馬を手の内に入れている。

とにかく東京は安定して走るので当然馬柱から人気は必須。

ただ、どちらかというと1400においてはハイよりの戦績から、根岸Sのレース質においてシルクフォーチュンより下げた評価を下す。

★スノードラゴン
(減点データ軸候補&3着圏内有力データ&優勝馬共通データ有力候補)

☆個人的には、中山2戦において重い印をつけたこと。
同馬が如何に充実一途とはいえ、印をつけた根拠において、コース適正値が多分にあるならば、ここ東京で評価するわけにはいかない。

★ドリームバレンチノ
(減点データ軸候補&優勝馬共通データ有力候補)

☆主観だが、前走はそのハンデ、小回り園田を最大限に利用した岩田騎手の頭脳的な(本能?w)競馬が功を奏したカタチ。
ステップという観点からこの競馬がここに繋がるとは思えず。
瞬発力戦の適正値の観点からここも評価する必要はある、がやはり芝馬は芝馬。
良馬場での上がり性能が未知数な同馬と前日オッズが比例するとは思えず。

鞍上もテン乗りということで、どういった位置取りで競馬するかに注目したい。

★ノーザンリバー
(減点データ軸候補&血統データ推奨馬)

☆個人的には週中評価を下げていた馬ではある。
しかし連荘期において好位で競馬出来ている点。
浅見厩舎流、日曜追い切りおいて、栗坂重52.2-37.5-24.4-12.5 馬也
重馬場を馬也でしっかりと終いまで伸びている点

根岸Sにおいて差し馬だけの決着がないということ。
そして浅見×蛯名×関東圏(2-0-4-2/8)複勝率75%であること。

以上の考察から評価を見直し、相手有力候補とみなす。

★ブライトライン
(減点データ軸候補&3着圏内有力データ)

☆短縮ローテにおいて、中距離戦での流れ、ミドル戦になりがちな東京ダート戦において不透明な点が残る。
上がりの観点からは推奨出来ず。根岸Sにおいてのレース質の観点から割引。

★エーシントップ
(血統データ推奨馬&東京ダート適性高い≪mussyuマスター見解≫)

☆所謂条件やOP戦において、ミドルから上がりを纏める点、持続性においての評価はした。
しかし、重賞レースにおいての上がり性能、そして見込まれた斤量。
調教時計からは前走のダメージは見受けられない。
しかし映像が無いのは少し勘ぐってしまう。

なぜならば前走は出遅れ、無理やり勝ちに行く競馬。
何ゆえ勝ちに行く競馬をしたのか?
応えは明白。勝つ必要があったハズだ。

故にバレンチノの重力に巻き込まれ着も拾えないという無残な結果。
勝ちにいかなければ楽に3着は確保出来たハズ。
リズムという観点から、この敗戦は気がかり。
よって割引と判断する。

★テスタマッタ
(血統データ推奨馬&根岸Sリピーター&減点データ1.5○候補)

☆このじゃじゃ馬は岩田騎手あってこそ、と思うのは私だけだろうか?
それだけに乗り難しい気性。そして追える騎手、ペースも流れてこそ。
それはフェブラリーSの着順をみれば良く分かるのではないか。
シルクフォーチュンと比較して、フォトパドック、調教、ローテと全ての面で劣る。
よって割引としたい。

自分からは以上。

そして週中の考察より良馬場での上がり最速経験、ダートスタート変わり、鞍上ベリー騎乗のゴールスキーを追加推奨する。
現状の外国人騎手の中でも上位騎手であると捉えてもよいのではないだろうか?

以上の考察理由により

シルクフォーチュン
アドマイヤロイヤル
ノーザンリバー
ゴールスキー

の4頭を中心視とし、前日での推奨馬としたい。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/55-4bdb7628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。