砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根岸S考察バトンリレー②
それでは引き続きバトン②ですな

根岸S考察②

東京コースはその直線の長さとスタートからコーナーまで平坦

物理的に加速する要因が少なく平均ペースで流れることが多い印象です。

そして高速コーナーと言われる程の作りから逃げ馬はペースダウンを要求されにくい作りになっており息が入りにくいともいえますね。

但し、それは隊列縮みにくいことの要因にもなる。

低級条件クラスで逃げ先行が圧倒的有利なのも頷ける話ではあります(瞬発力がある馬は芝レースを使う)

よって先行馬ならば持続的スピード血統馬+持続的末脚補完血統内包

差し追い込みならば、一定のスピード値+パワー系の上がり性能を重視する必要があります。

OPクラスや上級戦とは分けて考えるのがベターという認識を私は持っています。

さて、見解はこの辺にしておきましょうか。

☆Mタキ氏見解

①08~09年は重・不良馬場だったので良馬場だった過去5回のラップデータ

基本前傾ラップですが去年は前後半差がない。そしてここ3年は上りが速く瞬発戦になってる模様。
それを示すのが過去3年、上り1位の馬が優勝してるというデータw
シルクフォーチュンにメイショウマシュウと2年連続で追い込み馬が差し切ってる。
それより前の年でも上り2位が勝っており上りの速い馬が優勢なのか?


☆根岸S過去5年

根岸S

ここ3年はPCI3を見ても分かるとおりミドルペースということが分かります。

RPCIとしてハイペース気味になっているのは10年と09年ということが分かります。

興味深い点はどちらのペースにおいても3F差が1秒近い馬の上がり1位or2位の馬が入着しているということでしょうか。

よって根岸Sのレース質において、上がり性能を最重視することが重要という見解より現状シルクフォーチューンを私が本命視している根拠になります。

②平均ラップと似たパターン

☆同様の理由によりアドマイヤロイヤルも有力であると言えます。

襷Sでは馬場指数は-1
ペルセウスSは-13

しかしゴールスキーは武蔵野Sでも上がり最速だったことから、重良問わず上がり性能としてはあることが言えます。

芝スタートによる出負けがあったことから、ダートスタートの方が位置取りとしては流れに乗れるかもしれませんね。

襷Sでは4~5Fにかけて加速が発生していないことから、直線に入って暫く持ったままで仕掛けが遅いということが言えます。
東京は直線が長いので追い出しのタイミングを遅らせることはよくありますよね。

そういう意味ではエアウルフは展開の恩恵を受けた、アドマイヤサガス騎乗の四位騎手は良いポジションで競馬したといえるでしょう。

この流れで前を捉えるアドマイヤロイヤルの能力の高さだけが際立ったレースであったことがいえます。

ペルセウスSではキズマが楽に先行、直線も持ったままで2着を確保。
キズマの後の戦績から楽に行ける手合わせであったこと、且つミドルにならなければOPでは厳しい戦いが続くでしょう。

湿った馬場が向いたとはいえゴールスキーの決め手は素晴らしく。前途した馬場からの上がりを考えても、ゴールスキーは湿った馬場の方が良いことはもう既出でしょう。

適正値は両馬ともあると考えますので、調教から評価差を付けるのがベターではないでしょうか?

③平均ラップよりラスト1ハロンが遅いパターン

フジキセキ産駒の2頭はその血統傾向のまさにそれで、東京コースの決め手勝負では分が悪い。
過去5年全開催における東京D1300m~1600m戦において産駒は7位2(8-25-31-268/352)という優秀な成績を収めていますが。。。
OP特別、重賞に条件を絞るとシェアは22位まで落ち込みます。(1-0-3-22/26)

但しブライトラインはレイズアネイティブクロス持ちで重賞勝ち経験がある。
JCDでは距離、決め手の差で敗れてしまったことよりも騎乗自体が気になります。

多分勝ちにいっていないんじゃないかなぁ。。。

内枠先頭から道中二、三番手の競馬が理想ですが、決め手は持ち合わせていないことと短縮ローテが気掛かりではありますね。
どちらにせよ人気必須なので嫌いたい要素は多々あります。


アドマイヤサガスは右回り、そして直線短いコースで瞬発力戦向きです。でも決め手はありません。
バトン①でも書きましたがエニフSにおいてキレ負けしているノーザンリバーも案外だったといえます。

エーシントップにおいてはウォータールルドやサクラシャイニーなどが入着していることから、ミドルの持続戦、隊列重視のレースであったことがいえるでしょう。
メンバーも楽で、重賞に繋がるレースレベルは感じません。

④前半ペースが速く上りがかかってるパターン

基本ハイペース戦で入着した差し馬はミドル以下で割引が必要だと前開催でいい加減学びましたww
ということは、なぜシルクフォーチュンを中心視したいか分かると思います。

カペラSはタキオンさんの脳で考えてください(笑)

手前味噌ですが、カペラSの考察と回顧を御覧頂ければ♪

カペラS

考察②

回顧


こんなところでしょうか?

ではバトンをMタキ氏にお返ししまーすノシ

コメント
お疲れさまです(・∀・)ニカイメw
アドマイヤロイヤルとゴールスキーはともに休み明けなので状態がカギですね。
しかしアドマイヤロイヤルは重賞勝って賞金的にフェブラリー出られそうなのでメイチじゃないでしょうか。
逆にゴールスキーは賞金加算しないとフェブラリーはないのでここは勝負に来そうな感じw
[2014/01/29 20:30] URL | Mタキオン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/52-2035bf07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。