砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海S
東海Sは中京ダート1800mで行われる。

中京コ^ス

1、2コーナーはかなり小回り

3、4コーナーもやや小回りスパイラルカーブである

中京ダート1800

向正面に起伏があり、下りコーナーから急坂→平坦というレイアウト

中京1800OP

下り坂の長さにしては小回りカーブと直線の急坂を意識してか6~7Fでペースが弛むのだろうか?

物理的にペースアップがしにくいハズの坂部分(8F目)で加速が起きている点に注目。

とはいったもののダートは4角ペースアップからラスト失速ラップが坂コースのデフォルト

2013ジュライは特に中盤も遅く瞬発力が求められたレースだろう。

2012年のジュライSはレースレコードでもあるが故に後方馬はなす術もなく。
ローマンレジェンド以下のレベル差もあるが、物理的に追い込み不可能な隊列でもあった

注目すべき点は下りカーブから急坂にレースの最大加速が起きており、ラスト1Fはバテ気味の直線。

基本的には直線410mのわりに後方一気が厳しいコースでもある。

それでいて前年勝馬のグレープブランデーの上がりは秀逸。

4着に敗れはしたが、グランドシチーもしっかり追い込んで来ている。
ただ、グランドシチーは前年同レースで内にササり少し不利があった。
このレースだけで左回りの癖かを判断するのは難しいところではあるが、不安要素ではある。
マーキュリーSでは戸崎に蓋をされて追い出しが遅れたり、なんというか騎手が同馬の出世を妨げている感がしないでもない。

追い込みが決まりにくい要因として、カーブでのペースダウンによるものなのかどうかは定かではないが、こと重賞レースともなると、隊列が縮まる要素がコースレイアウトに含まれるのなら、舞台適正としてはあるように思う。

どちらにせよ、小回りから急坂を力強く登れる適正の高い馬が有力ではないかと考えている。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/43-643bec12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。