砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジキセキ産駒のお話
ダートにおけるフジキセキ産駒といえば、この血統表を見てピンとくる方も多いハズ。


カネヒキリ

そう、ダートG1、7勝。カネヒキリである。

ではこちらの血統表を見てみよう。
ミラクルレジェンド

砂の女王としてラヴェリータと死闘を演じた、ミラクルレジェンドですね

この2頭の共通点はフジキセキ×Deputy Minister×ミスプロであることは既出。

今年の明け3歳馬にもこの血統と同じ配合の競走馬がいる。
ゴールドキセキ

近親にダートOP馬タカオノボル

田村康仁 (美浦)厩舎 ゴールドキセキである。


同馬は新馬戦、スタート後手を踏むがスピードで圧倒。

勝ちタイムはまずます。

続く2戦目、またもやスタートで後手、ハイペースを先行して追走するも平凡な内容ではあったと新聞の考察。

自分はそうは思わない。

コーナースピードは優秀。
直線前が壁になりブレーキ、外に持ち出しながらジリジリと伸びている。

もともとフジキセキ産駒は一瞬のキレ味が持ち味の産駒。

上がり勝負には向かないし、ダートスタート、ペース弛む東京ダート1400mや京都で狙ってみるのも面白い。

新馬からテンの3F1秒以上のペースアップを先行し、勝ちに行き差されるも悲観する内容ではないように思うがどうか。

問題は、はたしてこの配合はニックスなのか?ということ。

個人的な見解だがそれはクエスチョンマークが付く。
私が血統考察において師事している方は、フジキセキ産駒についてこう考察している。

フジキセキ産駒で当たりという意味では ヴァイスリージェントはそんなに意識して無かったりします。
フジキセキで一番簡単に当たりを掴み易いのは スピードとゆとりを持たせる意味でも ミスプロ(レイズアネイティヴ)が一番のニックスだと思っているので♪
カネヒキリとミラクルは 母系にレイズアネイティヴを持っていたのも大きいと思ってますが。。


そう、そのRaise a Nativeクロスを牝系にもつブライトラインも重賞勝馬である。
ブライトライン

さて、それではカネヒキリ、ミラクルレジェンドの2頭はどうか?

ミラクルレジェンドの母、パーソナルレジェンドはRaise a Nativeクロス

カネヒキリの母、ライフアウトゼアはRaise a Nativeクロスこそないが絶対的スピード遺伝子のNasrullahクロスがあった。

ゴールドキセキの母、ゴールドプライシズライジングはBuckpasserクロスが強調されている。

SS系種牡馬で牝系Buckpasserといえば、ダービー馬のタヤスツヨシがいる。

タヤスツヨシの血統考察の項に

Haloの血によって、Buckpasser(バックパサー)のスピード(Pharamod、Man'o War)、スタミナ
(Bull Dog、Blue Larkspur)の血が全て生かされますので、ステイゴールドのように、サンデーサイレンス系種牡馬に、母にBuckpasser(バックパサー)の血を持ってくることは、互いのアメリカ系のスピード、スタミナの血を活かせるので、相性がいい。

とある。

ゴールドプライシズライジングの父Touch GoldはNorthern Dancerをクロスを持つ血統。

近親のタカオノボルは適正として中距離で好成績を上げた馬。

ゴールドキセキもスタートセンスこそ無いが、二の足は速く、好位に取り付けるスピードは非凡なものを感じる。

同馬が距離延長を試みた時に、真の能力が分かるのかもしれない


☆余談だが、ブライトラインと同じ血統配合方向性の現役G1馬がいる(フジキセキ×Sadler's Wells=Fairy King×ミスプロ)

同馬がフェブラリーSに登録することがあれば、主観だが嫌いたい要素が多分にある。またそのときに考察したいと思う。



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/39-116dd56d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。