砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵野S回顧
先日長時間のキャスにお付き合い頂いた皆様、ありがとうございました。

結果的には惨敗でしたが、久しぶりに琢さんと楽しく有意義な時間が過ごせました^^
急な依頼に快く引き受けてくださった琢さんには改めて御礼申し上げます。

結論からいってしまえば、所謂新興勢力がカフジテイク以外全滅w
そもそもの出発点が間違っていたいうことですかね笑
1600万からの上がり馬に至っては掲示板にすら乗れていないので、ぐうの音もでず。
あまつさえ完全軽視のタガノトネールにレコードで千切られるという結果になりました。

ただ、考察において良かった点もありました。
上がり馬を評価し切り込む姿勢というのは大事なことであり、それを見直し整理した上で今後の予想に繋げていく為にも、改めて回顧する必要があると考えました。

先のみやこSにおいても、結果的に重賞好走経験馬に巻き返されていること、上がり馬が入着出来なかったことを踏まえて、ここで注目した馬達については少々前のめりになりすぎた感は否めませんね笑

以上を含めてポイント別にまとめていこうと思います。
お時間に余裕のある方はお付き合い頂ければ幸いです。


◎上位人気馬の取捨てについて

これはキャスでも琢さんとお話したとおり、上位人気3頭は想定したとおりの着順となっています。
そういう意味でも個体や能力値を考慮した上で、タイミング(走れる、走れない)走れた上で軽視した観点など、しっかり考察できていたと思います。

◎ソルティコメントとメイショウスミトモについて

上記2頭はキャスでも高く評価したにも関わらず、案外な結果となっています。
現状の考えを少し整理しておきましょう。

ソルティコメントはレースの勝ち方やパフォーマンスから底が見えない馬であること
同クラスでは抜けて強い競馬が安定して出来る点から昇級のここでも評価しました。
琢さんが血統的観点から、臨戦過程(間隔を明けての出走)も決して悪くはないと仰っていたとおり、Smart Strike産駒の休み明け成績は良い数字が出ています。

スマートストライク
これはSmart Strikeだけに関わらず、アメリカ血統が強く出た馬にも共通していえることは周知の事実かと思われます。

ただ少し落とし穴があり、クラス別で見てみると

スマートストライク2

得意の休み明けでの重賞挑戦は今のところ入着経験がありません。
そもそもSmart Strike産駒で中央重賞で好走した馬はブレイクランアウトくらいでしょうか?

産駒の絶対数が少なくそれだけで軽視はいささか短絡的かもしれないので、G2でレッドレイヴンを狙う人なら問題ないでしょう(爆)

とまぁそれは個体のお話であり、こと武蔵野Sの傾向としてはどうでしょうか?

前走クラス

過去10年で準OPから参戦した馬の回収率は決して悪くありません。
なので、新興勢力に注目しようとした着眼点も、出発点としては間違っていないようにも思います。
OP特別からの成績も無視出来ない数字であり、それだけの観点ならメイショウスミトモに関しても考察する必要があった馬だと思います。

話を元に戻しますと、この臨戦でSmart Strikeの休み明けの成績と、前走1600万で武蔵野Sを入着した馬の間隔を見ると

間隔

まぁサンプルは少ないのでなんとも、ではあります。
重要なポイントはその数字ではなく、格上と当たる臨戦としてどういう状態(ローテ含め)ベストだと考えるかということになります。
しかしながら、個体として良い臨戦だとしても、歴史上の絶対的な壁というか無視出来ない数字というのもあることが事実で。

昇級戦

これは過去3年全ダートの昇級戦での間隔別データになります。
この時点ではまだ、個体的な何かで覆せる予知はあるのですが、基本的に数字は悪いです(格上挑戦というのもあるが)
これが重賞となると。。。

重賞

これが現ダート界の動かざる事実ということ。
外厩というファクターの登場で、休み明けに関しての常識が覆されだした現状でもこういった状態であるということ。
データを調べて改めて実感しましたね。
やはり実績馬というか、能力上位という前提があってこその外厩でもあるかなと。

ソルティコメントに関しては、デビューから馬体重の増減があまりなく、休み明けでのマイナス体重というのも多少影響はあったかもしれません。
しかし、馬個体としては狙っていって良い臨戦過程と判断して問題なかったと思います(走れるタイミング)。

当日はレコード決着。
同馬は持ちタイムも遅く、結果的に経験したことのない厳しい流れだったのかもしれません。
それを果敢に先行して勝ちにいった結果の着順、と判断しても良いかもしれませんね。

メイショウスミトモに関しては、臨戦過程、同馬のレース上がりなど、個人的な買い要素はかなり多かった馬でした。
ですが、キャスでも示唆したように、一抹の不安は拭い去ることは出来ませんでした。
結果その不安が的中した形になりましましたが、その要因を感覚的なもので終わらすのではなく、少し考えてみることにしました。

スミトモ

元々フェブラリーSと同舞台の東京D1600mは短縮の成績が良く、前走上がり優秀馬と相性の良いレースでもあります。
しかし、スミトモは案外な結果となっています。
例え前走上がり最速でも、今回上がりが使えなくては意味がありません。

結果的に今回はさすがに負けすぎだったので、ここは走っていない捉えて問題ないでしょう。
また直ぐ、どこかで穴を空けると思います笑

ですが少なくともここで不安視したのは、琢さんが仰られた少頭数→多頭数
しかも内枠で乗り難しく、前走はあきらかに楽というか、やることが決まっていたという点もかなり影響したと思います。
(実際問題力を出し切れていない)
買うタイミングとしては不安材料があって、人気薄なら相手でもという観点で良いのでしょう。

そして、もうひとつ。
やはりここは重賞であり、アップ戦であるということです。
同馬は東京実績が皆無で、今回で0-0-0-4という点。
勢いは適性を覆すということはままありますし、この時点で改めて評価する姿勢は決して間違っているとは思いませんが、マイナス要素もあることは忘れてはダメだと思います。

更に付け加えると、同馬は1700mのコーナー4つ以上の好走経験しかなく、その脚の使い方もひとつのポイントかもしれません(加速の仕方)
競争馬を考察する上で、単純な上がりを比較することも大切なことではありますが、クラスが上がるにつれ適性や、舞台でパフォーマンスが発揮出来るのか否か、という点も考えておく必要がありそうです。
そういう意味でも外枠が良かったのかなぁと今でも思いますが、直線でドンと加速して抜けた上がりを使えるタイプではなかったことも不安要素だったかもしれませんね。
この馬は基本人気薄で好走するタイプなので、そういう意味でも適性は重要だったかもです。

ロンドンタウンにしてもブラゾンにしても全く足りなかった、という結論でさしつかえないと思います。
特にブラゾンについては、格上とやるには武器が足りない印象ではあったので、体力勝負をするにしても、もう少し格上に揉まれる必要がありそうです。
ただこういうタイプは相手関係や、位置取りで穴を空ける外3体力系にありがちなタイプなので、追いかける価値はあるかもしれませんね^^




◎勝馬含め各馬感想

最後にさらっと次戦に向けて書いておきます。

タガノトネール

もう狙ってた人は天晴れという他ないです笑
でもオッズを見ると意外に狙ってた人も多そうですww
ポイントとして、みやこSと同じく『新興勢力総倒れのケースで実績馬の巻き返しパターン』
リプレイ映像でしたw
ともあれ、走れるタイミングは見抜けなかったが、今年に関しては本来のパフォーマンスから程遠い競馬が続いていたこと。
この2点でしょうか。
逆説的に考えれば真逆の回答に落ち着く、という考え方は頭の片隅に置く必要がありますものね。
それにしても走りすぎやろ^^
フェブラリー3-2→6なだけはあったねw

ゴールドドリーム

やはりこの馬だけは走ったかという結果。
2着というのも次には良いかも。
展開向かずも無理やり勝ちきる程の尖った武器はないが、相変わらず大崩れしないですよね。
高いレベルで精神力の強い馬だということを再確認しました。

カフジテイク

強いね。
なにがって突出した武器を重賞でも使えた、出せた、発揮したということ。
しかも展開が向かない馬場状態で。
いや、自分の競馬をするという観点ではこのG3という舞台でも徹することが出来て結果を出すということが何よりも大事。
これから自分より強い相手と常に戦っていく可能性が多分にあります。
そういう意味でも大事ということ。
上位が破綻するレースでは、今後相手が上がってもノーマークは厳禁でしょう。
今後も相手強化でこそ狙いたい。
楽しみが増えました^^

キングズガード

この馬の良いところを出せましたね^^
とにかくレースを投げない。
それを格上相手で出来たのは評価出来ます。
ですがそれだけでは重賞は勝てない。
武器が弱いのですよね。
この馬を買うならカフジテイクを買うとキャスで言いましたが、そういうことです。
ノリさん外枠からロスなく完璧な騎乗。
ドリームキラリと少し接触しそうになったくらいだが影響はなし。
OPなら安心して軸で買いましょう笑
ただ、基本ドン臭いので外枠が吉かな笑

ドリームキラリ

頑張るには頑張った、ただあの手応えの差は力が明らかに違う。
最後まで残せたのは馬場の恩恵もあっただろう。

ジェベルムーサ

きたねバリちゃん^^
この乗り方をしてこの結果というのがやはりそうだったということだけど、新味が出たのでは?
カペラSとかどうかな?笑
根岸Sでも乗り方ひとつで面白いかもね^^
アグネスタキオン産駒のダート馬といえばノーザンリバー
この馬は母父ロックオブジブラタルなら短い距離も面白いんじゃないかなー
まだまだ燃え尽きるには早いよね。
もう一花咲かせて欲しい^^


最後まで読んでいただきありがとうございました^^




モーニンはチャンピオンズCで買うよ(ボソッ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/365-ffc0230a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。