砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コパノリッキーやソルテに思う

久しぶりの更新です(笑)

今日の帝王賞の結果に少し思うことがあったので記事を書く意欲がでました。


数年前ですがこういう記事を書いたことがあります。

http://sunakissa.blog.fc2.com/blog-entry-201.html

(記事後半部分、LJCにおけるワンダーコロアールの項)


当時は半信半疑で、限定公開記事にしていました。

そして、当時よく自分に対して意見を下さっていた某氏も、ハイペースで圧勝した馬について

というか着差とペースの関係性とその内容について仰られていたことを思い出します。


帝王賞雑感のツイキャスを聞いていただいた皆さんなら、自分がアスカノロマンについてどういう評価をしていたのかは分かると思います。

端的に言えば、同コース1900mのラップをトランセンドと対比した際、後2Fが気に入らないということでした。


そして上記の記事の見解が期待値として高いのならば、昨年の東海Sからのローテ(走破ラップ、RPCI、PCI、上がり3F)で、フェブラリーS時になぜアスカノロマンが好走したのかも合点がいくような気がしています。(位置取りやペースは考慮していません)


ただ、ひとつ言えることは、JBCクラシック→チャンピオンズCにおいてコパノリッキーはハイペースの厳しい流れで敗戦しています。

故に、どんな時にでもこの見解が当てはまるとは限りません。

が、短縮、延長ローテを考えつつ、道中の位置取りも考慮すれば色々なことが分かるような気もしています。

当然馬本来の個性等、いろいろ考え方はそれぞれあるかもしれませんが、それを固定概念として決め付けることは、あまりに短絡的なことかもしれませんね


馬券的にはサウンドトゥルーを本命視していましたが、離れた3着に敗れてハズレ。

ですが、自分的には色々と思うことがあった、実りある帝王賞でした^^



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/353-47a5cc93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。