砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かしわ記念 雑感【追記有り】
なんとケイティブレイブが7馬身も差を付けて圧勝するとは!笑

ゴールドは後手を踏んだこともありますが、直線もズルズル後退と案外でしたね。
本調子じゃなかったのかな?
勝馬のケイティは道中楽で、2週目の向正面からペースアップのロンスパなのは毎年の兵庫CSと同じ
4角の手応えで勝負アリでした。

ゴールドドリームは新馬戦からの3戦とも上がり3Fの競馬しか経験していませんので、初めてのコーナーからのロングスパートに戸惑ったのか経験の差が出たのかもしれませんね^^

ちなみに馬券は◎→○の馬単オッズが3倍なので余裕のケンでした 笑

余談ですが、先日のかきつばた記念でタガノトネールが4着に敗れる、といった波乱がありました。
正直近走上がり目の4歳馬相手とはいえ、横比で完敗するような馬ではないと思います。
ただ1、2着馬を貶すつもりはありませんが、先行馬2頭が自滅したかたちのように見えますね。
しかし裏をかえせば、想定外の競馬に対応出来なければ、もしくは調子を著しく落としていれば、有力馬でも圏外になりうる程度の力量差だったのかもしれません。

自分は仮に予想していたとすればタガノトネールに◎を打つでしょうが、タガノを2倍そこそこで買うかといえば答えはノー
というのも、レーザーバレットが終止マークする形も予想出来ませんし、逆張りをしたとしても、外人2頭の馬の妙味も正直あるとはいえません。
自分が能力的に劣ると予想している以上、結果妙味がなければ、どちらにはったところでリスクしか生まれないように思います。
自分の的中率が2割程度なことを考えれば、とてもとても馬券を勝負する気にはなれません。

まぁ回顧や感想はこんなところで、明日のかしわ記念の雑感を少し。

まずもって、このレースを仮に買うとした場合、どのような馬に妙味を見出すかが第一だと思います。

地方重賞は堅い決着が殆ど。
故にその妙味が見出せない場合、参加料すら払うことは無駄金だと考えます。

船橋マイルがうんたら~とか
適性がうんたら~とか過去にたくさん書いてきたので、しょうみその辺はどうでもいいです。

出馬表を見て、近走成績から人気が落ちそうな馬はJRA勢では1頭だけです。

そうですね、コパノリッキーです。

コパノリッキーはHペースを先行して押し切れることじゃないことはもう分かりました。
故にフェブラリーでも消しでした。

ただこの馬は昨年のJBCを逃げ切っているのは事実です。
ということは、スローペースなら逃げ切れる可能性はあるということです。
というかスローの先行有利な状況でない限り、今後も軽視してOKな馬、ということでしばらく決め付けて良いと思います。

ではなぜ今回コパノリッキーを取り上げるのか、条件をいくつか上げてみましょう。

①船橋マイルはコーナ4つでとりあえずテンは物理的に1ターンよりも弛み易い
②今回距離延長の逃げ脚質の短距離馬がいない(ソルテは除く)
③チャンピオンズCは道中つつかれ、4角でタルマエに早めにマークされて両方死
④東京大賞典はタルマエに終止徹底マークされ、中盤楽すらさせてもらえない厳しい展開で死、当のタルマエもコパノのマークを意識しすぎて道中も厳しく追走し、更に早めに潰しに行き過ぎてついでに死
⑤フェブラリーSは流石にHぺース必至と読みユタカは無理に先行させず差しに回るが、上がり値がなくて死


コパノ自体は内枠はあまり良い材料とは言えないですが、この面子なら先手は取れるでしょう。
モーニンにマークされる形で4角といった流れを予想できるように思います。
船橋マイルはコーナー形状や直線の短さから仕掛けは早めで、瞬発力を求められるようなコースではない為、モーニンにとってもラップ的な適性はあると思われます。
ただ先行争いが激化しない場合、1~2コーナーから向正面までノープレッシャーで追走してしまうと、逃げ馬に終止楽に回られてしまうケースも少なくありません。
あと直線が短いので、多少なりとも自分から動ける脚質も重要に思います。
上がり3~4Fの絶対値はどんなコースでも重要には思いますが、差すにしても隊列的な限界があり、2F失速が発生しやすい船橋でも追い込み決着になるケースは稀です。

ノンコノユメは東京の競馬を見る限り、エンジンの点火は遅めでラストの100mでグンとギアが上がるように見えます。
当然早めに仕掛けるとは思いますが、位置取りの不利は否めないのでここは人気的に嫌うのが定石と思います。
サウンドトゥルーは川崎記念でしっかり動いて勝ち負けに持ち込んでいるので、追い込み一辺倒だった過去の馬とは別馬になっていると判断しています。
とりわけ、明日のかしわ記念だけの評価を見るとサウンド>ノンコと見ています(休み明けのデキうんぬんは一切無視での評価)

仮にコパノが終止楽に回ったと仮定すれば、上がり絶対値はモーニン<サウンド、ノンコ

前日オッズのままいくとは考えにくいですが、近走を見る限る、やはり多少嫌われる可能性が高いのはコパノリッキーで間違いないでしょう。

仮に5倍配当なら1/5的中でペイ
なのでここで負けて不的中だったとしても回収期待値としてベットは成立すると考えることが出来ます。
スローで負けるまでは、オッズと相談して賭ける価値はあると考えます。
スローで負けたら、おつかれさんでした笑
ともあれ、⑤にも書いたように、先行してナンボの馬です。
フェブラリーSは差しに回って本来の競馬が出来ていませんし、逃げられ(意図的に逃げなかった)逃げ馬ってやつでもあります。
フェブラリー以前の2走は終止厳しい流れで苦しい展開。
前走は最後までしっかり走れているし、ガス抜きも出来たのではないでしょうか。
なによりも苦しい競馬が続いても、レースを投げていないのは真面目ですし良い材料でもあります。



ですので今回は◎コパノリッキー

◎コパノリッキー
○サウンドトゥルー
△モーニン、ノンコノユメ

馬複1-3=20倍
馬単1→3=42倍
   1→9=29.1倍
   1→11=20.3倍

の計4点で5~15倍を期待するか

3連単1→3.9.11=42~150倍

の6点で7~25倍を期待するかの2択で考えようと思います。  

追記

○サウンドトゥルーからの馬単オッズも20~40倍程度で、コパノリッキーと配当期待値は変わらないことに気付きました。

サウンドトゥルーからの馬単、3連単でも良いかもしれません(^^)

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/351-95b0f895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。