砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『今回のレースからお前が得るべき教訓は…』シリーズ②
チャンピオンズCは、ハイペースの失速戦でしたね。

貝木さん風に言えば、
nise__05-439.jpg

今回のレースからお前が得るべき教訓は…』

①サンビスタは考察と逆のラップで好走している
②ラップによる好走範囲というものは当然あるが、それは個体として、今までの傾向でしかない
③マクロ的な観点が位置取りであるということ(ハイペースだと後が来るのは普通)
④コパノリッキーを過大評価した(東海Sのラップより)
⑤楽→苦のローテ、パフォーマンスは基本4走以内参考が妥当。


個人的に先行馬において楽→苦のローテは駄目だなとMラジさんとこで言われたとおりだなと。
ただノンコに関しては、差しによるストレスやダメージ(展開やレース質を加味しても)これがあるのかというのは少々疑問。
じゃあS期に入ったんだ、で完結させるのは少々乱暴なのでは?と思います。

コパノに関しては、東海Sのラップからハイペースでも大丈夫かなと思っていましたが、相手関係や、フェブラリーSの中盤の弛みを考えると、結果的にハイペースで垂れたわけですから、私の過大評価だったということでしょう。
個人的には休み明けの日本TV盃のハイペ失速はノーカン出来ると思っていますが、前年東海Sのラップは近4走のものではなく故障前であるということが懸念ではありました。
Mラジ楽屋裏でTAKさんと、このことについてお話させて頂きましたが(コパノではないが、ヒラバとかで評価の仕方とか)

となると、仮に東海Sにコパノが出走して、今年の東海Sくらいのパフォーマンスを先行して完封されたら、来年のフェブラリーはどうしようかな?ってなりますww

ノンコについてはインを付いてあの競馬ですから、これはもう強いとしかいえないですね。
上がり最速はサウンドトゥルーに譲りましたが、こちらもペースが上がれば要注目馬であることが分かりました。
サウンドは展開に恵まれた感が強いですが、騎乗について色々言われているが、個人的に色気を出さず、終いに徹した騎乗は褒めて良いのではと思います。(前年のクリソライトの位置を考えて)
蛇足ですが、この馬についても前走JBCにおいて、ややスローの適性外のレースを差してきています。
まぁ上がり13.1と失速しているのでなんともではありますが、この部分についてコパノの考察でも不満を示唆していたのですから、いつもながら強引な◎だったということでしょう。

最後にサンビスタですが、ブライトさんがラジオで言っていた『前年スローでただ1頭追い込んで来ている』
これが全てだと思います、ミクロ的なラップ好走判定も有効な手段ではありますが、マクロ的な観点で前年よりペースが上がったので昨年4着だったこの馬が台頭した。
これで良いのではと思います。
確かに上がりが掛かるレースでは過去負けていると考察していますが、それはあくまで先行して、勝ちに行っての話です。
位置取りが決まるとしては、ミルコは先行することを示唆していましたが、結果的にペースが上がり、差しに切り替えたことで、今回に限ってはグッドポジションであったことがいえるとも思います。

追い込み馬のストレスとしては個人的に興味深いレースだったということで今回の回顧とさせていただきます。

212.png

馬券はスローを想定していた押さえがハイペースで当たるという、なんとも赤っ恥な結果になってしまいましたとさ。

以前出演させてもらったときよりは、客観的なものの考え方が多少出来るようになってきたかな、とは思っていたのですが、まだまだでしたね。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/334-6238b900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。