砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオンズC出走馬考察(後編)
~前半~

8.ダノンリバティ

個人的な見解だが、シリウスSが物足りない。
阪神D2000mは芝スタートで1コーナーまで700mほど直線。
なので、テンの3Fは隊列が決着つくまでわりと流れやすい、故に中盤は弛むことが多い。
そして阪神特有のコーナーからの4F戦。
ダノンリバティは特筆した上がり性能はないが、新潟での好走より、時計勝負や、持続的な流れも不得意な馬ではないように伺えた。
しかしながら、4角2番手以内からの王道競馬で勝てる馬ではなかったかなという見立てをしていた。
故に、みやこSでは前年のアスカノロマン同様、大外枠から横綱競馬で勝てるとは思っていなかった為、評価を下げた。
ただ、今年のみやこSは不良馬場であり、時計勝負、大外捲りが不利なレースではあったことを付け加えておく。
3歳馬には向かない流れではあったが、同レース好走した3歳時のホッコータルマエと比べれば、物足りないかなと判断するのが妥当か。
2012年のJCD、3歳馬インカンテーションは、大外から先行したが、かなり掛かり気味で追走し、息が入っていない状態で外々を回った上で早めのスパートという強引な競馬では流石にかなり能力が抜けていなければ入着することは難しい。
同馬も抜けた存在ではないため、馬也に虎視眈々という騎乗をすればといったところのように思う。

9.ローマンレジェンド

昨年はエルムSの復活から直行ローテで好走。
今年は2月から順調に使えているなといった印象。
リズムを取り戻したとみるか、まとまってきたとみるか。
この馬也にジリ脚を良く使えているなというところか。
前走はハイペースを1頭先行し、惜しい3着。
個人的には絶好枠で位置取り良し、平坦良し、レース質良しの4拍子、斤量が響いたかは分からないが、勝てるチャンスで勝つべくして好走したと思っている。
しかし、少頭数故に位置を取れたことは皆同じであり、少頭数にやられるといったなんとも皮肉な結果。
前年同レースではスローを先行し新境地を見せたが、いかんせん決め手に欠く馬。
ダート馬にしては大事に使われてきたように思うし、かなりズブくなっているので、ペースが流れた場合、位置を下げてしまうのも少し懸念材料ではある。
ただ、道中のペースで次第では良い位置を取れる可能性は十分にある。
しかし冷静に評価して、勝馬候補の筆頭に値するかと聞かれれば、ノーであると思う。
ただし、上がりがそれほど必要でない中京コースは基本的に合っていると思われる為、バッサリとはいけないのが悩ましいところ。

10.グレープブランデー

エルムSをみて改めて思ったのだが、やはり持続的な流れで位置を取れた場合侮れない馬ではある。
流れ的には短距離~マイル向きなジリ脚なのだが、大トビなことと加速力から短い距離だとどうしても回転負けして位置が取れない。
ポジを確保するために追い倒しになるため、最後も脚が使えないといったレースもあったように思う(出さなければ出さないで上がりが使えない為に追い込めないし)
となれば先行してジリ脚でといった具合。
まぁよく走って3着大健闘だろう。

11.コーリンベリー

今回のペースメーカー的存在、のようにも思うが、かりに単騎で逃げたとして、実質2番手が逃げというレースになるかもしれませんね。
相当隊列が有利に働かないと厳しいんじゃないかな。
自分は足りない馬の逃げは基本的に買わない。
腐ってもダートG1、逃げて好走したのは過去10年、エスポワールシチーとトランセンドの2頭だけなのだから。(3着内含む)

12.クリノスターオー

基本的にいつも買っている馬なのだが、近走は踏ん張れるはずのレースで踏ん張れなくなってきている。
今年のアンタレスSのような走りを期待しているのだが。
しかし、基本的に上がりが使えるタイプでもないので、スローでも厳しいかもしれない。
少しリズムを崩している感があるので、相手強化され同型も揃った場面で積極的に狙う要素は個人的には無い。

13.ホッコータルマエ

基本的に休み明けは走らない馬で、リズム優先といわれるダート重賞の中でも、ステップ掲示板→本番巻き返しタイプのように思う。
まぁ追走中も息が入らず、外目追走でユタカさんの後半の持続的な流れで息が入らず4角で既に手応え怪しく。
ただ、一度使った上積みは大きく、前進は必至だろう。
基本的に国内では大崩したレースは皆無であり、極端に上がりが掛かるようなレース質にならなければ、まだまだ王者たる所以を見せ付ける可能性が高いように思う。
コパノリッキーの項でも触れたが
2013JCD 後5F 12.4 - 12.2 - 12.0 - 12.0 - 12.6→3着(4歳)
2012JCD 後5F 12.3 - 12.6 - 12.6 - 11.6 - 12.2→3着(3歳)
2014チャンピオンズC 後5F 11.9 - 12.2 - 12.4 - 11.7 - 12.4→1着(5歳)
2014東京大賞典 後5F 12.0 - 12.3 - 12.7 - 11.7 - 12.6→1着(5歳)
とまぁこういう具合である。

今年の帝王賞は休み明けであることを考慮しても、かなり上がりが掛かるレースでクリソライト相手に思わぬ苦戦をしいられている。
同馬ももう6歳であり、好走レンジも万能では無い為、単勝一本やりの◎には出来ないかな、といった印象。
(まぁ流れても大崩するとは思えないが)

14.ガンピット

外馬は詳しくないので、明日TAKさんに聞いてきますww
TAKさんの見解はMラジをお聴き下さい♪

15.グランドシチー

このコースは得意だが、流石に相手揃ったでしょw
サウンドトゥルー的な存在かな、でも足りないと思う。

16.ロワジャルダン

前走は評価しただけに当てたかったな。
しかし、さすがに大外から勝てるだけの力があるとは思えない。
前走も浜中の好騎乗あっての結果。
ただ、好位で競馬するには中京の外枠自体は良い、ただ横綱競馬をして勝てるようには思えない。
前走は前が流れてくれたのも良かったしね。


さて、こんなところかな。

予想はMラジ放送後に上げようと思いますが、結構本命党の印になると思います。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/332-95d79b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。