砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオンズC出走馬考察(前編)
さすがにG1だけあって他ブログさんとこも力入れて考察しているようで、そちらを見た方が勉強になる気がします笑

ラジオの方では印を打った馬の見解しか触れないと思うので、全頭考察しておきますね^^
G1ですし、いつもより細かく書いてみます。

1.ノンコノユメ

とにかく上がり性能は堅実で、阪神や東京コースがベストか。
ユニコーンS時から書いていますが、基本的には追走能力が高いタイプではなく、中距離が良いと思っている。
そして、隊列の不利を無視した末脚は現ダート界の頂点といっても過言ではないかもしれない。
JDDを見ても分かるとおり、中距離ならペース次第では、殿追走というほど極端な脚質ではない。
ですが、JDDでも上がり3F差はゆうに1秒を超えていたと思われる。
この不良馬場を上がり差1.4で差し切る末脚は強烈といえる。

武蔵野Sでは前半34.4のやや速い流れ、後5F11.7 - 12.1 - 12.1 - 11.9 - 12.5と、締まった流れの中で失速度合いがラスト1Fだけというなかなかハイレベルな時計といえるだろう。
タガノトネールは完璧なレース運びで、ベストパフォーマンス。
このラップで-3F差1.3秒を差し切ってしまうのだから、3歳馬の中でも別格の力を持っているといえる。
ひとつ気になることは古馬緒戦が同レースだけであり、タガノトネール以下との横比(相手関係)が懸念材料と捉えることも出来る。
ただ、これに関しては2年前の武蔵野Sで勝利したベルシャザールの2、3着馬も相手関係比としてはそこまで強い相手ではなかった。
ベルシャザールとしてはマイルでも締まった流れを先行し、失速を最小限に押さえ完封したことが素晴らしかったといえるだろう。
そういう意味では高いパフォーマンスを示した評価から、相手関係で嫌うといったことはしなくても良いと判断します。

問題材料としては、そこよりも追い込みがきき難い中京1D800mであること。
もう1点は小柄な馬である同馬が最内枠を引いてしまったということだろうか。
この馬は基本的に周りに馬がいない状態で追走し、必ず外に持ち出して追い込んで勝ってきている。
勝ちパターンはこれだけで例外は無い。
伏竜Sでは横山騎手が大外枠にも関わらず、中山コースをロスなく回って馬込みに入れたが伸びきれず敗戦している。
のんこ1
のんこ2
のんこ3
直線前が詰まり、外に持ち出そうにもアンヴァリッドに被せられて終了。

その前レースである500万下で同コースで騎乗したルメール騎手の戦法とは対照的であった。(しかも1枠)
のんこ4
のんこ5

小柄な馬だけに揉まれ弱いのは致し方ないのだが、本番も多分戦法は同じであると思われる。
というのも、この馬は基本的にどのレースをみても勝ち方が同じだからだ。
と、すれば最内枠ならば一旦後方に下げて、外に出すということになるかもしれない。
中京コースでこれはおそらくかなりのロスに繋がる可能性がある、ルメール騎手がどの位置で乗ってくるのかは非常に興味深いですね。

2.サウンドトゥルー

こちらも追い込みタイプで地方重賞で連続好走。
ジュライSや日本テレビ盃ではかなり展開が向いた勝利で、基本的にハイペースで前が垂れた時に浮上すると思ってよいだろう。
日本テレビ盃は故障明けのコパノリッキーがらしくない時計と上がりで失速、いかにも休み明け走らない同馬らしい負け方で、これを強気な競馬で振り落とそうと多少強引に勝ちにいったクリソライトがお付き合いして失速。
元来クリソライトはハイペースを先行して完勝できるほど強い馬ではないので、しめしめと差し切ってしまったのがサウンドトゥルーという見立て。
しかしながらJBCは不良馬場にしては勝ち時計は平凡なもの。
前半5F62.7のスローペースだが、ここからが豊さんの真骨頂だったか。(詳しくはタルマエ、コパの項で後述)
ラス1Fは13.1と大きく失速も、地方である程度位置が取れたこともあるし、逃げたコパノリッキーとの上がり差が0.3差では少しパンチ不足のように思う。
今回もハイペースならば浮上あっても、といった程度の評価が妥当かなと思う。

3.ワンダーアキュート

弱い相手ならまだまだやれると思うが、同馬ももう9歳。
元々叩き量化型タイプでこの馬なりに前進はあると思うが、さすがに全盛期と比べるのは酷だろう。
着順を上げたければ、有力馬の脱落待ち、3着狙いの騎乗が必要になるだろう。
ということなら和田騎手は微妙な印象かな。(極端な脚質チェンジをかけないイメージ)

4.サンビスタ

JBC女王の座は今年もこの馬かと思われたがまさかの完敗。
それはさておき(おかないけど)、前年のチャンピオンズCで4着ということ。
もう少し前目で競馬していれば際どかったんじゃないかなと思う。

この馬について思うことは、わりと厳しい流れでもスピード負けしない馬なのだが、上がりが大きく失速するレースでの敗戦が多い(マリーンC除く)かなという印象を受ける。
4角でしっかり息が入るレース展開で、1F~2Fの瞬間的に大きく加速するレースでは侮れないのかな?とも思う。
ホッコータルマエが好走すると思うならセットで買っておきたい(ラップだけではだけど)かなと。

5.ニホンピロアワーズ

さすがにもう厳しいとしか言えませんね、悲しいですが。

6.ナムラビクター

この馬もスローが好物なお馬さん。
もともと追走能力が低く、ペースが上がると位置が取れない。
馬格から坂は得意で、中京コースとの相性は良いと思う。
ただハイペースを強気に先行すると東海Sみたいになってしまうので、ペースと脚質次第ですね。
しかし、一昔前に比べ時計に対応出来るようにはなってきていると思います。
元来調教で反応しない馬の典型で、出遅れたり気難しさもある馬、こずるい面がありそうですね。
騎手は初乗りではないですが、コンタクトはどうでしょうか。

7.コパノリッキー

1度凡走すれば直ぐに人気が下がるなんて逃げ馬の宿命ですかね^^
ユタカさんはこの仔を父ゴールドアリュールと重ねているのかな?
基本的に休み明けは走らないタイプで、サウンドトゥルーの項でも書きましたが、その典型といった止まり方。
休み明けで馬体も減らして、体調も良くなかったのかな?
前走も馬体は平行線だったが、逃げ切り勝ち。
道中はスローだったが、後5Fを12.4 - 12.3 - 12.1 - 11.8 - 13.1とロングスパートが功を奏したかなと。
まぁその点の見解はタルマエの項で書くとして(2013JCDで3着)、この馬のパフォーマンスとしては、道中のペースを考えれば、ラストの失速をもう少し抑えて欲しかったかなという注文をつけたい。
大井は直線平坦だが、コーナーは鋭角でラス3F目のラップが弛み易い。
それを加速したままで、というならこの要望は高望みかな?とも思うが。
逃げ馬が踏むラップとしては理想的な波形で、エスポワールシチーやトランセンドに至るには、あと1段階の強さを見せて欲しい。
それが出来れば、ダート王者として相応しい馬になれるだろう。
馬体重は増えていれば理想的。

ちょっと長くなったので分けます。
~後半に続く~

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/331-168071c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。