砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋競馬 短距離Dメモ
前回の記事が遅すぎるとお叱りを受けたので、あんまりヤル気はないのですが、今回は早めに見ておきましょうかね。

☆過去3年阪神D1200-1400m
秋①

秋②

特に突出した数字という訳ではありませんが、それでも単回値は3歳優勢
人気も上位から下位まで万遍なくといった感じでした。

☆過去4年中山D1200m
秋③

秋④

中山D短距離は1000万で穴を空けた馬が回収値を押し上げていますが、傾向としては3歳馬劣勢。
ハイペースになりやすい中山短距離らしい結果なのかもしれません。

秋⑤
1000万クラスで馬券になった馬を調べると、総じて逃げ先行、前走も逃げ先行でラス1~2F失速ラップ好走経験有の持続戦に長けた馬でした。

今回は阪神Dの短距離レースを見ていきますが、基本阪神コースはデータを表面的に調べると、(皆さん周知の事実かと思われますが)、上がりの重要なコースという傾向が伺えます。

秋⑪

確かに上がりは重要ですが、後方馬の成績はとても狙える数字ではありません。
なんだかんだで逃げ馬の回収値が一番良いのです。
が、上がりも軽視出来ないといったややこしいコースかなという認識です。
そう思ったのがこのデータで。。。

秋⑫

まぁ当日レース上がり1位の馬なので回収値は良いのは当然なのですが。。。

秋⑬

前走脚質が後方馬で、今回も後方という場合、単勝期待値が低く、よくて複勝、ワイドの相手どまりという印象です。
当然、前に少しでも行ければ期待値は高そうですが。
あまりにも極端な脚質の馬に過度な期待は禁物かと。

秋⑭

どちらかといえば中段に付けた馬が先行したケースは連対期待値が非常に高く、仮に前目に付けれなくても複勝圏内の期待も出来そうに思います。

なので、上がりを考えつつ先行できそうな馬を狙う、といった観点で見ると面白いかもしれません。

では本題に入ります。

秋⑨

同じく過去3年阪神短距離Dのデータなのですが、やはり4角位置2番手以内の回収値が高い、ですが。。。

秋⑩

今回4角1番手の馬の前走4角位置を見れば、なんと中段以下の馬達の回収値が段違いの成績。
更に面白いのがPCI値で、単期待値でいうと数字が大きい馬(前走後半脚を余している可能性がある馬)の方が高いことが分かります。
確かに単騎逃げで楽をした馬も中にはいると思いますが、毎回バテ気味の馬を狙うよりは、阪神コースの理に適っていそうな気がします。
この数字だけみると前走上がり3位以内という縛りはいらないことが分かります、が、上がりの質は加味するというイメージです。

では、どんなケースで今回先行出来るようになるのでしょうか。
当然前走ペースでの位置取りなども注目しておく要素のひとつですが。。。
秋⑮

秋⑥
まぁ当然といえばそれまでですが、外枠→内枠のシフト

秋⑧

芝→ダート変わりでの先行策成功
小倉D1000組は全て未勝利戦での逃げ切りです。
芝→ダ転戦は初ダートではなくダート入着経験有の馬達です。

前走①
前走②

前走コース別で見ると1200と1400は似て非なるコースと捉えて良さそうに思います。
ポイントとしては上がりが誤魔化せる1200mの方が小倉経由の回収値が高めである。
短縮が決まるケースが増えるのは1400mのケースが多い(単純に1200mの短縮組の出走数が少ない可能性はある)
前走芝組は古馬戦ならダート経験のある馬、未勝利戦なら血統や馬体を加味してといったところか。

少し長くなってしまったがこんなところで、読者さんの阪神開催の何かに役立てば幸いです。

コメント

阪神の成績がイマイチなので、参考にさせていただいています!!ムッシュさんの3歳と古馬の比較や説明が凄く分かりやすいので、こーいう記事は凄く勉強になります。ムッシュさんのペースでよいので、気楽に気長にブログを続けていただけると、僕は嬉しいです。残暑も続きますので、体調管理には気をつけてくださいm(_ _)m
[2015/09/11 21:07] URL | フォース #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> フォースさん

コメントありがと&返信遅れてごめんね!
もうちっと明確に狙えるようななにかを書きたいんですけど、なかなか難しいですねー

いつも優しいフォースさん、ツイッターにも戻ってきて嬉しく思っています。
フォースさんも体には気を付けて、また皆でご飯いきたいですねー^^
[2015/09/21 19:54] URL | mussyu #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/314-47a13f72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。