砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念考察
いやー、最近サッパリ馬券が当たりませんw

e0131985_8452728.jpg
※君はサッパリ妖精を知っているか?
平成○ヌ物語バウ →○○○○○○○→ 怪盗セ○ント・テール 
(テレビ○日系列 木曜19時台後半枠)
(一時的にマイノリティー層でムーブメントが起きた月刊誌で連載された漫画が、まさかのゴールデンタイムでアニメ化された作品なんて知りませんかそうですか)


まぁ腐っていてもしょうがないので、前半ラストのG1も頑張って予想しましょう。

今年の面子を見て思うことは、果たしてレースラップはkskするの?というところでしょうか。

①例年ハイラップになりやすい宝塚記念だが今年はどうなるか微妙(昨年はスロー)
②とかく無理やり穴を評価しないで基本に立ち返って考えてみる

この2点に注意していってみましょう。
①ショウナンパンドラ

叩き3走目でそろそろ走っても良い頃合。
重馬場OK牧場なディープでも今回は力が足りないと見て消す。

②トーセンスターダム

チャレンジカップを見る限りでは持続戦の適性は高いようにも思える。
でもデウスウルト倒したくらいで威張れるとも思わないので消し

③ネオブラックダイヤ

前走や近走内容を見る限り、ステイヤーと見て消し

④アドマイヤスピカ

さようなら

⑤カレンミロティック

前年は時計の掛かる馬場状態且つスローペースで、追い込み馬が上がり勝負に持ち込めない展開利を得た。
ただ、金鯱賞勝ち経験があるので、そもそもスローの上がり勝負だと分が悪い馬ではある。
仮にペースが落ち着き、馬場状態が回復したケースでは狙いにくいという印象。
しかしながら宝塚記念のレース質を考慮すると押さえたほうが無難に思う。

⑥デニムアンドルビー

阪神大賞典では、速い時計の決着の中差し込んでこれたが、単純にゴールドシップの後から付いていって上がっていっただけで、本来の適性としてはスローの瞬発力戦向きの馬なハズ。(昨年天皇賞秋とジャパンCから)
ディープ産駒ながらキングマンボ経由のヌレイエフクロスで馬場は不問。
スローの決め手が生きる良馬場と予想するなら、自分は押さえておきたいかなと思っている。

⑦ワンアンドオンリー

ヘイロークロス×ダンチヒ、過去の脚質と好走コースから内回りでこそという感じ。
神戸新聞杯では間違いなく同馬が一番強い競馬をしていたことは事実だし、腐っても鯛とはダービー馬のためにある言葉。
昨年菊花賞以降は状態面の影響も少なからずあったのではという印象で、明け緒戦のドバイで立て直したことは同馬にとっても大きいように思う。
血統から晩成傾向のハーツクライに早熟さを意識させた配合が古馬になってどうでるのかというのはヌーヴォレコルト含め興味深いところ。
ドバイシーマの走破時計と上がりを見る限り、結構時計は掛かっている馬場状態だったのではと思う。
昨年のジャパンCでは3歳には厳しい流れの決着で、そこでの7着をどう評価すべきかというのは悩ましいところ。
適性としてどちらに触れているかは自分には判断が出来ていませんw
鉄砲駆けするタイプの馬で、馬場状態やコース適性は高そうなのでやはり切れないという印象です。

⑧ディアデラマドレ

個人的にはスロー専門かなーと思っていたが、昨年の府中牝馬はそこまでスローという感じでもなく、エリ女に到っては外を回して差して鬼脚で3着、近5走は全て上がり最速と鬼脚っぷりは展開不問で健在。
ゴールドシップを中心視(レースを作るという意味)で考えるとスローになった場合でも5~4F戦になるのは明らかだし、仕掛けが早いロンスパ戦には参加せずに後方からズドンという競馬が理想。
ゴルシが出走してきたレースはスローでゴルシ捲り不発orゴルシ1着&追い込み馬or先行馬ってイメージ。
天皇賞春でもやっぱりフェイムゲームやラストインパクトが追い込んで来ているので、やることが決まっている馬ってのはやっぱり恐いイメージはある。

⑨トウシンモンステラ

さようなら

⑩オーシャンブルー

もう流石に厳しいでしょう

⑪ヌーヴォレコルト

確かに中山記念では牡馬相手にやや持続的な流れを好騎乗もあってよく勝ちきったが、前年のジャスタウェイと同格に扱うことは出来ないという印象。
好位で競馬する人気勢の中でエリ女で負けたラキシスにハンデ同格ではやはり評価は下げたいところ。
個人的には人気馬のなかでは嫌ってみたい。

⑫レッドディヴィス

京都記念で馬券になれないなら。。。やはり評価出来ませんね。

⑬ラキシス

この血統はサトノアラジンもそうだが、古馬になって充実してくるタイプのディープなのか。
前走も本命視したが、キズナに圧勝はともかく、今のキズナに圧勝して価値はあるのかは少し微妙なところか?
本質的には持続向きで宝塚記念のレース質としては合うハズなので、人気でも評価したいところ。
ただ、スローの有馬記念でゴルシに完敗しているので、牡馬混合G1で纏めてなぎ倒す力があるかは少し疑問はある。

⑭トーホウジャッカル

G1を取りに行くローテとしては少々舐めすぎで、菊花賞で倒したサウンドオブアースも案外だったので評価しませんw

⑮ゴールドシップ

昨年の宝塚記念以降、得意なコースや馬場状態ならスローでもしっかりと結果を出せるようになってきている。
決め手が生きる馬場状態にならなければ普通に考えて軽視は出来ない。
あとなんだかんだでやはり重力を持った馬だなと春天みて改めて感じた馬です。
レースを作る馬、常に注目を集めるゴールドシップはやはりスターホースですね^^

⑯ラブリーデイ

結局競馬なんて位置取りと仕掛け差な訳よ!
フレンダ
by(フレ/ンダ)
とか思ったり思わなかったりした鳴尾記念だった(訳よ)

まぁ格上げで相手関係が強くなってしまうとサクッと負けちゃう馬なのでここで改めてとは強気になれませんな。


以上から

ゴールドシップ
ラキシス
カレンミロティック
ディアデラマドレ
ワンアンドオンリー
※デニムアンドルビー


この6頭で勝負ですかね

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/307-4a27a680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。