砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニコーンS考察②
登録馬を見て行きましょう。
面倒だけど、自分が注目している馬を全頭見ておきます。

アキトクレッセント

あきと③
過去上がり2位以内は記録したのはいずれも逃げたケース。
基本的に末脚絶対値が高い馬ではないことがわかる。

アルタイルとの着順入れ替わりは
あきと①
あきと②
-3F差だと考えている。
レースを見た感じだと、浜中が引き付け過ぎて、上がり3F戦に持ち込まれ負けたように思ったのだが、中盤のラップは12.3-12.1とそこまで弛んでいない。
単純にノンコノユメとアルタイルの追走能力が上がったかもしれないが、テンが遅い為(テン3Fが2秒遅い)ノンコやアルは良いポジションが取れたと考えるのが妥当。
以上から好走するにはテンが速く隊列が縦長になったケースで粘りこみを図ることが必須のように思う。


アルタイル

前走好走理由はアキトクレッセントの項を参照
では、単純に青竜Sを考えてみる。
青竜S
単純に考えるとスローペースで基本的に先行有利のラップ
これにおいてノンコノユメとの上がり差が0.5と絶対末脚値の差は顕著
先行有利の流れを差し切ったノンコノユメより上位に取る要素はないと考える。
仮にレースが流れた場合は昇竜Sの結果からアキトクレッセントに分があるようにも思う(東京変わりも考慮すべきかもだが)

イーデンホール

同馬はスローの上がり勝負に適していない馬である
イーデンホール

基本的に前傾ラップの場合上位の上がりを出しており、失速戦で浮上してきた馬、だが、時計に限界があることが前走露呈されたので、ハイペースでもレベルの高いラップになった場合脚色が同じになりそうな気がする。

カフジテイク

カフジテイク

血統だけで見ればプリサイエンド×スキャンのナスキロ3本、ニジンスキーのクロスで末脚持続型
東京の長い直線で狙いたい馬ではある。
しかしながら前走上がりは36.9と抜けた上がりではない。
ただ、今年の端午Sは前年よりハイレベルではある。
3着のブルドックボスは古馬1000万下でも2着している、ただし端午Sの内容から先行した馬を評価すべきで、ブルドックボスは2-2で通過の前受け。
ホワイトフーガは2着に0.4差圧勝であるがアルタイルにも勝っている馬で時計も優秀。
以上からカフジテイクは昨年のメイショウパワーズより少し強い程度の評価が妥当のように思う。

クワドループル

末脚値は安定しており、戦績から追走に苦労するタイプ。
よって距離は伸びた方が良いのだが、ユニコーンSは過去10年東京D1400組が全滅という結果。
倒したラディカルも古馬500万下でラテンロックに完敗しており、世代上位に評価することは難しく思う。
(ラテンロックは降級前1000万下でも好走しているが、プロトコル然り順番が回ってきた感は否めないという主観)

ゴールデンバローズ

戦績からあまりケチのつけようのない馬だが、他の馬もかなり成長を見せているので、頭鉄板では買いたくないなぁと考えている。血統的には瞬発力タイプには思えないのだが、ダート戦はずっと上がり最速だから馬券的には自分は切れないなぁww

タンジブル

たんじぶる

ディープスカイ×Puipit×ストームキャット、末脚持続力は高そうだが、如何せんスピード不足で追走能力がないのが難点。
マイルのスピード勝負に対応出来るか疑問には思うが、騎手の想定がリサに乗り変わりになっている。
当然出していくだろうから、位置取り次第ではどういう競馬するのか興味はある。
ただ、位置を取れるとは言っていないのであしからずw

ダイワインパルス

東京変わりで控える競馬を覚え味が出てきた馬。
戦績的にサウンドトゥルーと被るかな?
モンドアルジェンテを3馬身千切って勝ちあがりなら軽視は禁物かも?
ただ、サウンドトゥルーは大外を回して差し切って圧勝。
ダイワインパルスは経済コースを通って、抜け出し圧勝、この内容をどう見るかで過度な期待はしない方がいいかなw
まぁタンジブルよりは現実的かもw

ダノングッド

ダノンレジェンドの半弟
だのんぐっど

マイグッドネスは良い仔を生みますね^^POGでも13年度生産馬を指名しているので期待したいです。
父Elusive Qualityは短距離馬を多く排出しているので、距離短縮自体は合いそう。
最終的に1400mあたりがベストになってきそうな馬なので、ここで馬券にならずとも追いかけたい馬ではあります^^

ノンコノユメ

アルタイルの項で書いたことが全てです。
トワイニング産駒は東京D、特に1600mの回収値が非常に良い種牡馬であり、末脚絶対値に優れているノンコノユメは有力な1頭だと考えています。
新馬戦から5戦連続上がり最速を記録しており、こと上がり勝負ならゴールデンバローズにも負けないと考えています。
問題は追走能力が高くない馬なので、道中のペースから展開次第で取りこぼしはあるかもしれません。
ですがルメール騎手ですから、当然ペースは読んでくると思われます。
前傾だろうが後傾だろうが最速の上がりを繰り出すのは東京D戦を戦う上で大きなアドバンテージであると考えています。

ラインルーフ

ラインルーフ
東京ダートに強いフレンチデピュティにバックパサーのクロスで短縮もOKなタイプだと思う。
鳳雛Sも12.4 - 11.7 - 12.8 - 12.4 - 12.4 - 12.1 - 12.0 - 12.3 - 13.2と中盤もそれほど弛まず。
前年のカゼノ12.2 - 11.6 - 13.2 - 13.2 - 13.1 - 12.5 - 12.3 - 11.9 - 12.2のそれと比べるとラストのラップからレベルは落ちると思うが、時計は速いし、持続的な流れになれで先行馬のレベルとしては及第点かなとも思う。
バンズームで馬券になるなら、同馬も侮れないといったところか。

以上、注目馬の見解で、この中から選んでみようと思います。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/305-64f4a105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。