砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京優駿を予想する前に②
では、肝心の皐月賞組を考察してみる

個人的に気性が荒い故に流れる皐月賞でこそと本命を打ったドゥラメンテ
そのドゥラメンテではあるが、自分の思い描いた皐月賞の勝ち方と全く違うパフォーマンス。
普通に圧勝である。
しかも外を回して圧勝。
単純にマイラー思考の高速決着でこその◎だっただけに、更に悩ましいことにw
能力があるのは確かな馬だし、無理して嫌う必要もないように思う。
スローで掛かるとは誰もが思うだろうが、ミルコが持っていかれる姿はあまり想像しにくい。
向正面で折り合われる姿を見せられれば、馬券的にはジエンドということになりかねない。
自分は強い馬は強いと評価するタイプなので、ここも評価する。


ではリアルスティールとキタサンブラック

皐月賞 12.5 - 10.7 - 12.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.4 - 11.6
リアルスティール 4-5-5-3 1:58.4
キタサンブラック 2-2-2-2 1:58.8

スプリングS 12.7 - 11.6 - 12.4 - 13.1 - 12.8 - 12.0 - 11.8 - 11.2 - 11.5
キタサンブラック 2-2-2-1 1:49.1
リアルスティール 7-8-8-7 1:49.1

なにをどう考えてもリアルスティールでござる
しかし、例えスローとはいえ差しきれなかったのは事実でもある。

故にキタサンブラックも展開が向いただけの馬でもないことも結果であるが。。。
じゃあ今回スローならキタサンブラック、もう1丁なのか?

きたさん

キタサンブラックのポイントはLyphad 4×4+ノーザンテーストによる前受け
しかしナスルーラ系のサクラバクシンオー×ジャッジアンジエルーチも強く、本質的にはマイラーっぽい感じがする。
というのも、サトノラーゼンを3馬身ちぎり捨てたラップが
12.8 - 11.3 - 11.4 - 12.1 - 12.2 - 12.6 - 12.2 - 12.1 - 12.6 - 12.1
と、やや持続的で息を入れたポイントが6F目だけでやや強気な逃げになっている。
ラス2Fで0.5の弛みがあるのは隊列的な余裕からだろう。

きたさん2

故にこれがベストパフォーマンスのようにも思うし、当然スローとはいえ完封したスプリングSも素晴らしいものだが、あれは枠順や位置の恩恵も強く、どちらかといえば、更にレベルが上がった皐月賞でも3着になっている点に適性を感じるという解釈をしたい。
ちなみに同馬は上がり2位は新馬戦のみ、基本的には東京ではキレ負けするタイプであるように思う。
元来ブラックタイド産駒自体の適性が2000m迄の種牡馬で、昨年3着になったマイネルフロストとは全く違う適性であると考えている。

では次にサトノクラウン

確かに前走4角で不利は受けている、外を回らされたのも事実
そしてゲートで後手を踏んではいる、いるが。。。
正直もう少し追い込んで欲しかったというのはある。
なぜなら、ほぼドゥラメンテは同じ位置から差し切っているからである。

satono.png
サトノクラウンはRossini×Mill Reef、Sir Ivorのクロス。
Sir Ivorの父はSir Gayloadですから、この馬も走法から東京の瞬発力戦には合いますし、現に東スポ杯で勝利。
この東スポ杯はなかなか抜け出すに苦労していますが、勝ち方の内容的には、この中のどの馬よりも能力を感じる勝ち方だった。
ですが、弥生賞では弥生賞らしいラップでの勝ち方。
この馬の適性はどこにあるのでしょう?
仮に弥生賞が適性での勝利ならば、当然皐月賞でも注目すべき。
ですが、皐月賞はちょっぴり残念な着順。
やっぱり、東スポ杯の面子は恐ろしく弱いだけだった?
しかしながら、ブライトエンブレムも皐月賞でそこそこやれているので、この馬も決して弱いわけではないと判断しています。

結論からいって、3強はやっぱり切れないやwww
という主観です。

ミュゼエイリアンも少し考えましたが、やはりルージュバックに、完敗。
今年の毎日杯のレベルも疑わしい点から、前走皐月賞組から評価したいのはやはり3強ということになってしまいましたとさ。





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/298-0a4bce46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。