砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKマイルC雑感
なんだか登録馬でこれってのがいねーww

とりあえず◎ミュゼスルタン、といいたいところですが、厩舎的にG1勝つイメージが全くない件
まぁ大勝負は避けて注目してる馬の雑感をさらっと。

①アブニールマルシェ

ミュゼスルタンに注目するならば、当然ケアしておくべき馬かなと
共同通信杯組でいえばブレイクランアウトが期待を裏切っているが、まぁマイルらしい11秒台が続く流れに合わなかったのだろう。
マイルがベストとは思わないので、流れ次第かもですかね。

②グランシルク

前走は追い込んでとんでもない上がり、多分出遅れはたまたまで、今回は出していきたいハズ。
2走前のラップを見る感じでは流れても問題なさそうに思う。

④グァンチャーレ

スクリーンヒーロー×ディアブロ
米血が多くHerbager内包のどちらかというとスピード勝負の方が合いそうで、マイルや高速馬場の方が良さそうな配合。
横比からも中距離臨戦の馬が人気するなら狙ってみたいが、中間に挫折あって皐月賞を回避と状態はベストではなく。
能力的に足りるか微妙ならば、デキはやはり良いにこしたことはないので、調教もイマイチで、馬体も輸送込みでかなりマイナス体重で出走となれば積極的に狙いたいとは言えなくなってきた。
当日の状態如何で紐程度の評価に抑えた方が無難に思う。


⑤クラリティスカイ

こちらも軽い馬場適性が高そうなクロフネ産駒
メンバー中では時計もあるし、皐月賞も狙ったのだが、流石にハナであのペースを押し切れるほどの能力はなく。
本来1頭前に置いて競馬をしたかったのだろうが、逃げる形になってしまったのは少々誤算だったか。
相手関係は当然楽になるのだが、弥生賞経由ということは少なからずクラシックに色気があったハズ。
ならば、メイチは前走でデキが維持出来ているかが焦点となりそう。
追い切りは。。。。うーんといった感じかな。

⑩アルマワイオリ

Bel Bolide×Mill Reefナスキロ系の追い込み馬だが、ストライドの可動幅が図抜けている感じでもなく。
Halo×Danzig的な器用さもあってか中山でもポジション押し上げたがその場合末が鈍るといった印象。
追い込みに決め打ちしての破壊力はアーリントンCを見ても分かるのだが、G1で勝ちきるには横綱競馬でも駄目で腹を括って展開待ちといったところだろうか。
東京は間違いなく向くだろうが、戦法的に難しい馬かもしれない。

⑫ミュゼスルタン

中距離臨戦からならばこの馬で、ダノンメジャーを狙うならば当然こちらかなと思う。
休み明けながら上がり最速、スプリング上位2頭は皐月賞でも好走ならば、相手関係が下がるここは絶好の機会。
ローテも他馬に比べ上積みは十分で積極的に狙ってみたいが。。。
厩舎がちょっと、重賞でしかもG1となれば。。。。
まぁ問題はこのくらいなので、馬の力があれば気にしなくても良いかも。
ってかG1で芝追い切りとかカネヒキリですか?笑
世界の角居じゃないんだから、どうなのかなってのは気になりますね→G1で芝追い切りってどうなんだろ?

⑱マテンロウハピネス

ダイワメジャー×トニービン×Blushing Groom
はて?どっかで見たことある配合だなーって思ったら、コパノリチャードでしたww
でもコパノと比べるには、あまりにも今年のアーリントンCのレベルは低いように思うがww
この馬ってなんか末脚が永続的に同じに見えて意外に東京は合うようにも思う。
思うのだが、やっぱり普通に足りなさそうww
確かにフローラルウォーク賞でダッシングブレイズの末脚を完封したのは良いけどレースはスロー。
このレースを、瞬発力戦で中距離馬の末脚を完封した点を評価するのか、スローが幸いしたのかと捉えるのか、普通は後者と考えるのが当たり前だろう。
現にちょっと流れたNZTでは完敗している。
ただ初めてハナを譲って惨敗した経験から、橘Sでは控えて結果を出している(しかもそれなりに流れたレース)
馬自身は成長しているのは明確に分かるのだが、それなりに流れ、高速馬場だった橘Sのわりにラスト1Fの失速は顕著で時計も評価出来るとは言い難い。
となるとやっぱり足りないと判断した方が無難に思う。

注目している馬は7頭
上記考察から印を付けるなら

◎グランシルク→5着
○ミュゼスルタン→3着
▲アブニールマルシェ→4着
△クラリティスカイ→1着

うーん、全くテンション上がらず買いたくないレースですwww
199.png


アルビアーノ消しでハズレww
オッズ的に割れてたので、荒れないと踏んで3連単で妙味取りにいくも撃沈でした。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/291-41be230a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。