砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞(春)雑感
ざっと登録馬と過去走を見ての主観なんですが、今年に限ってはゴールドシップも面白いのではないかなといった考えです。




日経賞は高速馬場だったとはいえ、アドマイヤデウスのラップは優秀です。
日経新春杯での結果から日経賞でも注目していましたが、なかなか文句ない勝ち方だったと思います。

ただ、ひとつ気になることは、今年のウインバリアシオンやホッコーブレーヴを一蹴したことにそれほど価値があるのだろうか?という単純な疑問です。

というのも昨年の天皇賞春以降、反動があったのかはわかりませんが、両馬の成績は見るも無残な結果となっています。
両馬とも7歳ともなり、これ以上の上昇カーブを描くのかという疑問もあります。
前年もフェノーメノに屈するという結果は結果であると思いますので。

一方のキズナですが、これも取捨選択として産経大阪杯では不得意な流れだったとはいえ、ラキシスに完敗。
元来殿からの末脚に賭ける競馬が身上の同馬ですから、やはり現状の馬場状態、後方待機では頭まで、といった結果を期待しにくいのではないかと考えてしまいます。
早めに仕掛けてしまうと、ちょっと末脚の破壊力が鳴りを潜めるような気はしますが、スローならば完全軽視とまではいきにくいかもです。

4歳馬ではサウンズオブアースも人気の一角になりそうですが、全走確かに外を回して上がり最速。
しかしながらダービーではアドマイヤゼウスに先着されています。
ダービー後の成長を加味しないのはナンセンスかもしれませんが、それに関してはゼウスも同条件ですから、今回アドマイヤゼウス以上の評価を付けるのも、どうなのかなといった感じでもあります。(使った上積みを考慮しても)

天皇賞春はスローになっても、なんだかんだで上がりは重要なようにも思います。
逃げ先行馬が後続の末脚を完封するには、馬場の恩恵だけでは苦しく、道中の隊列とラップ次第で、これを読みきることは難しく思います。

4歳馬が上位を占めた2011年、稍重だったとしても道中のペースは遅く(逃げ馬が不在で、トゥザグローリーがハナを切り、道中も先行馬が入れ替わるといった異例の形ながら、結果ペースはスロー)

今回どういったペースで流れるかは未知数ですが、今回、予想としてのフォーカスを当てたいのは『有馬記念』にしてみようかなと思います。

前年の有馬記念は皆さん御存知のとおり、スローペース決着でジェンティルドンナが勝利しました。
自分はスローも考慮し、ジェンティルドンナ絡みの馬券では、ゴールドシップ、エピファネイアは買い目から消去していました。
しかしながら、先行したエピファネイアはともかく、ゴールドシップはこれを後方から差し込んできたのには少々驚きを感じたことを今でも覚えています。

確かに、内回りコースで急坂、時計が掛かる、この3点で適性外をカバーしたという可能性も無視できませんが、それを考慮してもウインバリアシオン以下との差は顕著だなと感じています。

故にスローで泣く場合は後方から届かずというのは、道中の位置、仕掛けもあるのかなというのは、AJCCを見ても、ホッコーブレーヴのステイヤーズSを見ても分かります。

有馬記念をフォーカスに当てた以上、ゴールドシップに期待するならば、デニムアンドルビーやラストインパクトも多少の評価は必要に思います。
ですが、ゴールドシップと2、3着馬の力差は明らか。
有馬記念時、ラストインパクトは進路厳しくもインを選択、デニムは外に出してジ・エンド
大賞典では両馬ともスムーズでありながらこれに完敗ということで、過剰な評価はしにくい。

ならばその大賞典でインを突くも直線スズカデヴィアスに進路を塞がれ、詰まり失速。
その不利がありながら外に出してからも諦めずに差し返した点を評価し、カレンミロティックに注目してみたい。

フェノーメノは悩んでいたが回避ということで、今年は阪神大賞典組のゴールドシップとカレンミロティック

この2頭で勝負してみたく思う。

※全走ラップを見直してキズナ悩み中笑、ですがステイヤー(2500m以上)としての上がり最速をキズナが出しきれるかというのは、前年同様にやっぱり少々疑問です(前年上がり最速馬なんだけどね笑)

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/287-986ef119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。