砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末の3歳重賞雑感
随分温かくなって仕事が忙しくなってきました。
冬場のように1Rからガッツリ予想ってな具合に時間も取れなくなっていきそうですね。

フラワーCはよく分からないので、それ以外の雑感でも書いておきましょ。

ファルコンS

ざっと過去の傾向をみたところ、上がり優秀な馬の需要が高そうなレース
なら距離短の差し馬狙えば?ってことですがアーリントンC組の朝日杯の着順見る限り、全く通用していない件
てなわけでテケトーに雑感。

アクティブミノル

朝日杯5着(完)
スタチューオブリバティ産駒なので短縮は良いし、この重賞ダート血統馬でも全然通用してるし(ピカチュウピカピー)
ただまぁピカチュウは前走阪神コースで上がり最速だったし、脚質的にはレース上がりが必要な重賞だけに厳しいかも。

ビヨンジオール

朱竹賞は12.1 - 10.5 - 11.2 - 11.5 - 11.5 - 12.3
と、ハイペース展開向いた差し馬だが、ラス2F目加速でのラス1F失速度合いとしては合格点。
というのもアルマエルナルトが同レースで12.3 - 10.4 - 11.2 - 11.6 - 12.0 - 12.0
これでまずまず善戦しているので、差し向きの流れなら評価しておきたい。
まぁちょっと人気し過ぎなのが心配ですが、展開向いたら嵌りそうではある。

ヤマカツエース

アーリントン組では一番マシだけども、ケツァルテナンゴが朝日杯で相当残念な着順。
チチカス産駒で牝系も中距離向きっぽいケツァルよりはこっちの方が短縮は良いかも。
函館でアポロノシンザンに勝ってるので差し馬狙いならこっちか。

フミノムーン

Mr. Prospector 4 x 4 x 4で外回り阪神コースでドンと来いってなタイプではなく。
ロードフェリーチェやアンビシャスがG3で好走しているので押し出された人気なのかな?
前走見る限るでは時計の掛かる馬場が血統的にも良さそう。

ワキノヒビキ

オンファイア産駒が芝の重賞で(ry
前走は案外だったが、なぜかCWで追い切りしていた馬がようやく坂路に戻してきた。
もみじSを見る限り追走能力はなさそうで、大勢決してから追い込んでくるタイプ。


レンイングランド

スローの京都で残せない馬は普通なら消し、なのだが仮にハイペになった場合しぶとそうなのが同馬。
寒椿賞はそれくらい先行馬に厳しいラップではある(まぁ経験の差はあるだろうけども)
レース質として差し向きを評価した場合はいらない馬かもですね。

ブラッククローバー

萌黄賞では先行して強い競馬、ききょうSでそれほどブリクストの差のない競馬をしているのにこの人気差は?

ブリクスト

控えてから新味が出た感じ、過去走見る限る抜けた存在にも思えないが。。。
チチカス産駒だが牝系にフジキセキ×ジェイドロバリーだから短縮にも対応出来ている感じ。
スピード馬場だとしんどそうな血統構成ではある。

総評

なんだか展開と位置だけでいくらでも着順は入れ替わりそうな感じ。
そこそこ先行馬は揃ったので差し向きで買うならば人気ない馬から勝負してみるのも一考か。

△ビヨンジオール
△ブリクスト
穴ワキノヒビキ
穴ブラッククローバー

穴ワイド4点で遊びますww

スプリングS

これはなにをどう考えても

◎ダノンプラチナ
○リアルスティール

本来評価したいのは先行有利の流れで差してきた京成杯組。
ですが共同通信杯でのソールインパクト が相当残念な着順だったので、ベルーフ以下は全消しで。

これでは面白くないのであえて△つけるならアブニールマルシェに勝っているミュゼスルタン
ミュゼエイリアンがこちらに回るならば印をつけたかもしれませんがいませんので。。。

マイネルシュバリエを穴で。
というのも前2走は中山にあるまじきスローの瞬発力戦
マイネルシュバリエ

シュバリエはバックパサーが4本でミスプロ色が強いそうとうアメリカンな血統
マルゼンスキーのクロスですが、距離的にはマイル~2000mあたりが適性だと思うんですよね。
短縮でも面白い配合ではありますが。
一本調子のレースでこそ力を発揮する血統背景で、札幌2歳Sの結果から、過去スプリングSのレース質を考えた場合、穴ならこの馬しか見えません。
そもそもニジンスキー系が強い配合は瞬発力<<<持続力ですから。
流れたレース質になれば侮れないかもしれませんね。

ダノンプラチナが2番人気ならば単勝でも良いかもしれませんね。

てなわけでスプリングSは
◎ダノンプラチナ
○リアルスティール
△ミュゼスルタン
穴マイネルシュバリエ

以上4頭

馬券はマイネルシュバリエから◎-○のワイド2点かなw



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/275-831ab33e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。