砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京浜盃雑感
ちょっと暇なので、京浜盃の雑感でも書いてみる。

今年の南関クラシック路線はコースで着順が入れ替わったり、能力的に抜けている馬がいない印象。

今週の大井は少し後方一気は決まりにくい感じで、ハイセイコー記念勝馬のストゥディウムの単勝オッズもそんな馬場の影響か久々の不安からか、一本被りになることはなさそう。

単順に内回りコースで殿から差し切るのだから、末脚は南関では非凡なものを持っているのだが、12.3-11.7-12.7-12.3-12.2-13.2-13.7-13.6と2歳戦にしては前半のペースがやや流れた感の追い込みではある。

ではニューイヤーC組はどうかといえば、浦和の1600mは内枠先行馬が絶対有利で、大井外回りでパフォーマンスを上げてくるかといえば、そうは思わないのが普通ではある。

以上から注目したい馬の雑感を書いておく。

クラバズーカー

北海道2歳優駿ではJRA勢相手に強気に勝ちに行き3着、オヤコダカを逆転する形に。
雲取賞では脚抜き良い馬場で最内枠から逃げたノースノースにハナ差迫る末脚。
差し切ったところがゴール直後で内容的には勝ちに等しい競馬だった。
12.5-11.7-12.8-12.2-12.2-13.0-13.7-13.3と、重馬場らしく流れたラップだが、4角先頭に立とうとしてペースから息切れしたナイキアフォードとは裏腹にしっかり息を入れることが出来ていたノースノースの余力は十分だった。
川崎2歳優駿では太目残りだった馬体も絞れており、状態が上向いてきたならば面白い。
外回りコースになるのも魅力。

カールトンガーデン

まだ底を見せてない馬で、2走とも上がり最速。
ナイキアフォードを軽くあしらう能力があるならば、ニューイヤーC組ともそれほど差のない可能性はある。
スニッツェル産駒ということで、距離的にはマイル以下の方が良さそうだが、SS×トニービン×ノーザンテーストの牝系配合から、広い外回りで距離が伸びても面白いかもしれない。

ビービーキャリパー

ニューイヤーCは絶対不利の大外枠から上がり最速
ブラックタイド×トニービンでLyphard4 x 4クロスによる決め手は非凡
外回りコースは面白そうで、脚質的にも追走能力皆無な追い込み馬でもない。
コンドルダンスが人気をするならば、こちらに妙味を感じる。
ただ、ハイセイコー記念で10着なので、そもそもの能力が足りない可能性はあるが、成長に期待しておく。

オウマタイム

いつも好位から勝ちに行く競馬、ハイセイコー記念では一番強い競馬をしていたようにも思う。
前走は中央馬を引き連れて、果敢に先行、直線では一旦先頭に踊り出る場面もあり、見せ場も十分な内容。
単純に相手は数段どころか10枚以上は落ちるのだから、面子関係も楽になるのは間違いない。
前走中央3歳馬でもハイレベルなメンバー相手に強気に勝ちに行く競馬をした経験が生きれば。


以上4頭

◎オウマタイム→1着
○クラバズーカー→8着
▲カールトンガーデン→10着
穴ビービーキャリパー→6着

パーティーメーカーはOPで強気に勝ちに行く競馬を未だ見せたことがない。
ジャジャウマナラシは小回り園田で位置取りが決まった感が強い。
ヴィスヴィオはロージズインメイ×SS×Grey Sovereign×Tom Fool(Halo4 x 3)で内回り向き。
ラッキープリンスは前走枠、展開と全てがハマッた感がある。
ストゥディウムはペースが上がれば面白いが脚質的に勝ち負けになるかは展開次第と感じたので割り引いた。


回顧

オウマタイム圧勝でしたね。
やっぱり強い相手に先行して見せ場を作った馬が相手関係が楽になったときに見せる強さというのを改めて感じたなぁと思います。
ダートはやはり強い馬とやりあってこそ力を付けていくという主観があります。
馬券は単勝のみでしたが、厚めに買ったのでプラスでしたが、相手が案外すぎました。
フラットライナーズにはビックリで、ヴィスヴィオも3着ですから、ハイセイコー組の先行馬を評価するなら、この馬にも印を回すべきだったかもしれませんね。
記事を書いた後に、改めてカールトンガーデンのレースリプレイを見ましたが、結構底が見えた感があったので、やってまった印を打っちゃいましたww
スピードで押し切る、京浜盃らしいレースだったかなと感じました。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/274-2573ecdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。