砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーS 各馬考察
さて、枠順も発表になったので、1頭ずつ見解を書きながら注目馬を数頭ピックアップしておきます。
①ローマンレジェンド

鬼門の最内枠を引いてしまったが、元々スローの上がり勝負では基本的に用無し(チャンピオンズCは3着しているが、隊列の有利を確保させた岩田騎手の好騎乗によるもの)

東京D1600mはハイペースの縦長になった場合2列目の不利が少ないので内枠が必ずしも悪い成績ではない、といつも書いてきた。

☆過去5年東京D1600m
ハイペース
ハイペース1

ただ、さすがにG1でRPCI36というのはまずないと考えるのが妥当。
展開的にはコーリンベリーがどの程度引っ張るのかというところだろうか。
もうひとつは同馬が先行出来るかというところ。
常にCWで調教してきた馬が遂に坂路で追いきってきた、そして時計も上々。
フェブラリーSへ向けて出来ることはやっているという意思は感じる。
ジリ脚だが垂れることなく長い脚を使うタイプなので、消耗戦になれば浮上する可能性はあると思っている。

②コーリンベリー

前走はキズマが競りかけることなくスローペースで逃げ切り
ユニコーンSでは強気の逃げを見せ、隊列の有利を確保しながら後続の脚を削る競馬。
馬場もアシストし穴を空けるに至ったが、それでもレッドアルヴィスに完敗しているので、ここで逃げ切るのは不可能だろう。
当然ハナを主張するだろうが、どういったペースを生み出すのか、違った意味で注目される。

③シルクフォーチュン

さすがに前走の競馬が同馬の全てを物語っている。
前年と似たような流れで差し込めないのは、衰えたと見て問題ないだろう。

④コパノリッキー

この枠なら2番手は確保したいところか、コーリンのペース次第では外から被される可能性があるので、ペースが上がらない場合危険かもしれない枠ではある。
ある程度縦長になった場合は4角先頭よろしく、エスポワールシチーの後継馬となって連覇出来る能力があるかに注目したい。
個人的には現時点ではエスポワールシチーの全盛期程の力はないと見ている。
しかし、コパノが持続戦に弱いかというと、血統的にはむしろ強いハズで、今後そういった方向性にシフトしていく可能性を多分に秘めている馬だとは感じている。

コパノリッキー

コパノリッキー全体の血量として、Hyperionが強く、ティンバーカントリーによるSwapsのクロス、そしてトニービン×リヤルシャダイと持続的なスタミナを持っていると判断出来る。

ただし、それはあくまでも中距離的な持続的な持ち味という主観で、所謂金鯱賞ではトニービンを狙えというような感覚で捉えている。
前半34秒台を前受けしてスピードと底力で押し切る、といった能力ではなく、前走の東海Sのようなラップパフォーマンスを見せるといった感覚である。
そういう意味では東海S考察時に楽しみであると書いたのはこの血統見解からなる(後出しですけどw)

ただ、同馬は持続戦を上がりで差し切るというよりは先行して早め先頭で押し切るといった形が本来の持ち味なので、ペースとしてはコーリンベリーがミドルくらいの流れを生み出して、且つ外枠に被されるような競馬にならないいことが理想。
隊列的には縦長になった方が良いように思う。

⑤カゼノコ

ステップ考察の川崎記念の項でも触れたが、弛んだ流れと中距離しか経験したことのない馬で、現状では、ハタノヴァンクールのように追走ペースや走破時計に着順が影響されることが懸念される。

なので川崎記念では本命視したが、あの流れでホッコータルマエに土を付けられないようでは、少し物足りなかったというのが正直な感想。

速い流れでいつもの末脚を繰り出せるか注目。

⑥ハッピースプリント

古馬緒戦の勝島王冠で見せた脆さ、それは武蔵野Sで馬券外に散ったレッドアルヴィスとフィールザスマートの再現リプレイを見ているかのようだった。
川崎記念や東京大賞典のような展開で、サミットストーン程度に離されるようでは、そもそもの能力が足りないと判断して良いのではないかと思う。

⑦グレープブランデー

この馬が激走する条件として、ハイペースの底力戦になることが必須条件。
調教を見る限りでは、馬はまだ死んでいない、反応してからピッチが上がるようにも見えた。
しかしながら、同じ位置どりからエアハリファには差を付けられた武蔵野Sから、さすがに復活Vを期待するのは酷ではないかとも思う。
大型馬で乾燥したダートが良い、前走から更に人気も下降しそうなので、消耗戦になれば面白いのでは。

⑧レッドアルヴィス

昨年のベストウォーリアとローテが被る。
武蔵野Sでは超ハイペースが祟り敗戦も、この馬も持続戦には強いと思っている。
ベストォーリアは差しで武蔵野Sを3着、同馬は前受けして6着、評価するならば後者を評価したい。
ただ、あのペースを3歳時点で、という評価なので、ではここで印を上げるのかといえばそれは出来ない。
なによりも中距離で古馬と戦っていないので、4歳の代表格として、現時点で過度な期待はかけられないといった印象。
厩舎的にも適性的にも今後はマイル以下にシフトしていくと思われるので、来年再来年のフェブラリーSで好走する可能性はあると思う。

⑨サンビスタ

牝馬らしくそれほど馬格があるタイプではないので、出来れば馬場は渋った方が良いかなとは思う。
ただ、門別の深いダートで上がり最速を出せるのでパワータイプな印象はある。
ワイルドフラッパーが自分の競馬をしてG3でそこそこの競馬が出来るのだから、この馬だってチャピオンズCで4着と健闘したのも頷ける。
枠も手頃なところを引いた、未知の魅力を秘めた惑星かもしれない。

⑩ベストウォーリア

前年は最内枠のスローで見せ場なし。
中距離では当然更なるスローで見せ場なし。
枠も良いところを引き、適性コース、ようやく巻き返しの舞台は整ったというのは大方新聞紙上が書きそうな見解では。

しかしながら3歳では武蔵野Sで追いこんだとはいえ、アドマイヤロイヤル以下
今年の南部杯も面子が残念賞で、重賞勝馬は同馬だけというただ貰い同然のレースを圧勝では。。。

昨年は重い印を打って、自分の考察力のなさを思い知ったフェブラリーSではあったが、後日談として、自分が血統について師事しているカスケードさんと少しお話をさせて頂いて合点がいったというか。。。

ベスト

同馬はA.P Indy系でSecretariatが3本にSeattle Slew
Gone West とRoberto系でも芝適性が高かったSilver Hawk(グラスワンダーなど、種牡馬累計成績、芝67勝、ダ4勝の芝偏重種牡馬)

全体的にスピード方向に振り切った配合で、馬体からは完全にパワータイプに見えるのだが、血統故にスピード決着には滅法強く、時計の速い決着、渋った馬場でよりパフォーマンスを上げる印象。
馬場が渋るということは、ラス1Fの失速が軽減される傾向にあり、所謂底を求められないラップ推移(道中のペースはあるが)
ハイペースの底力が要求されたレースでベストパフォーマンスを出せるかといえば微妙で、G1級として考えた場合、プロキオンSでの着差は少し物足りないという感じはある(勿論着差が競走馬の強さの全てだとは思わないが)
当日はこの馬の真価が問われるのではないだろうか。

⑪ワイドバッハ

週中にも考察したが、所謂根岸組が好走するフェブラリーSのラップ推移

バッハ

まぁ推移どおりのペースでいけば、ほぼほぼ馬券内には来ると思う。

裏を返せば展開には左右されるということ。
D1600mに比べ、D1400mは差し馬のシェア率、後方馬の需要が高い。
前走のラップもペースが弛んだ失速なしで上がり最速というのは、基本的にヒラバでも次走必ず狙う。

ただ、09年のような質になれば届かない可能性は高いということ。
問題は今年の先行馬がサクセスブロッケンやカジノドライヴやヴァーミリアンクラスであるのかということに集約されるだろう。
ここ最近はあまり強い先行馬がいない印象を受けるので、チャンスはあると思っている。
問題は調教の動きが悪く、フェブラリーSは当初使わない可能性も示唆していただけに状態面での影響が懸念されるというところか。
追い切りをみたが、鞍上の仕掛けに反応しなくなっているのを、良い意味でのズルさと捉えるか、疲労と捉えるかだと思う。
表情的に辛さを感じられるようには見受けられなかったのですが、調教は素人なので適当なことは言えませんねww
ただG1としての追い切り内容としては物足りないことは事実だと思います。

⑫サトノタイガー

根岸Sでも評価しなかったように、カペラSは1頭抜けてた馬がいて後は団子。
前が全て潰れて、芝で行き脚が付かなかった分追い込んでこれた印象です(カペラSでは印は打ちましたが)

⑬ワンダーアキュート

勝負追いはいつもCWで行うので坂路はどうかな?と思ったのですが、動きは悪くないですね。
手前を変えてからもうひと伸びと元気な姿は見せてくれているので流れ次第では面白い存在ではないでしょうか。
前年はドスローと内枠に泣かされた結果。
いつまでやれるか分かりませんが、引退するまで頑張って欲しい馬ですね^^

⑭インカンテーション

G1でパフォーマンスを落として、前哨戦で好走するといったイメージが定着してきましたねw
というのもやはりG1を強気に勝ちに行く競馬をして強い勝ち方が出来る馬ではないということでしょうか。
前走は追い込んで速い流れをタナボタで拾ったのか、出遅れてなお強い競馬を見せたのか。
正直今年の同馬のパフォーマンスにおっと思わせくれたレースは皆無です。

⑮キョウワダッフィー

根岸S組好走要因に該当せず
同馬を評価すれば必然的に対抗はベストウォーリアになりますww
個人的には消しですね。

⑯アドマイヤロイヤル

絶好枠を引きました、そして鞍上横山ノリと不気味ですねww

実はこの⑧枠
根岸

根岸S組と最も相性の良い枠で人気薄でも相性の良い枠です。

根岸1

問題は上がりで、前走上がり3位以下は全て圏外

同馬の根岸S上がりは5位
PCIの観点なら大丈夫です。

なお、当日上がりは6位以下でも馬券になっています。
面白いデータですが、この馬を評価するなら、当然本命はワイドバッハになってしまいますねww


以上から

①ローマンレジェンド
③コパノリッキー
⑦グレープブランデー
⑨サンビスタ
⑪ワイドバッハ
⑬ワンダーアキュート
⑯アドマイヤロイヤル

この中から絞りたいかなと考えています^^

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/263-2ccda4e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。