砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーS考察③(短縮組)
前回フェブラリーS考察②(根岸S組)

それでは次は圧倒的な回収率を誇る距離短縮組をみていきましょう。


距離短縮脚質

やはり逃げ、先行馬が安定しています。
前走PCI値が~44以下からの巻き返しはコパノリッキーのみ
~44連続好走はエスポワールシチーのみです。

先行馬でもある程度の上がりは兼ね備えていなければダメということです。

逃げRPCI
先行

仮にフェブラリーSが前半35秒以上の流れなら、先行馬に有利に働くということでしょう。

中団RPCI

距離短縮の差し馬が入着するケースはハイペースでこそということが分かりますね。

それでは短縮組からまずは東海Sをおさらいしておきます

東海S

今年の東海S週の中京馬場は重~良に回復していく過程でしたので時計はそれなりに速いハズですが。。。
しかしながらそれほど速い決着も少なく、上がりが掛かるレースも多かったので、こんなものなのでしょうね。

やや持続的な流れをラス2Fまで加速させたのは評価に値するラップです。
しかしながら前半の流れが弛んでいる点は少し気になるところではあります。

仮に流れたとした場合、横綱競馬が出来ると断言出来るかは微妙です。
過去フェブラリーSを連覇した馬はいないので、東京大賞典でホッコータルマエに完敗したことを踏まえると、どう考えてよいものかといったところです。

コパノリッキー

もうひとつ上げると、前走PCI値が44以下で好走したのはJCD勝馬のエスポワールシチーのみです。
同馬を本命視するならば、少なくとも現時点で全盛期のエスポワールシチーと同格に評価する必要があります。
そう考えると、今回の補正タイムが100以下というのは、今年の東海Sには少しレースレベル自体に疑問を感じます。
(時計や補正タイムがレースレベルの全てではありませんが)

グレープブランデー

昨今のダートG1は時計が求められるレース質ではなくなってきていることもひとつの要因であるといえます。
(13年JCD、14年東海S、14年フェブラリー、14チ年ャンピオンズC、15年東海S、全て99以下)

インカンテーションに至っては、大勢決してからの追い込んでいるだけなので、評価するに値しないという考えです。
普通に勝ちにいった場合、G1での見るも無残な成績は語る必要はないかと思います。


それでは次に川崎記念をみておきます。
川崎記念

まず今年の川崎記念は重馬場のわりに時計がかなり遅いです。
川崎記念好走、JDD勝馬のフェブラリーS参戦の追い込み馬といえばテスタマッタが該当します。

テスタマッタ

テスタマッタは3歳時からハイペースで上がり最速を叩き出す適性のある馬でした。

テスタマッタ①

川崎記念も古馬相手の時計にも対応しています。

武蔵野S

若い馬が、古馬相手のハイペース戦になった場合、例え追い込み脚質の馬でも脚色が同じになるケースが多い。

カゼノコはチャンピオンズC時上がり2位で追い込んでいますが、同レースはスローの前残り決着でした。
同馬はマイル以下のレースを経験したことがないので、流れたペース経験が未知数。
前述した内容から、仮に流れたペースになって展開が向くかは疑問に思います。

ではミドル以上なら追い込めるのでしょうか?

feburari-.png

該当馬は2頭、ベルシャザールとフリオーソの2頭
カゼノコを評価するならば、少なくともこの2頭と同等の評価をする必要があるのではないでしょうか。

では最後に東京大賞典組ですね。

東京大賞典組①

該当馬は7頭

東京大賞典組②

前に行ったほうが良さそうです。
出来れば上がりは速い方が良さそう。

前走負けから巻き返した馬は①でも記載しましたが、ブルーコンコルド、ユートピア、エスポワールシチーの3頭

エスポワールシチーに関しては大賞典は大きく出遅れて後方スタート
同馬の持ち味を生かせないレースでした。

ユートピアに関しては大賞典好走後の05年フェブラリーSでは出遅れ
巻き返した06年はスタートを決めて先行しています。

ブルーコンコルドに関しても、内枠出走で外から包まれポジションを下げ敗戦した大賞典から08年フェブラリーSでは先行し好走しています。(東京大賞典2着は外枠発走で捲り→07年フェブラリーS2着は後方から追い込み)

エスポワールシチーは2秒以上の負けから普通に巻き返しているので着差は気にしなくても良いでしょう。

今回はワンダーアキュート、ローマンレジェンドが該当。

ローマンレジェンドは出遅れでしたので、先行出切るかが鍵になります。
ただスローでもテンに遅いので果たしてマイルで先行出切るかは少し疑問に思います。
しかしながら、同馬の好走条件から決してマイルが合わないとは思いません。

ワンダーアキュートはさすがに衰えたような負け方でしたが。。。
チャンピオンズCくらいの脚が使えれば、流れ次第で3着くらいに来ても驚けないように思います。

なんだかんだで7歳以上が過去10年で6頭も入着しているレースですからね^^;

大まかなステップ分析は以上です。

あとは出走馬と枠順が決まってから各馬の簡易考察をしようと思います。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/261-9d1ed7ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。