砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーS考察②(根岸S組)
前回フェブラリーS考察①

さて、それでは次に前走ステップから考えてみる。
まずは根岸S組からみていこう。





前回考察から、少なくとも上データのみでの観点では、上がり1位~2位以外はバッサリで良いということがわかる。
では、差し追い込みが来るときはどういった上がりの質と展開が必要なのか見ていくとする。

根岸S組

逃げ切ったメイショウボーラーを除き、基本的に根岸S組が馬券になる場合、当日のフェブラリーSで上がり最速を叩き出す必要がある。(メイショウボーラーは前走根岸Sを逃げて上がり最速なので例外中の例外)

根岸②

14年のシルクフォーチュンはRPCI値を見ても分かるようにスローなので除外する。
ここで注目したいのが09年ヒシカツリーダーと06年のタイキエニグマの凡走である。
特にタイキエニグマはRPCI33.0と相当のハイペースなのにも関わらず10着である。
まぁ―3F差が2.3秒というところでお察しではあるが。

09フェブラリーS

09年のフェブラリーSは前半はそれほどハイペースではないが、中盤に11秒台が4F続くマイルらしい流れ、、このラップで先行馬にラス2F12.1-12.4で纏められては後方待機の馬に出番はない。

09根岸の勝馬、フェラーリピサですら掲示板がやっと、それくらいに上位4頭が強かったともいえる。
前年の覇者ヴァーミリアンでさえ、6着に敗れている。

、エイショウボーラー

メイショウボーラーが勝った05年も同様に中盤に弛みがないレース質であり、先行馬で決着している。
ただこの年は不良馬場であったことも大きく影響していると思うが。

タイキエニグマ

タキエニグマについては06年の根岸Sのレースレベルに疑問であり、ややハイペースではあるが、後4Fに11秒台がなく、全体上がり3Fも遅い。
最低でも根岸Sでは上がり35秒台は出すくらいの上がり性能が必要なのではないだろうか。
(ビッググラスは上がり36.1で好走しているが)

ワイルドワンダー

ワイルドワンダーに関しては、もともと中距離重賞実績があり、こういった先行有利な加速ラップを末脚で圧倒する上がり性能が高かったことから、短距離馬としての括りから除外しておく(時計も優秀)

根岸③

根岸S組が好走したラップをみてみると共通する点がいくつかあることが分かる。

以上を要約すると、根岸S組が好走するためには

①前半3Fが34秒台になる
②LAP5~6Fで12秒台が連続する
③根岸Sで上がり3Fが35秒台である(1位~2位でも可)or中距離実績がある(ビッググラス、ワイルドワンダー)もしくはその両方

の3点ではないかと思う。

15根岸S

①、②は展開次第で条件が向くかは当日のペース次第

③をクリアしているのは、エアハリファ、ワイドバッハ、ゴールスキー、グレープブランデーの4頭

アドマイヤロイヤルは中距離実績が未勝利の芝レースのみで前走上がりが低いので消し
キョウワダッフィーも同じく消し

ただし、根岸S組4着以下の巻き返しは過去10年で1度もない

グレープブランデー、ゴールスキーには厳しいデータではある。

エアハリファは出走回避とのことなので、根岸S組で有力なのはワイドバッハということになる。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/260-002a59da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。