砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーS考察①
早いもので、もうフェブラリーSがやってきます。

昨年の記事を読み返していたのですが、まるで同人誌ww
ですが、あの時はあの時なりに一生懸命書いていたなぁと思い出しましたね^^

今年も同人誌になるかもですがww

ブロとものMタキさんから、『漫画考察楽しみにしてま~す』とリプ頂いたんですけど、今回はG1なんで真面目に考察しますw
とはいえ、会話形式の考察内容は読みやすくて頭に入ってきましたと、ある方からお言葉を頂きました。
自分は半分ふざけて書いていたつもりなので、意外だなぁと少しビックリしたことを覚えています。
小難しい考察よりも、読んでいて楽しい、面白い、そんな記事を今後も書いていきたいとは思っています。
ですが今回は年2回のG1なので、簡潔且つ内容のあるものを書ければ良いのですけどね^^;

それでは、いざ!フェブラリーSの考察と参りましょう♪






まず、フェブラリーSを考察するにあたり、東京DマイルG1というものは、ある程度流れたレースであるものと仮定しながら考察していきます。
当然スローになる可能性もあります。
ですが、基本的にマイル戦に求められる資質というものは、自分はスローの瞬発力勝負ではないという主観からになります。
マイラーの本質とはそういったものではありません。
当然レース質を決め付けることは危険ではありますが、考察するにあたり、ある程度の指針を定めた上で、ペースへの懸念を考慮していくというスタイルで予想していくことを先に申し上げておきます。

さて、それでは本題へ移ります。

もう周知の事実でしょうが、このG1は距離短縮の成績が圧倒的に良い。

FS前走距離

距離短縮買っておしまい♪

ではどうしようもないので、距離短縮馬について少し掘り下げてみようと思います。
実際どういったケースで距離短縮馬は好走するのでしょうか。

距離短縮RPCI

当たり前ですがミドル以上での回収値が高いです(コパノの恩恵もあるけど)
~36のハイペースで好走しているのは06年の1~3着馬です(カネヒキリ、シーキングザダイヤ、ユートピア)

距離短縮前走RPCI

面白いことに前走RPCI~44の馬の回収値が低いこと
~44組


しかしこれはマユツバのデータかと思います。
なぜならフェブラリーSのRPCI~44での前走レースを見ると

~44組前走レース

まず川崎記念組は08ヴァーミリアン、05シーキングザダイヤ、13ワンダーアキュートの3頭です。

ヴァーミリアンは07JCD(東京D2100m)を良馬場2:06.7(レコード)
シーキングザダイヤは3歳時NZT勝ち経験有(持続戦)
ワンダーアキュートは12JCD阪神D1800mを2着良馬場1:49.4

東京大賞典組のブルーコンコルドも然り(06東京大賞典、稍重2:03.5)【12.2 - 23.1 - 34.8 - 47.3 - 59.9 - 72.7 - 85.8 - 99.0 - 111.2 - 123.5 (34.8-37.7)】、いずれも厳しいペースや時計の速いレースで結果を残してきた競走馬です。

それでは、もうひとつ違った目線で見てみましょう。

RPCI.png

フェブラリーSのペースが~44以下のやや流れた場合、延長馬の回収値が上昇し、短縮馬の成績が著しく下降します。

しかしながら、1800mに比べ、2000m組(東京大賞典)の複勝率は高いままです。

前走1800m脚質

前走1800m中団の馬は良いですが、逃げ先行馬は全滅です。(上がり3位以下も全滅)

前走1400m組

では前走延長(1400m組)はというと、こうなります。
前走上がり1位の複勝率は100%
2位でもOKです。

当たり前の観点かもしれませんが、ハイペースになれば延長組の上がり優秀馬>短縮の先行馬という数字になります。

では、なぜか回収値を下げなかった2000m組(大賞典)はどうなのでしょうか。

前走2000m

前走5着なら巻き返しは可能です(データ的には)
巻き返したのはエスポワールシチーとブルーコンコルド


以上から~44以下になった場合、ワイドバッハの入着期待値は上がり、コパノリッキーには脚質から不安なデータが残る(上がりは2位なので好走データもある)
ローマンレジェンドはデータ的には巻き返せる要因が全く無いとは言えない、となる。
中京レコードホルダー、14エルムS不1.:41.9 12エルムS良1:42.2 12JCD1:49.7

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/259-ba029b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。