砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダートレースの予想スタイル①(比較編)
新年最初の記事は何にしようか悩んでいたのですが、レース考察は根岸Sまでお休みすることにしました。

というのも、特定レース考察記事を書く時間<自分が参加するレースの予想時間に配分を置きたいと考えるからです。

変わりにとは言ってはなんですが、最近重要に思うスタイルを定義、メモとして残し後に活用出来るかを記していきたいと考えています。

長編になりそうなので、週1更新くらいで考えています。

おおまかなプログラムは

①横の比較>縦の比較

②能力値が拮抗している場合の縦の比較の活用性及びその様々な方法

③強い逃げ馬、頑張った逃げ馬、楽な逃げ馬(先行馬含む)

④差し馬の次走3ランク分け

⑤個体を考える時の注意事項

⑥コース形状によるラップ推移(起伏や形状による因果関係)

⑦重馬場時のラップ変化と天候変化における馬場バイアス差


大きく分けて7つの項目に分けてみました。

それでは今週は①から考察していきます。
なにを今更当たり前のことを。。。と思われたそこのあなた、そっとブラウザを閉じましょうww

自分の予想スタンスは変化していると思います。
それは様々な優秀なブロガーや予想ロジックを持った方の影響が色濃く。
ただ自分なりの解釈なので合っているかどうかは分かりません。
ただ似たようなこと、今更なことも書いているのかもしれません。
ですがそんなことを気にしていては何も書けませんしw

見て気分の悪くなる方は見なければいいだけの話ですからね。


前年の前半時期、ちょうどラップや血統などにハマっていたときに陥っていたのが、単一的(ミクロ的に)ものごとを捕らえがちで、所謂ニックスであったりとか配合、ラップ適性だけを見ていたような気がします。

そういった場合、特にヒラバのレースでは痛い目にあった記憶も多かったことを覚えています。
極論から言えば、競馬というのはどの馬が1着~3着に来るかを選ぶゲームですから、強い馬を買えということになります。(オッズは関係なく)
なにも知識がなかった時期は出馬表と睨めっこしながら予想していませんでしたか?
少なくとも自分はそうでした。
ですが、ラップや調教、血統、オッズでもなんでも良いんですが、色々覚えていくうちに、ハマって万馬券を立て続けに当てたりすると、これは素晴らしい!となって、やや凝り固まった思考に陥っていったように思っています。

まぁそれでずっとプラス収支の方々にとやかく言うつもりはありませんのであしからず。
自分はそれではダメだなぁと思ったことから、最近はどの馬がどの馬に勝ってとか、レースレベルに重きをおいて予想しています。

わりと地道でメンドクサイですが、原点のような気もしています。

きっかけとしては、血統についてなんですが。

私が血統考察において師事しているカスケードさんの一文が目からウロコでした。
特に前年の菊花賞考察は素晴らしいと感じていますので抜粋します。

菊花賞攻略会議
15:カスケード : 2014/10/22 (Wed) 00:01:07

~中略~
サウンズオブアース

この馬は母系に底力と成長力があるので評価候補の1頭は分かるのですが、
ネオユニを淀の外回り3000mのG1クラスで素直に手放しで評価して良いのかというのはあって
去年くらいから菊花賞は全然菊花賞らしくない馬が多いというか

血統的には適性▲〜△くらいの評価しか出来ないのに
そもそもの能力や配合ポテンシャルが高い馬達

血統的には適性◎〜○で評価したいのに
そもそもの能力や配合的に足りない


こういうかたちが多い印象を受けるので、
血統派の方々もおそらく評価する馬に以前より悩むようになって来ているかなと思いますよ。^^;

~以下割愛~

このように、血統を予想の根底としている方でも冷静に足りる足りないということを加味しているのです。
自分が如何に短絡的な物事で今まで雑な考察を行っていたことに恥ずかしくなりましたね。

これはなにも血統に限らず、といったように思います。

普通に考えれば、わりと当たり前のことなので、冒頭に何を今更。。。。と記した経緯になりますw


しかしながら、縦の比較や個体について否定するわけではありませんし、有用であると考えています。
その項目については②、⑤で掘り下げる予定です。

前置きが長くなりましたが、本題に移りたいと思います。

①横の比較>縦の比較

まずサンプルケースとして観月橋Sを見てみたいと思います。

このレースに出走した馬は後に人気薄で好走している馬が多いのですが、単純に必ず見るポイントとして。

①枠、通過順位
②PCI値 上3F
③LAP RPCI

あとは年齢や、着差、斤量、通ったコースなど上げればキリがないですが、大まかにこの3つを見ています。

比較①

比較②

観月橋Sで3着だったミッキースマホは次走東北Sでも好走するのですが、オーヴァージョイドの着順も上がっています。

レースとしては上がりの失速が平均で考えられることは3つ

①先行馬有利に働いた可能性
②上3F差比較から差し込める上がり性能馬がいなかった
③東北S<観月橋S

と考えます。

比較③

観月橋S時点でのー3F差から位置と上3F差を考えれば、オーヴァージョイドがミッキースマホを抜くことは難しいでしょう。
まぁ小学生の算数レベルの話なのでたいそうに書くことでもありませんねww


ではその次走、北総Sではどうなるのでしょうか。

比較④

観月橋Sで凡走したベルサリエーレ、アサクサポイントが着順を上げ、ミッキースマホが5着、マイネルバウンスが3着とスマホを逆転しています。

レースとしては上がりの掛かる失速戦、差し馬に展開が向いたラップです。
過去走を見てみると、ベルサリエーレはミッキースマホやキクノソルに先着しています。
別にキクノソルが強いとは思っていませんが、狙える点としては3つ

①休み明け凡走(プラス2桁体重)後、叩き2戦目
②3人気ミッキースマホに先着している経験がある
③前走京都D1800m先行馬の成績
1600万限定なら
中山D1800
全体でも
中山D1800①

となります。
アサクサポイントの好走、(その後のフェアウェルSでも勝っていますが)はまた別の理由もあると考えますが、上記の比較からの要素も大きいと考えています。

他馬については、色々書くよりもコレ見たほうが早いです。
比較⑥

このレースにおいて何をどう評価するかというのは、後の考察③~④で掘り下げる予定です。
(ここにもマンボダンサーが4着以下とほぼ差がないことにも注目してください)

次に北総Sでミッキースマホと共に人気を裏切ったマイネルクロップ

比較⑤

京都D1900mらしからぬ失速戦(これも⑥で触れる予定)
差し馬各位は展開が向いた(これも④で以下略)
事実上位馬は次走凡走しているのですが(マイネルクロップは先週勝ちましたが)
マイネルクロップは北総Sで通過順位7-4-3-2と勝ちにいく競馬が祟ったように思います。
前走は中団から展開が向いた差し馬ですから、同じレース質ですが、今回は早めに先頭に立とうとして直線失速。
前走と同じ競馬をしていれば勝ったとは言いませんが、少なくとも前走を4角先頭くらいで入着していないので、求められる競馬とは違いますね。

早い話が、このクラスの馬はわりと能力が拮抗していて、競馬次第では着順が入れ替わる可能性があります。
外から捲くって勝つというのは、物理的にコースロスも多く、メンバー中の能力が圧倒している場合が多いように思います。

マイネルクロップは京都コースでは休み明けの1戦を除き全て3着内ということから、京都コースを最も得意としている馬であったこと。
ただ、これは横の比較ではなく、個の話であり、縦の比較の分類であるとも考えられます。
(アサクサポイントも中山巧者)

ですので、あくまでも横の比較ありきで、能力差を比較し、出走レースの条件がプラス要素になりえるのか否かを判断していくことが重要ではないかと考えています。

このポイントが②以降の考察に繋げていくことで、単一的に深い知識が生きてくるのではないかと考えています。

※余談ですがマンボダンサーは南関東に転厩しました。

比較⑦

7歳馬でプラス32kg
お世辞にも良い馬体とは思えませんでしたが、結果は2馬身差完勝
同馬には調教がてらのお散歩レースだったとしても、中央1600万で4着馬と差のない競馬をしていた馬。
南関東格付けB1クラスの馬相手なら勝ってしまうというのが、横の比較というものではないでしょうか。

地方17

ドリームネイチャー残念でしたねww

ではまた次回!笑
②能力値が拮抗している場合の縦の比較の活用性及びその様々な方法

に続く!

コメント

明けましておめでとうございます。ムッシュさんの考察にはいつも説得させられます。ターゲットとパソコンが無い僕にはちょっと活用しづらいですが、いつかパソコン活用出来るようになればと思って参考にさせてもらってます。また、ブログ更新楽しみにしてますm(_ _)m
[2015/01/08 08:19] URL | フォース #- [ 編集 ]


>フォースさん

返事が遅くなって申し訳ありません。

あけましておめでとうございます^^

コメントどうもです!
twitterの方でもいつもありがとうございます^^

そうですね、ですが予想自体はターゲットがなくても出来ると思いますよ!
自分なんてターゲットの1割くらいしかまだ使えていないと思いますし。。

そんなことより、フォースさんの調教ロジック!いつも馬券でお世話になってます^^

今日も炸裂してましたよ!
プレシャスルージュもそれに該当してたのかな!?

自分の◎だったのでこのミックスは使えそうですね^^

2月京都は是非見に行こうね!
個人的にはハープが出るなら京都記念を見に行きたいなぁ。。。

帰りは京橋で飲めるようにダート予想もしっかり予習して貢献出来るように頑張りますw
[2015/01/12 18:36] URL | mussyu #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/243-5809d205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。