砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオンズC考察③~ステップ比較~
それではステップの比較に移る。

前年との比較もかね、フェブラリーSも併せて比較を行う。

まず先程の続きになるのだが、フェブラリーSと武蔵野Sも重ねて比較しておこう。


武蔵野S フェブラリーS 比較

2014年フェブラリーSは勝ちタイムも遅く、スローで先行馬有利の流れ、隊列は縮まり内枠各馬が不利を受けている。
勝ちタイムが遅い=レースレベルが低いというのはここで間違いだと言うことが分かる。
最強馬論争にあまり興味はないが、こと馬券を当てることに限ってはこのようなレースラップを先行して勝った馬は条件問わず後の成績が優秀であることが事実だからである。

重要なのはどういったレース質で好走するのかということである。
スローで前有利だからといって弱い馬ではフェブラリーSには勝てないのである。
今年のかしわSもスローでコパノリッキーが勝利。
前年もホッコータルマエの圧勝。

かしわ記念

これを見るだけではコパノリッキーは中距離向けのように感じるが、スローもあってセイクリムズンが2着に残っている(前年5着、13年セイクリムズンについては位置取りもあるように感じるが)

話は逸れたが、2013年のフェブラリーSは持続的な流れであったことが分かる。
故にグレープブランデーやワンダーアキュートが好走し、エスポワールシチーも高齢であったが2着と復活している。

武蔵野Sについてはレース後にツイッターで言及しておいたが。

ついったyy

という言葉が全てで、ラップ推移と通過位置を比較すればベルシャザールより数段劣るのは明らか。

グレープブランデーにおいてもこのラップだから来たのかといったことが分かった。

そういう意味では上記2頭の推奨材料は少ない(仮に差しに回ったとしても、ベルシャのそれには及ばない)
ベルシャザールはダービー3着馬ということもあり、瞬発力戦に対応出来たのは当然だったが、スローからの勝負ではホッコータルマエやコパノリッキー相手を後方から差しきることは出来なかったようである。

しかしながら、13JCDはロングスパートの4F戦だったことと、14年のフェブラリーSは異質で上がり3F戦になってしまったことも言えるのではないだろうか。

強烈な決め手を発揮して勝利したワイドバッハだが、データ的には買いにくい(考察①参照)
あるとすれば、今回中団から上がり最速を出してきたケースなのだが、エニフSを見る限りでは厳しいように思う。

武蔵野S組を整理すると

①武蔵野S組が好走するには持続的な流れになる必要がある

②先行馬2頭はベルシャザールのパフォーマンスよりも劣る

③弛んだ場合、エアファリファはアンタレスSで敗戦している

④ワイドバッハは脚質が中京コースのデータ的には狙い辛い、位置取りが掛かっても上がり最速の期待値は低い


ではみやこS組を見てみる。

みゃこSJCD

14年はかなり異質だったことが分かる。

解せないのはインカンテーションが勝ったことである。
このラップを好走するなら13JCDはなぜ?ということになるw
確かに外枠から掛かりながら追走していたし、3歳馬が外から横綱競馬して勝てるほど古馬G1は甘くない。
(アスカノロマンのみやこS時にも言えることではあるが、3歳時のインカン>アスカではあるけども)

ただラス2Fが失速しているのは少しいただけない感はある。
ナムラビクターあたりが時計負けせずに3着にこれたことも走破時計と大きく影響した感は否めない。

整理すると

①14年みやこSは阪神D1800のような上がり勝負のレース質だった

②例年のみやこSよりも1秒以上遅いというレース質だった

③レースレベルとしては13年JCDと比較すれば物足りないように感じた



ではコパノリッキーはどうなのか見ておく。

帝王賞比較

馬場差はあるとはいえ、13東京大賞典は明らかにタルマエが好走するラップ。

13帝王賞は中盤流れている分ニホンピロアワーズが上位に、それでもタルマエが勝った。
そして逃げたカタチになってしまったワンダーアキュートは少し苦しくなったが3着に健闘。

14年は13年と違って中盤は弛んでいる東京大賞典に近い波形(テンの違いはある)
テンが流れた場合、コパノリッキーの決め手に少し不安を感じないでもない。
この辺は枠と位置、仕掛けの差で上位は入れ替わる気がしないでもない。
大井外回り、特に2000mは外枠の成績が良く、ワンダーアキュートはしっかりと前をマークして決め手を発揮出来たからと考える。

ワンダーアキュートを基準に考えると、13帝王賞は1枠で逃げるしかないケース(大井外回りは包まれてポジションを下げると追い込みやポジションを上げるのが難しいコースなので、しかも馬場は不良)
後続は前を見て仕掛けることが出来るので本来のカタチではない逃げで致し方ない敗戦。

13東京大賞典においてもサトノプリンシパルが作ったスローな流れで前半を推移、しっかり先行馬をマークしたホッコータルマエの完勝でラップも向いた感はある。

整理すると

①コパノリッキーは流れた場合決め手に一抹の不安はある

②しかしながら盛岡JBCクラシックは重馬場とはいえ勝ち時計はかなり速い(カゼノコの追走ペースや位置取り、縦長の展開、ベストォーリアの通過順位と着順からそれなりに流れた可能性)

③地方に限り、展開、位置、枠、仕掛けなどの差で着順が逆転するケースはある

④クリソライトは仕掛けを遅らせて、やや早めに動いたワンダーアキュート、ホッコータルマエを捕らえる騎乗だった

⑤ワンダーアキュートの帝王賞の走破タイムは2年続けて全く同じタイムである(上積みもなければ衰えもない)


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/230-9270ed39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。