砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都D中距離①~考察編~
記事にはしていませんでしたが、東京と平行して京都もなんとか戦えるレベルに上げる為に考察を続けていました。

東京開催へ向けてで考察した距離短縮の項については、コース特性上弛みが発生しやすい京都コースの方が狙える印象はありますね。

それはさておき、レースは短距離戦ばかりではないので、中距離の攻略法も編み出す必要があったので、今回纏めてきたことを記事にした次第です。

また長くなりますので、重賞以外興味の無い方はスルーでおねしゃす^^

例によって昇級戦を基本に考察を進めます。
なぜ昇級戦かといえば、同クラスでも前走レースレベルは補正タイムやラップなどで調べればよいので、サンプルが少ない昇級戦でみていけば自ずと同クラスでも応用が利くと考えるからです。
同クラスで前走レースレベルが高い馬は人気になりやすいということもありますが、昇級馬の前走レースレベルを的確に捉えることが出来れば、馬券妙味が発生しやすいのではないかなと考えます。

距離短や開催変わり、昇級戦など、能力比較が馬柱ではしにくいレースなどは、より妙味が発生しやすい印象はあります。
同クラスであったとしても、人気に関わらず、好走するしないの判断基準になりますので、比較的馬券はこちらの方が当てやすいように思います。
(オッズ的に安くても少点数で当てればよいと考えます)

☆過去5年 京都D1800~1900m 全クラス

京都D中距離0

それでは昇級戦の前走を見ていきます。

京都D中距離③
京都D中距離①

東京マイル戦でも書きましたが、似たような傾向かと思われます。
単複回値の観点からすれば~44に妙味があるような気がしないでもありませんが、確立的に言えばそれ以上の馬のほうが安全な気がしますね^^


それでは、脚質を見ていきます。
逃げ先行有利なのは周知の事実ですので、今回は、意外に回収率が良かった中団、京都コースでは脚質的に狙いにくいと思われる後方馬を調べてみます。

京都D中距離⑨
京都D中距離⑭

まずは中団馬

まぁ勝ち上がってきた馬ですから上がり上位は当然、ただ面白いことに、前走中団馬でも。。。

京都D中距離⑮

今回先行しているケースが優秀であることがわかります。
枠順はそれほど差はありませんが、やや内枠優勢でした。京都コースならではでしょうか。
とにかく出した方が良いのは明らかでしょう。

次に後方馬

京都D中距離②

ハイペースの差し馬で勝ち上がってきた馬は基本的に狙いにくいという結果です。
これは後述しますが、前走同クラスでも同様なことが言えるのではないかと考えています。

京都D中距離④

基本的には、上がり1位以外は消しで問題なく、前走ペースもしっかり把握しておけば、迷う必要はなさそうです。

さて、今回はたまに見かける 『捲り』 についてスポットを当てようと思います。

京都D中距離⑤

地方競馬ではよく見かける『捲り』
地方では直線が短いので、隊列の不利を埋める為に行う戦法で、他馬より長く脚を使うので失速する場合が多いです。
これは、エンジンの掛かりが遅い馬や、短い直線でゴールまでに上手に脚を使いきるための騎乗方法と解釈しています。

なるべく機動力があったりピッチ走法気味の方がコーナリングスピードは速いので捲りに適しているとは思います。
ですが、条件戦で1頭1頭走法を調べるのは非効率なので、数値的に捲りってどないやねん?という疑問を解消できればと思い調べてみました。
ちなみに馬也でグイグイとポジションを上げていくのは『捲り』には該当しません、あくまで騎手が意図的にポジションを押し上げる(スパートに入る)ことを『捲り』と私は認識しています。

弱い馬が捲ると当然失速して脚は上がってしまいます。
基本的に『捲り』はラスト1Fは失速するという性質を持っていることも重要と考えています(ラップの動き(加速)が早い地点で起こる為)

よって捲りが決まったときに入着した後方の差し馬の次走は、人気が上がる為、期待値は下がるのではと考えています。
(先行馬の失速が要因で差しこんだケース)
注意しなければならないのが、捲った馬が強かったケースで、走破ラップにさほど失速が少なかった場合、レースラップとしては差し馬も前走ラップからは判断出来ないことになります。
詳しくは、まだ考察途中ですが例として応用編で後述しておきます。



京都D中距離⑥
京都D中距離⑯


捲りは基本スローペースを破綻させる為に使ったりもしますが、実際捲りが決まるケースはRPCI~52以上で多く発生していることがわかります。

捲りで勝ってきた馬は派手さがありますが、上がり3Fが3位以下の馬は消しでよさそうです。
前走PCIが~44以下の馬は全滅しています。

あと、意外と昇級で勝ちきれていないことも分かります、単勝系は嫌ってみるのもアリですが、2着が多いのもポイントです。

京都D中距離⑦

もうひとつ面白いのが前走4角位置です。
前走4角3番手までが、捲り入着数の8割近くを占めていることが分かります。
これは同クラス内で後半のラップが他馬より抜けていることを示しているのではないかと考えています。
逆に言えば、先頭近くまで上がっていけなければ、上では通用しない可能性も同時に示しているのかもしれませんね。

京都D中距離⑧

入着した馬の補正タイム指数が100に近いのは当然ですが、98以上の馬の前走補正タイム指数は100以上の馬が殆どだったことを付け加えておきます(昇級戦だから当然ではありますが)

前走捲りで勝ち上がってきた馬の取捨てのひとつに指標となるかもしれないのではと思います。

次回、応用編に続く^^

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/222-b297d2f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。