砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京大賞典考察①
東京大賞典は大井2000m(外)で行われる。
大井

外回りコースの特徴はなんといっても直線386mの長さ。
地方競馬場では最高峰の大箱コース。

東京競馬場には劣るが外回りの1周距離1600mは京都競馬場と同等の長さ。
そして平坦コースであることがポイントである。

スタートから1コーナーまで長く、枠順の有利不利はあまりない。
コースレイアウト的には阪神ダート2000mをイメージすると近いように思う。

個人的に大井外回りコースは外枠の成績が良いように感じる。

過去5年のラップは以下
東京大賞典

2010年、2011年はスマートファルコン&ユタカによるラップ(変態)なので参考外。
この水準で上がり最速に近いタイムで逃げ切るのだから後続はなす術もないのは当然だろう。

既出であるかもしれないが、大井競馬場は良馬場の方がタイムが出やすい。
あくまで個人的な見解ではあるが、砂質の影響というよりも、競馬場で行われる調教や週の施行回数、馬場管理状態の経費差(中央)が考えられる。

幾度となく踏み固められた馬場は、粘土質な馬場となり時計が掛かる。
といった見解を私は持っている。

話は少し逸れたが、スマートファルコンが出走した2年を除外し。今年の帝王賞と比較してみる。
帝王賞比較

ラップを眺めると1コーナで弛み、中盤加速、3コーナーで弛みまた加速、ラスト失速。
と2段構えの加減速、そしてラストの加速区間が最大値であることから、やはり決め手が重要なコース。

2009年、地方馬セレンがロールオブダイスにアタマ差の4着に肉薄(上がり1位36.5)
2008年、上がり1位、2位のワンツー(カネヒキリ、ヴァーミリアン)
2012年は上がり上位3頭で決まっている。

今年の帝王賞も上がり上位3頭で決まっている。
やや時計出る馬場であったが不良馬場、追い込み勢には厳しい施行条件だった。

今年の中央参戦馬は5頭

サトノプリンシパル
ニホンピロアワーズ
ホッコータルマエ
ローマンレジェンド
ワンダーアキュート

地方馬はプレティオラスが良い末脚を使うが、さすがにこの面子では厳しいだろう。

個人的にはサトノプリンシパルが今年の鍵を握っているような気がする。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/22-735653a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。