砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みやこS結論
なんだか悩みすぎて頭が痛いww

こういうときは週中の考察とファーストインプレッションを大事にします。


◎ブライトライン

本命はブライトラインにしました。
前走は臨戦仮定も悪く、最終追い切りも本来の動きには程遠い印象だった。
今回坂路の動きを見る限りでは、前走より状態も良いことは明らか。
3歳時のインカンテーションと、59kgとはいえローマンレジェンドの追撃を早め先頭から纏めて面倒を見ているのも事実。
みやこSのレース質については前年の勝馬だけに問題ない。
自分は前年の予想後、6Fの弛みから瞬発力が求められ、それによりローマンレジェンドが敗れたものだと思っていたが、よくよく考えると先行馬が垂れてきているだけで、同馬はそれを交わし、後3F地点では先頭に立っている。
ということは、ブライトラインの6F目の区間ラップは12.7ではなくそれ以上だと思われる。
ならば、賭神さんの考察である、斤量による高速決着による不利が大きかったのではないかと
思いなおした次第である。

リズム重視といっておきながらCタイプの凡走明緒戦を狙うのはどうなのかと言ったところだがw
調教は単走で集中して走れていたと判断して狙ってみる。

〇クリノスターオー

エルムSでは一貫ラップの持続戦、そして時計面でも対応している。
本来軸向きだと思われるが、それでもエルムS時、先行絶対有利の不良馬場でもローマンレジェンドにねじ伏せられていることも事実。
その後倒してきたメンバーはいつもの4歳相手、充実一途は疑うべきでない事実で波に乗っている厩舎だが、ここでも先行して纏めて面倒を見るか注目したい。

▲アスカノロマン

前走ラップがかなり優秀で、1.49秒台の決着にも対応してくるだろう。
レパードS後、しっかりと休養にあて、かなり成長面が伺えた勝ちっぷり。
レパードS時は初遠征もあってか本来の競馬ぶりではなかったようにも思う。
前走は本命にしたが、正直ここまでのパフォーマンスを見せるとは思ってもいなかった。
しかしながら、やはり大外枠は不利に働くと考察したことを考慮し印を下げてみる。

△インカンテーション

2走前は相当強い競馬を見せたが、ホッコータルマエの4歳時の充実期と比べるとやや見劣りする気がする。
今回は人気も背負い、外枠から勝ちに行く競馬をすると思われるが、JC後完全休養した割にはOP馬相手にややパフォーマンスを下げたことも少し気になる。
対抗予定であったが、杞憂に終わる走りを見せてくれればそれはそれで嬉しい。


以上4頭

ニホンピロアワーズは7歳でもまだまだ強いだろうが、やはりパフォーマンスの衰えは否めないとみて、あえて切ってみる。
ランウェイワルツも少し使い詰めで上積みは少々疑問。
元来ゴールドアリュール産駒は2歳戦に強く、成長するのが4歳春~5歳にピークに入る印象。
産駒のダートG1馬はみなそうだった。
この馬はまだもっと強くなる可能性を秘めているが、本命にする日はもう少しとっておくことにしよう。
脚質的にも少し狙いにくいし、前走の比較からアスカノロマン>ランウェイワルツとした。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/209-a4d124a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。