砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みやこS予想
明日は帰りが遅く記事を書く時間も無いので予想あげちゃいます。


まずダート重賞は基本リズム重視で前走5着以下の巻き返しは同重賞もインカンテーションとローマンレジェンドの2頭のみ。
まぁ歴史は浅い重賞なのですけども。。。
1800m時の平安Sもまた然りです。

京都のOP以下と違い、かなり時計も速い決着で1分49秒台のレースになると思います。
かなり持続的な流れになると思われるのですが。。。。

賭神さんのコメントみたら、確かに理解できますし、3歳馬もアリかなと思ったりもしますww


では各馬の主観から

1.ブライトライン

枠は良い、前年の勝馬
リズム×、前走よりも調教はまともなので1度の凡走で嫌うのもどうかなといった気はする。
元来末脚絶対値で勝負する馬でもないのは根岸SとJCDで証明済み。
調教は前走よりは若干マシかな、馬也でこの時計ならば、少し頭は高いのが気になるが。。。

2.ソロル

個人的には持続向きと思っている、瞬発力で勝負するタイプではなく、小脚を使って坂の下りで勢いをつけないとダメなタイプっぽい。ピッチ気味。
騎手が恐いけど、手は合わなさそうなイメージ。
ガチでやり合おうとしたら倒した相手を見れば弱いのは明らか。

3.マイネルバイカ

前走は狙ったが連荘あるかといえば微妙。
騎手変わりもどうかなぁ。
東海Sは上手く乗ったイメージ
みやこSは前走RPCI、PCI60以上の馬は全滅
シリウスS組が相性悪いのとリンクする。
個人的には坂があった方がいいような気がする。
枠は絶好。
本調子を取り戻したようだし、良い状態での出走にはなりそう。

4.ランウェイワルツ

2歳時から言っているが配合はG1級
前で起用に競馬するタイプではなく後方から捲くっていく競馬が合うと思う。
末脚は非凡、浜名騎手の脚の使いどころに注目したい。
脚質的に狙いにくいけど、昨年はインカンテーションが差しているのも事実。
あの位置まで捲れるか(4角で射程圏)がカギ


5.クリノスターオー

エルムSの見解から印を付けていた馬で、もともとここで本命を打つ予定だった。
上がりな重要な阪神ダートで先行して内を割って抜け出し完勝と脱帽のレースぶり。
充実一途は間違いなく、レース適性が合わないはずのレースを勝ちきったのは高く評価したい。
枠も良いところを引いた。
スピードある配合、持続戦向き、底もある。

6.イッシンドウタイ

評価する必要なし

7.ニホンピロアワーズ

同馬も阪神で勝ちきれなくなっているのはやはり加齢から瞬発力の衰えを感じる。
しかしダイオライト記念ではまだまだOPクラスの馬などものともしないところを見せ付けている。
もともと曲飛節で小回りのスパイラルのような捲れる競馬場が理想。
ただ、帝王賞では枠と逃げた展開もあってか失速。
持続向きの流れは向いているハズなので、嫌う理由は加齢による衰えだけか。
調教はスピード感を感じなかったが馬也ということで、元来ホワイトマズル産駒は叩き良化型が多く同馬も同じことが言える。
勝負気配としては先を見据えたような感じを受けたが。。。

8.カシュカシュ

前走は軽ハンデを生かして捲り差しがハマッた。
このメンバーで同じことを期待するのは流石に無理だと思う。

9.ラガートモヒーロ

足りないものは足りないと評価するのが競馬予想です。

10.ナムラビクター

スピード競馬には向かないと思っている。
平安Sでも嫌ったが、1900のペースは合うと判断しているのにも関わらず嫌っている。
これがどういう見解か。
よってここで印を付ける訳にはいかない。
配合的には阪神でねらうべき、パワー型。

11.サトノプリンシパル

あれだけ前に有利なコースと展開のなかで完敗した日本海S
それがインカンテーションとの力の差
それでも同馬をかなり成長させている矢作厩舎の手腕も素晴らしいが。
京都コースは脚質的にも合うと思うが、今回は同型も揃った、楽な競馬はさせてもらえないと思うが。
スピード馬場は合いそうな配合ではある。

12.ヴォーグトルネード

この厩舎はレース選択を間違っている、賞金的にシリウスSに出走出来たはずなのに堅実にOPを使うが勝ちきれず、このレースを使うハメに。
騎手的にも脚質的にも狙えない。

13.グラッツィア

もう少しメンバーの軽い小回りOPで買いましょう

14.インカンテーション

今年に入って栗東坂で追いきるようになり、厩舎なりに成長させようと工夫が伺える。
BSN賞はハイペースを番手から先行して(ノリが飛ばしすぎw)勝ちきるというダートでもっとも強い勝ち方をした。
前走は間隔も詰まっていたのか、BSN賞の疲労か、少し詰められはしたが、それでも抜かせないのは流石だった。
疲労度合いが抜けているならば本命級の評価でよいのでは。
ただ、枠的に辛いところに入っているのは事実。
あとは前走をどう捉えるかで評価も変わってきそう。

15.タガノジンガロ

中距離OPを諦めて、地方に転戦し短距離にシフトした馬が中央中距離重賞クラスに割って入れるとは思えず、消し

16.アスカノロマン

準OPは楽に突破すると思っていたが、前走は想像以上に強い競馬だった。
速いペースは未経験なのが懸念なのだが、少なくとも現4歳馬の重賞で足りていない馬達には通用しても驚けないだろう。
ちゃんと底も持っている、スピードもあり配合も良い。
しかし大外枠では。。。
これを番手から一蹴できるならば、レパードSでもう少し頑張れた気がするんだけどwww


3歳馬の評価が馬券のキーになりそう。

印は明日まで迷うとして。。。
馬券対象馬は

クリノスターオー
インカンテーション
を上位に

ブライトラインは押さえ
ニホンピロアワーズ。。。は衰えが顕著だが切るのもなぁ、ワンダーもまだ頑張ってるし。
ワンダーよりは衰えは感じるが。

アスカノロマン、ランウェイワルツかぁ。。。3歳馬どうしましょww
枠的にはアスカノロマンは嫌ってみたいかな。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/207-db16a4cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。