砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜競馬
京都7R

ラウンドロビン→3着
リバーソウル→8着

勝馬はマスクゾロですか、確かに冷静に考えて未勝利戦の勝ち方は素晴らしいですね。
これはダメ予想の典型
コンビだけで的中根拠にはなりえませんという証明です。

東京7R

ノーブルガイア→6着

前が止まらないなぁ、スタートは良かったので出していっても良かったも?
ハイペースの追い込み→距離短縮路線はもう少し精査する必要がありそうです。

ブラジルC

マイネルバイカ→1着

やはりスローになりましたかといった感じで、してやったりでしたね。

大山崎特別

ビートゴーズオン→13着
ピンポン→2着
(タガノナパヴァレー→11着、サンライズネオ→4着)

これも以下略ですね。
ハイペースでの追い込みは相当上がり上位でない場合はむしろ積極的に嫌っていった方が良い。
サンライズネオは前走ラップが良馬場にしては優秀で、惜しかったですね。

東京12R

ゴールデンスピン→2着

前走はスロー(37.6)でやっちまったなと思ったら、いい感じでマイルらしい中盤11秒台連続で隊列が延びましたね。
進路もスムーズ、普通スローだと内枠は前が壁になって進路を確保するのに苦労しますが、抜け出しに手間取ることもなく、前走面子はかなり濃いので入着する能力はあったといえます。
まぁ1枠軸はリスキーでしたが、ある程度主張する馬と強い人気馬がいればこういった展開を予想しても良いかもしれません。

コメント
お見事でした!
ブラジルカップのマイネルバイカはお見事でした。
もし、差しつかえなければ評価した理由を教えていただけると幸いです。
[2014/10/26 15:35] URL | 賭神 #- [ 編集 ]

Re: お見事でした!
> 賭神さん

コメントありがとうございます^^

賭神さんが納得いく根拠になるかどうかは分かりかねますが、それでもよろしければという前置きをさせてくださいねw

まず、サラブレットクラブラフィアンの馬達は使われつつ良くなるといった印象で、実際明け3戦~5戦の回収率も上昇していることがターゲットからもわかります。

そして白井厩舎は東京遠征で勝負仕上げにしてくることが多く、実際東京の成績も悪くないです(短距離の方が成績は良いですが)

マイネルクロップも同サラブレットクラブラフィアンの馬ですが、こちらも使われつつ、本来のパフォーマンスを取り戻していますよね。

マイネルバイカも前走で上がり2位と見所が全くないということもなく、良化の兆しアリかなと見ていました。
当然本来のパフォーマンスを取り戻したのならば過去走から実績はあるのは御存知だと思います。


ここまでは主観が入ってますのでアレですが。


ポイントとしてはダート2100mって当然上がり性能が必要なコースで、ランウェイワルツやヴォーグトルネードが人気することも頷けます。

ですが、過去のOPや1600万クラスを調べると、意外に穴を空けているのは逃げ先行馬なんですよね。
というのも、スローになりやすい分、差し込めるのは勿論ですが、前も楽な競馬が出来るということなのかなと。

となるとノースショアビーチに目が行きますが、以前賭神さんに指摘されたように1600万クラスかそれ以下なのかなと。

アスカノロマンは1600万をしっかりと勝ちましたので、他の3歳馬の勝ちあがり状況を考えるとレパードSがひとつのレースレベルの指針となりえるのかなと。

実際ランウェイワルツは古馬OPで連続好走していますので、そうなると古馬OPではノースショアは消しということになりますよね。

そうなった場合、このメンバーで穴を空けそうな先行馬となるとマイネルバイカ以外考えられなかったという私の考えです。

北村騎手は関東では相当馬質も良いですし、実際戸崎騎手についで2位の成績です。
関西の北村騎手は控えた競馬をするイメージですが、関東の北村騎手はオーソドックスに先行させることが多いです。

ダートレースは芝以上に隊列や位置取りのウェイトが大きいと考えていますので、面子的にもスロー濃厚なレース展開もハマッた印象はあります。


以上がマイネルバイカを推奨した理由になります。

根拠に浅く申し訳ありません(汗


賭神さんから色々なことを学び、自分の浅はかなロジックを根底から見直す時期に入っています。
まだまだ未熟極まりないですが、根拠の無いロジックを捨て去り、優先順位は馬のパフォーマンスを最上位に置き、ちゃんとした狙いが出来るように精進したいと思います^^
[2014/10/26 17:34] URL | mussyu #- [ 編集 ]

ありがとうございます。
大変参考にありました。
私は厩舎とか騎手とか疎いので、凄く参考になりました。
きちんとした裏付けのある理由だったと思います。

そろそろ私も厩舎の好走パターン分析なんかに手を出す時期かもしれませんね。

競馬って日々発見があって面白いですね。

[2014/10/26 18:41] URL | 賭神 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/196-ac3b9225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。