砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京開催へ向けて
さて、ようやく東京開催ということで、初夏にかけて指摘いただいた記事を参考にしながら個人的に注意したいポイントを書いていこうかなと思います。

貴重なご意見への回答

今回のテーマは距離短縮についてです。

先ずはダート全体の距離短縮別コース成績から見ていきます(過去5年)

短縮①

東京ダートコースの回収値が最も高いことがよく分かります。

短縮②

PCI値が大きい馬の方が数字が上がっています。
無論東京ですので上がり3F値が高い馬の成績が優秀なのは当然でしょう。
それでも位置取りが前の馬の方がよい結果となっています。

短縮⑤

RPCIの成績をみると一目瞭然ですね^^
東京Dは1600mに限り芝スタートでしばしばペースが上がります、その点は頭に置いておきたい。

では今回は東京D1600mに注目してみます。

東京D1600短縮

こちらもRPCI値が大きい方が数字を伸ばしています。
~36が少なく、~52がわりと多いのに少し驚きました、面子次第ではそれほど流れない場合も多いようです。

東京D短縮②

納得の成績ですね^^

東京D1600短縮④

そのわりと多い~52の馬の前走コースになります。
今回は中山開催がなかったので、阪神、新潟から該当馬がいれば狙ってみるのも面白いかもしれませんね。


なんだかんだで先行有利の結果が出たということで、先行馬の枠順有利不利も調べてみました。

東京D先行枠

7枠の成績がとんでもないことになってますが、新潟同様、ダートの先行馬は外枠だとポジションの不利を受けにくく、所謂4角で良いトコにいて、直線で期待感が持てますw
ダートにおいてポジションは超重要で、賭神さんにも以前指摘されましたが、やはりダートレースの上がり限界値から追い込み競馬は稀なんですよね。
あとは芝スタートということもあって、良い位置で追走でき、不利を受けにくい、これなら人気にも応えやすいということにもなるのでしょうか。

東京マイルは1枠不利説がありますが、これはペースや隊列によるものと思われます。
(ハイペースになれば縦長になり隊列が開きやすい為)
以前にも記事にしましたが、東京D1600m全体の枠順成績とハイペースになった場合の成績は以下です。(過去5年)

東京D1600枠

①枠

ハイペース戦においては複回値からいってむしろ狙い目で、枠だけで評価を下げている場合は注意が必要かもしれません。(無論ハイペースありきですが)

※地味に7、8枠の勝率が著しく低下、全てにおいて成績が下がっていることも注目に値するかもしれません。

では1枠で好走した馬はどんな脚質を持った馬だったのでしょうか。
ついでにオマケなので調べてみました。

①枠脚質

逃げ馬は全滅で、上がり優秀な差し馬だったことがわかりますね。


最後に短縮はわかったけど延長はどうなんよ?
前走差せなくて、東京変わりで差し馬の距離延長はどうなん?と思ったそこのアナタ。

ハイ、なにを隠そう、私も気になったので、ついでに調べてみました。

前走距離(東京)

これは過去5年の東京D1300~1600mの前走距離成績です。
結論からいって数字だけみれば短縮組の方が成績が良い。
しかしながら、差し馬の距離延長の着眼点は理解できます、前走直線が足りずに差し損ねた馬や、小回りで上がり最速を叩きだした馬を東京で見なおせたり、再評価出来るかということになりますね。

では短縮馬はRPCI値が大きい数字で成績を上げていましたが、延長馬はどういった結果なのでしょうか。

東京D延長
東京D延長②

これは面白い結果というか、必然という結果が出ました。


RPCI値の少ないケースで単回値が上昇、大きい場合は2、3着が多い。
短縮馬と違い、逃げ先行馬よりも差し追い込み馬の数字が良い結果を示しています。

東京D延長④

こちらも中山開催変わりではないので、新潟から出走というケースが増えそうです。
逃げ、先行有利な新潟で上がり優秀も差せなかった馬などを見直しても良いかもしれませんね。


長くなりましたが、上記の傾向を加味して東京開催に臨んでみようと思います。

最後まで読んでくれた方、お疲れ様でした^^;

東京開催のダート戦で、なにかの参考になれば幸いです^^

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/188-7e6255df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。