砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリウスS考察①
そういえば今週はダート重賞だったんですねw

さて、シリウスS

秋~冬にかけて、もっともG1に繋がらないレースとして有名です。

ここを勝った馬で後に出世したのはワンダーアキュートのみなんですよね。

阪神コース

コースはおにぎり型で4F戦になりやすく、最後の坂も相まって、ラス1F失速ラップが基本です。
2000mは1コーナーまで長く、芝スタートも重なってテンは速め、よって1コーナーの小回りなカーブからペースは落ち着くというデザインを描きます。
シリウスS

中盤やや苦しい流れになった2012年はフサイチセブンがそれにお付き合いした形で敗戦。
この条件でのみ走る馬が多いことで有名で、上がり重視、ということは3、4歳の回収率が良く、斤量も軽い方が良いです。

まぁ上記は周知の事実なのですが個人的な主観として

①テンは速くなるが中盤は弛みやすく、追走が楽。
②パワー血統


この2点は意外に重要な気がしています。

①は条件巧者を生む理由として、それ以降のレースで活躍する場がないということが根拠足りえるのではないかと。
ダート中距離重賞でもグレードが上がると中盤が厳しくなり、上がり時計もポジションを押し上げながら叩き出し、先行馬も簡単には失速してくれないことが理由に上げられると思います。

②については、単純に上がり優秀な馬を買うこともひとつの手段ですが、阪神というコースで上がりを使えるということはどういう馬なのか掘り下げていく必要はあるのではないかな、と考えています。

それはどのようなファクターでも良いことなんですけど、自分の場合は血統からということになりますね。

2013年
ナイスミーチュー
グランドシチー

2012年
ナイスミーチュー
ヤマニンキングリー
グランドシチー

2011年
ヤマニンキングリー
キングスエンブレム

2010年
キングスエンブレム
チョイワルグランパ

2009年
ワンダーアキュート

2008年
マイネルアワグラス
ワンダースピード

2007年
ドラゴンファイヤー
ラッキーブレイク
ワンダースピード

上記の馬は全て共通する血があります。

血統に固執すると失敗することが多いですが、所謂阪神に必要なパワーとして必要なポイントか否かを今回で実験してみたいと思います。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/181-464f5270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。