砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レパードS バトンリレー①後編
それでは次点馬についての考察

ランウェイワルツ 
メイショウイチオシ
スピナッチ      
ノースショアビーチ
カラダレジェンド 
アナザーバージョン 
ニシノゲンキマル  
ファドーグ       
ジャカスバーク


ランウェイワルツはもともと配合クオリティの高い馬で本ブログでも度々掲載してきましたね。

ただ、ひとつ言えることは、この馬、ヌレイエフ、アフリート(Tom Fool)の機動力、Vaguely Nobleの底力

小回りだんだらカーブを外から捲くって、底力戦向き

なので、JDDのように我慢してさぁ直線手応え抜群で追い出しを開始!→あれ?みたいな懸念はありました。
JDD予想

ですので、JDDでも配合クオリティはあれど、ラス2F加速ラップには向かないとして印を下げています。

JDD≒レパードSとは言いませんが、もともと大井の外回りコースはラス2F加速ラップが多く、それは私がある人から教えられてきた見解で、自分も何度も大井競馬を購入し回顧した上でこれに同意しています。

上記の観点から兵庫CSで本命を打ったように、同じゴールドアリュール産駒でもクリソライトのような馬とは違った方向性だと考えています(別にクリソライトがレベルの高い馬だとは思っていません、馬場差はありますが、今年のJDDの方がレースレベルは高いと考えています)

以上、今後の可能性は配合より多分に秘めている馬だという認識を変えるつもりはありませんが、レパードSにおいて評価するかと言えば否となります。


メイショウイチオシはメイショウボーラー産駒の特徴がよく出ており、揉まれる競馬を嫌い、外枠から外外を回して差すか、内枠からスムーズに先行し、逃げるか2番手から外目を併せて差しきる競馬が理想。

前走条件に戻り大外枠として本命を打ちましたが、ベストの条件が揃ってゴールデンヒーローとアタマ差というのが現状の能力といえるのではないでしょうか。

ナスキロ色強く広いコース向きで、Caerleon=Video 4 x 3 でキレる脚を使えるタイプのハズなんですが、前走を見た感じでは差しきる脚は持っていないようですね。

よってここでの推し材料は少ないです。

スピナッチはインカンテーションの母オリジナルスピンの仔で、血統表は美しいと思います。

スピナッチ2


伏竜Sは本命にしあえなく撃沈も、同馬の瞬発力は上でも通用すると思っていたこと
あと賭神さんのアドバイスもあり、前走は単勝一本槍でしたね♪

最近思うこと

血統についても、ここで詳しく触れているとおり

Halo 3×4 クロス&Danzig(Fair Trial)

Buckpasser (Tom fool)5x 5クロス

と機動力の観点からも問題ありません。

スピナッチ

スピナッチの能力比較として充実一途のエーシンザヘッドのラップと比較してみます。

7F目の弛みがない分、後半の失速は顕著ですが、これを0.5差でアッサリと差しきるワケですから、まだまだ時計を詰めれる可能性は秘めていますし、準OPでもそこそこの競馬が出来ると思っています(クラスが上がれば上がるほど後半のラップは厳しくなる為)

当然瞬発力とパワーが重要な阪神Dにおいての血統適性、軽ハンデなどの恩恵も多分にあると考えていますが。

スピナッチは中京未勝利戦で後4Fを13.5 - 13.8 - 11.8 - 12.5

通過順位 3-3-2-3を上がり2位を記録しています。

ただ、如何せん未勝利戦であるということもあって信憑性たりえるかといえばどうだろう。

前途した血統考察からの機動力、ラス2Fの適性も無いとはいえませんし、牝馬だと侮っていたら痛い目にあうかもしれません。
同じゼンノロブロイ産駒であるナムラビクターは牝系がやや重厚な印象ですが、スピナッチの配合のクロスは美しく、それでいてナムラビクターの母父フォーティーナイナーが内包するトムロルフ(パワー)もHoist the Flag経由でしっかりと持っていること、Buckpasserのクロスも持ち、牝馬でありながら阪神の急坂を苦にしないパワーを持ち合わせているのではないでしょうか。

そして紅一点ということでミラクルレジェンドとの同条件レースを比較
レジェンド比較

テン5Fの差から、上がりが掛かったスピナッチのレース
後半に比重が掛かったレジェンドのレース

スピナッチはレース上がり3F38.5を37.7
レジェンドはレース上がり3F36.8を36.5

スピナッチのレースは上がり2位との差が1.3秒

走破時計は平凡な1.53.7ではありますがこのクラスにしてはテンは速いといえますね。

殆どの馬がバテている中、しっかり追走し、ポジションを押し上げて前を捉え突き放す。

単純に先行馬がバテて後方一気に差しただけとはいえなそうです。

ただ、個人的に後5Fのラップが速いレースの方が上で通用するのではないかと考えています。(当然テンに速いことはこしたことはないが)

上記の観点から、ミラクルレジェンド級かと聞かれると京都コースの比較からやや疑問は残りますが、上がりの比較と勝ち方から、タイムだけを鵜呑みにすることは出来ないでしょう(余力の観点から)
能力値基準として、阪神Dの走破ラップを加味し、能力はあることは間違いない、血統も良い。

もうひとつ懸念点を上げるならば、過去入着馬に共通していた純粋なNDクロスを持たないこと。

しかし上記血統表でも枠にしているようにIcecapadeはノーザンダンサーと3/4同血であり≒

まぁこの辺はどうでもいいかもしれませんねw

有力馬候補の一角として位置しても良いのではないかと考えます。


ではノースショアビーチ

今年のJDDは走破タイムもさることながら、レースレベルはそこそこ高かったんじゃないかなぁと思っています。

当然帝王賞は厳しいラップを刻んでいますね。
ですが大井外回りのレース質としては後2Fは同じ動きをしていることが分かるのではないでしょうか。

大井比較

まず11年は中盤の弛みが顕著の瞬発力戦
確かにラス2Fの加速はありますが、ボレアスが勝ったレパードS、中盤の弛みが異質で、実質400mの末脚勝負かなと思っています。

次に12年、テン6Fが一番弛んだレース質からのロングスパート戦
これは同年の端午Sと似通っていて、ホッコータルマエよりもハタノヴァンクールに分があるといえます。
鋭角なコーナーで息が入らない、大井特有のラップではなく異質です。
トリップは弥生賞でも先行から4Fのスパートを耐えているのでこれも向いたのかも(無論クラシックのトライアル戦で入着するのだから能力は高いことと、前半かなり楽だったことも言えると思いますが)

14年は13年と比較してテン3Fが速かった分レースが動いたのは1Fずれています。
が、ハッピースプリントが自信を持って勝ちにいったことと、カゼノコも仕掛けていったこともあり、後半のラップ推移としては前年よりもハイレベルなのかなと見てます。
実際ハッピーは思っていたよりもかなり強かったです(笑)

ノースショアビーチはラス2F加速性能を持っている馬だと思っていたので、自分のJDDの印は◎カゼノコ〇ノースショアビーチでした。

ただ、フィールザスマートに交わされたことは事実で、これはちょっと残念でした。
青梅特別戦のレベルの高さと、このラップ推移による好走条件の合致を認めざるを得ない結果となりました。

血統的にはキンカメ(Nureyev)×Danzig、Woodman(Buckpasser)にDamascus、Hoist the Flagですから

小回り得意、馬場は力の入る良馬場のほうが良いと思います。

当然、今年のJDDはレパードSのレース質にも合致したラップではありますので、同レースを0.1差4着は評価を下げる必要はないと考えます。

関東馬だからといって軽視は出来ないのではと見ています。

ただ、上がりの観点からフィールザスマートに交わされたことは事実なので、勝馬候補からは除外。

ですが、カゼノコ、フィールザスマートはおらず、NDクロス、ミスプロ、血統傾向などから考えて、馬券内候補の1頭としては評価したいと思います。

カラダレジェンドは中距離実績がなく、血統だけで評価することも出来ません。

ダートが合うかも未知数、時間の無駄なので見解も割愛します。

アナザーバージョンはクロフネ産駒も牝系にHalo×Sadler's Wells(Special)

小回り適性もあり前走福島でも引き続き好走したことも頷けます。

ただ、オリオンザジャパンに連続で完敗、ノースショアビーチにも敗れていることから評価対象外としたいです。

ラップ適性も中京のレースを見る限り推せる要素は極めて少ないのではないかなと思います。

しかし新馬戦のパドックを観戦した時に一際目立つ好馬体であったことはよく覚えています。
ついった

今後の成長にも期待したいですね^^

ポテンシャルは高い馬だと思いますよ?

ニシノゲンキマルもアナザーバージョン、ノースショアビーチ以下なので消し 
ファドーグも同じ      

ジャカスバークはトロワボヌールは古馬1000万級と互角なので上記低評価馬の中では良いかもしれせん。

ただ、レッドアルヴィスを下したレースはかなりハイペースで展開が向いたことも事実。

ボリクリ×サンデー×デインヒルと起用に立ち回れるタイプの可能性はありますが、Gone West内包馬はスピード決着に強いが格上げ戦で底負けすることが多いです。

あとはやはりアナザーバージョンやレッドアルヴィスに完敗しているのはこの馬も同じこと。

近走成長は感じますが、距離延長が合うかどうかも少し微妙です。

   
以上長くなりましたが、絞込みとして

アスカノロマン
スピナッチ
ノースショアビーチ


の3頭を『DJ-Tがピックアップした中から』の馬券対象候補とします。

ちなみに私の注目馬の1頭はこの中にいない(笑)

それではDJ-Tにバトンを返しましYO!!(σ・Д・)σ→Mタキオンのくぅ~データ(・∀・)

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/164-03767cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。