砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロキオンS予想
まぁ全て師の受け売りだけども、中京ダートコースの再確認

中京ダ
中京ダ②

ポイントとして

①コーナーは小回りであること
②3,4コーナーは下り坂であること
③直線入ると直ぐに2mの急坂であること
④ラストは平坦であること


直線直ぐに急坂

中京ダートで外を回してから追い込んで差しきることはなかなか難しい

先行有利、もしくはなるべくコースロスなく回ってきた馬の入着も多いように思う。

というのも、この直線直ぐの急坂を一気に加速して登りきることの重要性=栗東坂路コース調教

芝スタートでのハイラップ懸念=持続力≒栗東坂路コース調教

栗東坂路コースは美浦坂路に比べ助走距離、形状ともに負荷の掛けやすいコースであることは有名

坂路調教=無酸素運動を鍛える調教であるから、ベクトルとして有用性の根拠はあると捉えている。

レースにおける最大加速が掛かる区間ラップで抜け出す

坂に対する負荷は全馬同じであること。

論理的に考えると、ラストの坂でスピードダウンして差しが決まる阪神、中山とレース質は異なると考える。


以上から馬券対象馬を考察していく


コーリンベリー

調教は坂路で単走で集中している印象

前走では輸送して大幅馬体増と充実期を迎えているのではないか。

テンは速い馬でこのメンバーでもハナを叩けるスピードはある

牝系にNureyev×Danzigで小回り適正値は高い

ユニコーンSは持続戦決着で適正も向いた感じ、ただ後偏ラップで決着した昨年と走破タイムは同じ。(馬場差は同等)

ということは、今年のユニコーンSのレースレベルはそれほど高くない可能性はある、ここが懸念。


キョウワダッフィー

キンカメ×BTニックス

重賞初挑戦だが、通用する下地は十分

過去走から持続戦>瞬発戦、阪神>京都

パワーもあり、時計勝負でも強い。

本命候補

スリーボストン

鉄砲実績有り

番手競馬も出来る

Seattle Slew血脈でもボストンハーバーはBull Dogクロス短足小回り巧者が多く、産駒の成績も中山、小倉、福島の成績が良い。

これに牝系がフォーティーナイナー×サンということで

Tom Rolfe、Buckpasser的なパワー、Danzig内包とより小回り向き

当然持続向き、紐穴でどうぞ


ベストウォーリア

配合的にも高速ダートの夏場でこそ狙いたい配合

ただボールドルーラー色が強く持続戦にも強い同馬だが、所謂配合的に底負け感が強く、今後も勝ちきれない競馬が続くのでは。

レコード決着に対応出来るスピードは持っているのだが、人気に応えようとせずに中段からセコく乗った方が良さそうではある。

シルクフォーチュン

Nureyev 3 x 3が示すように、もともと小回り適正は高い。

高いのだが、基本的に隊列が縮まらないと差して届かずの繰り返し。

だからといってスローでは掛かるといった分かりやすい馬。

テンが弛めば差し切れるかもしれないが、中京コース傾向やレース質からは評価を下げるべき馬

ダノンカモン

加齢で持続向きになってきているのでしょうね。

ただ前年と比べて近走内容的に推し辛い要素はあります。

アドマイヤロイヤル

まぁレース質的にもいろいろ切れない馬でしょうね。

普通なら本命候補ですし、持続戦決着と読むならば、あまり年齢は関係ないレース質ですから。

ただ四位クンは降ろされたのかな?笑

ノーザンリバー

相変わらず日曜追い切りでは良い時計だしてます。

Halo 3 x 4にNureyevと小回り適正も高いことは地方競馬での好走歴を見れば当然でしょう。

ただ今年のフェブラリーSで思わぬ健闘を見せるということは『そういう』馬なのかなぁとも思います。

ここは人気を裏切ると見ていますが、どうでしょうか。

ゴールスキー

ネオユニ×Nureyev×Vaguely Nobleですから小回り底向きだと思うのです。

が浦和では控えて届かず、船橋では前行って垂れるとチグハグな競馬

調教は坂路で良い感じ♪

と思ったら、この仔芝スタート不得意なんですよねぇ

武蔵野Sではテンに置かれて差し届かずと、枠的にも外を回さざるをえないトコに入ったので素直に割引が必要かも。。。

中京のコースレイアウト的には狙える馬だと思うのですけどね。

ワイドバッハ

前走はコース変わりで、しっかり馬券取らせて頂きました^^

ようやくOPの時計にも対応してきたな、といった感じで、ダートOPの短距離戦は持続型が多いですからねぇ

ただ枠的にも脚質的にも外回してどこまで来れるか。。。

配合的にはResolver×スキャンとナスキロ的長い直線向きでの東京推奨馬でしたが。。

アジュディケーティング×ナイスダンサー的な起用さも兼ね備えています。

どちらかというとペースは弛んだ方が良さそうですが、この馬の場合、Swapsを近めに内包しているので持続戦適性もあると思います。

鞍上ユタカがどう乗ってくるか見ものですね^^

ここは初重賞なので応援程度にといった感じです。


以上から

◎キョウワダッフィー
〇アドマイヤロイヤル
▲ベストウォーリア
△スリーボストン
☆コーリンベリー

61.jpg
62.jpg


無念。。。。

ベストウォーリア強かったですね^^

戸崎くんも前走の敗戦からしっかり差しきる競馬をしてきました。

個人的に距離が伸びれば苦しいでしょうから、JBCスプリントまでといった印象です。

アドマイヤロイヤルは案外でしたね。

少し休養したほうが良さそうです。



回顧はこのへんにしてお絵かきして気分を晴らしますwww

さんぷる2

次はエルムSでも頑張りましょうかね♪

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/151-621d7f88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。