砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念雑感
いやぁ、仕事が繁忙期に突入して競馬どころではなくなってきました。。。

ちょっと体力的にもハードな日々が続くのでブログの更新はしばらく控えるかもしれません。

ですが、面白そうなレースや狙い馬がいれば、記事に出来ればなといったところです。


さて、早いもので今年も上半期グランプリですか、簡単に雑感を


まず1人気が予想されるウインバリアシオン

オルフェーヴルの引退とともに自動的に繰り上がって来た印象の有力古馬

結局オルフェーヴルの影を踏むことすら出来ずに引退。

結局のところ3歳時から大幅に成長の上積みがあるかといえばクエスチョンマーク。

オルフェの引退に伴って相対的に見て有力馬の一角として君臨しているイメージです。

捲れる機動力や後半の速い加速区間でポジションを上げれる馬ですが。。。

宝塚記念はやや締まった流れが多く、そうなった場合勝ちきれるかといえば疑問。

本質的には中盤で追走に脚を使えば末は甘くなるといった印象は変わりません。

次にジェンティルドンナ

天皇賞秋のハイラップを前受けして2着に出来る能力

持続戦にも前受けで対応出来る点はリファールクロスからの底力のなせる点。

ですが同馬のパフォーマンスとして最大の魅力は末脚。

やはり控えてこそといった印象ですが、こと内回りについての器用さはダンジグ、アリダー系内包で問題はない。

ただ秋華賞においてヴィルシーナに最も迫られた点を考えると、前述した項は対応化といったところに留まるのかなと。

ヴィルシはヘイローのトリプルクロスとヌレイエフ内包ですから内回りの配合適正ではこちらが上位。

よって両馬は宝塚記念という舞台をこなす下地は備わっている格のある馬ですが、最もパフォーマンスを上げる舞台ではないといった印象です。


元来、宝塚記念とはお祭りG1であり、勝者に必要なのは格ではないという主観です。

メイショウマンボ

まずメイショウマンボは秋華賞でのパフォーマンスから瞬発力戦<<持続力戦、大箱<小回りであること。

スズカマンボ×グラスワンダーから時計の掛かる馬場であってもパフォーマンスを落とす心配はないこと。

瞬発力戦<持続力戦の根拠として

His Majesty=Graustark 5×6×7であること

内回り適正の根拠として

母父グラスワンダーは小回りコースにおいてスペシャルウィークを2度撃破していること。

配合根拠として

Nureyev×ダンジグ×NumberでのFair TrialやForli的な小回り特化クロスが強調点であること。

そしてRoberto×NijinskyでのBull Leaクロスからの小回り急坂向きのパワー質からも根拠になります。


そして牡馬混合戦における相対評価として下げるか否かというのはデニムアンドルビーがひとつの物差となるのでは?

といった見解です。


デニムアンドルビーも血統配合からNureyevのクロスを持った内回り適正はあると思います。

が、同馬はスローの瞬発力戦でもっともパフォーマンスを上げる馬であり、瞬発力戦において最も恩恵を受ける斤量差もあってJCでは並み居る牡馬を相手にハナ差2着と健闘しました。


で、あるならば、仮にメイショウマンボの舞台適正として宝塚記念がベストのパフォーマンスを発揮出来るという可能性があるならば、安易に軽視も出来ないといった相対評価となります。


トーセンジョーダンにおいては、過去走から宝塚記念のレース質としては合っている印象で、ローテーションが順調ではなかったG1で凡走が多く、順調ならば印は打っても良いかなと思っています。


カレンミロティックはハーツ×A.Pインディ×Caerleonと、どちらかといえば大箱コースでパフォを上げそうな配合で、持ち前の機動力でそれを相殺してい印象。

本質的には外回り向きの印象ではあります。

フェイムゲームはハーツ×ディクタス×ノーザンテーストと重厚な配合でこれにトムロルフとかなりパワフルな配合で、時計が掛かる馬場状態なら紐に入れても良いかもしれません。



よって見解から

◎ゴールドシップ
〇メイショウマンボ


ですかね。



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/148-a323ec18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。