砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アハルテケS雑感
あまり時間がないので簡略化します。

東京D1600のハンデ戦をざっとデータを洗ったところ、別に軽ハンデ馬が強いワケでもなく、PCIが大きいのが圧倒的なわけでもなく、4歳馬が強いわけでもなく、といったところ。

ただ、メンバー的にそこまで速い流れになるか?といえばそうも感じない。

速い流れの持続戦なら、アドマイヤロイヤル、エアハリファ辺りを買っておけば良いのだろうが。


圧倒的1人気支持が予想されるベストウォーリア

この馬はフェブラリーSで痛い目にあったように、基本的に底が足りない配合ではあるが、スピード馬場にはもってこい。

ただ、フェブラリーSで底が要求されたのかといえばそうでもない。

スローの内枠で包まれた不利はあれど、案外の結果、といって瞬発力が皆無かといえばそうでもなく。

血統的にはGone West内包馬の格上げ戦凡走はこれまで見飽きてきたことは事実。

これに結果以外の明確な根拠はない。

とはいえど、今後の重賞戦線で中距離路線の馬を負かせるかといえばそうは思わない。

それは中距離で惨敗したエアハリファにも言えることではあるが。

アドマイヤロイヤルの調教が動くのはいつものことではあるが、同馬も7歳、過度な上積みを期待するのはどうか。

13年のオアシスSにおいてエアハリファに完敗していることも事実。

条件的にはベストウォーリアは並列、エアハリファの条件は少なくとも前走よりは良いだろう。

さて、それでは相手候補を見ていこう。

ツクバコガネオー

キンカメ×A.P. Indy

とくればMill Reef×Seattle Slew×Secretariatならば当然東京で狙う配合

鞍上も吉田豊と控えるならばハンデ-2kgはプラス

ただベストォーリアを逆転するかといえば、そこまでは無理筋だろう。

トウショウクラウン

順調ならば買いたいが、この鞍上起用は完全に叩き台くさい。

好走時と比べ調教もまだまだ、暫く時間が掛かりそうに思うが。

ボレアス

ディープ×クロウキャニオンといえば、あの仔ですね。

ようやく東京で使ってくれたかといったところ。

脚抜き良い馬場状態で速い流れにならなければ積極的に買いたい1頭

吉田厩舎×相談役とのコンビはカルドブレッサの新馬戦以来となる。

ナイトフッド

ツクバコガネオーとの相対評価となる。武蔵野Sの両馬をどう評価するか。

枠的にはスローならこちらだが、ツクバコガネオーが殿から行くならばどっちもどっちか。

サトノプライマシー

前走の時計は優秀だが、かなり時計が出ていた馬場なので、素直に評価しにくい部分がある。

個人的には血統から小回りでこそのように思うが、東京で強いのだから血統とは考えさせられるものだなぁと思う。

アメリカンウィナー

過去走から瞬発力はある。

父Bernardiniといえばサトノプリンシパル

中距離路線組の距離短縮

戦ってきた相手を考えればここはかなり注目したい。

この厩舎で蛯名騎手ならば心配する必要も無いだろう。


◎アメリカンウィナー
〇エアハリファ
▲ベストウォーリア
△ボレアス
△アドマイヤロイヤル

…うーん、懸念していたやや速い流れになってしまいましたね。

○からの押さえで超絶ガミでしたww

まぁ予想の方向性としては間違っていなかったかと。

○▲△の順列を間違えなかったのは良かったです。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/135-05c525dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。