砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハービンジャーについて考える
先日ララさんのコメントにもあったので、今回は新種牡馬『ハービンジャー産駒』からピックアップしていきます。

ハービンジャー産駒を考察するにあたって、私などが浅い見解で間違った考察を発信してよいか迷いましたが。。

20130329024831f57.jpg 

新種牡馬の考察はプロも外しまくりだから気にせずやっちゃってください☆

との師匠からのお達しが出たので、臆せずいきます(笑)

ピックアップする前にハービンジャーとはどういう馬だったか知る必要がありますよね。

ハービンジャー

4歳になってから頭角を現したのですね。

ハービンジャーの血統表を見て先ず思うことは。。。

ハービンジャー①

ノーザンダンサー系の血量が圧倒的に多いこと。配合はこれ以外との組み合わせが基本線。

ハービンジャー②

ハービンジャー③

ハービンジャー自身は底としてかなりクオリティの高い配合かなと。

赤枠で囲んだ

His Majesty 底型リボー(Flower Bowl=Hyperion×Son-in-Law)

Blushing Groom  内包(Tudor Minstrel=Hyperion×Son-in-Law)

Lyphard=Hyperion×Son-in-Law

Aureole≒Flower Bowl


黄色枠で囲んだ
Le FabuleuxとBlushing Groomが内包しているワイルドリスクのクロスも持ちます。

底としては十二分、距離の幅もドナテロ経由から問題なし。

やや晩成化は必然といった感じで、牝系には仕上がり早い米血が濃くかなり軽めの血統が合いそうですね。

とくにサンデーサイレンス×ミスプロの肌と合わせた馬に注目してきたい。

ハービンジャー自身がサーゲイロードを内包しているので、この強化を強調させたSS系

やや硬めの配合からミスプロ系(Raise a Native)の血、とくに柔らかいNasrullahの血があるミスプロには注目してみたい。

以上の見解から、青本よりピックアップした馬は

サーサルヴァトーレ、プリモレガーロの2頭をいまのところ注目しています。

次回はこの2頭とララさんのマイケイティーズの12の考察をしてみたいと思います。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/120-dc75e823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。