砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついった的土曜回顧
ついったった3



青葉賞は散々でしたねw

まぁマイネルフロストは叩き台なのは分かっていて印うっていますが、これは愛だから仕方ないのですよ

本番も厳しいとは思います、それでも多分紐で買います。

まぁ回顧はよそのブログがやるでしょう(爆)

個人的に血統評価でワールドインパクト>ラングレーだったので、そこは良かったです。

ただあの騎乗はどうかなぁ、個人的には溜める競馬をして欲しいですね、もっと弾けるはずです。

ラングレーに関しては仮にスタートがスムーズだったとしてもあの枠であの着順では言い訳できないでしょうね。

まぁ青葉賞はこんなところで。



天王山Sはダノンの評価を上げすぎましたね。

もう一度前走レースを見直して、ちょっと前に行くのにかなり押していたのが気になって、ナガラオリオンの単勝に切り替えました。


53.jpg


なぜ評価を下げたかというと、阪神、京都のコース図を見ればわかると思います。


外目でなければ今後も評価下げても良いかもしれませんね。


あと個人的に1人気ハーロンベイなのにビックリしました。

これは以前も血統考察で書いてきましたが、カスケードさんの教えでもあります。

ゴーンウエスト系は持っている能力以上には走れないのかもしれません。

昇級即人気なら今後も嫌っていきたい方向で。


では問題の京都短距離でなぜ追い込み馬、ナガラオリオン◎だったのか


これは結構簡単です。

3つ理由があります。


1.差せる馬場状態である

未勝利クラスはそもそも上がり値をもった馬が稀です。

なので3着に差し馬が来れているかを確認します。

先週の京都Dはやや差しが決まる印象でした。

でもそれだけでは◎には出来ません

2.前走コーラルSのレース

自分は数字だけで予想をしません

必ずレース動画を確認します。

ならば前走のナガラオリオンの上がり値だけでは見えてこない何かがあるということです。

まぁ前走後、四位騎手もコメントしていましたので、もったいぶっても仕方ありません 笑

『坂』

ナガラオリオンは坂でかなりスピードダウンしています。

ナガラオリオンはトモ量はなかなか非凡なものを持っていると思います。

が、いかんせんダート馬にしては小柄な部類に入ります。

阪神ダートはパワーも必要です。

無論ナガラオリオンにパワーが無いとは言っていません

条件的に京都が向く、というだけのことです。

でもこれだけでは◎には出来ません

3.-3F差値


これが非常に重要だと感じています。

◎にした最もたる理由でもあります。

ダートはクラスが上がるにつれ、勝ちタイムは基本的に短縮していきます。

特に短距離ではそれが顕著です。

京都、特に1200はスタートがダートで、坂がある為、ハイペースになることは稀です。

ならば基本的には隊列が広がりにくい(縦長になりにくい)ということでもあります。

ですが、直線で坂が無い故になかなか差しが決まりません。

コーナーも中山と違い緩いので、ラップが弛む要因にはなりません。

これでは隊列は縮まりにくい。

ハイペースになればなるほど隊列は縦長になり、差しは決まりにくくなってしまう。

ただ、ペースアップ過多による先行馬全滅になる場合も稀にありますが、話が逸れるので戻します。

上級クラスのペースになった場合、差し馬は後方に置かれてしまい、物理的に届かないことになります。

ダートレースの上がりには限界があります。

ダートで33秒近い上がりなどは良馬場ではありえませんから、2秒近い差は巻き返せないということになります。

(これは以前賭神さんがくれたヒントでもあります^^)

ということは前半34秒台での-3F差=追走能力と捉えます

あとは差し馬の上がり値+上がり3F差(-3F差値)が先行馬の上がり3F値より速ければ差しきれるといった見解からナガラオリオンに◎を打った根拠になります。


では分かりやすく図で見てみましょう

コーラルS

ナガラオリオンのコーラルSでは、前半34.6のペースを4F地点で先頭と1.1差で追走していることが分かりますね

ということは、これ以上のペースにならない限り、先行馬の上がりが上記程度ならば、まとめて差しきれるということになりませんか?

そして舞台は京都、阪神とのコース差異、スタートの芝の有無を考えれば、まず34.6以下になる可能性は少ないと考えるのが道理。

天王山S

ナガラオリオンより前を走っている馬は月並み36秒台

そして(2.)で書いた坂の有無により前走上がり35.6を超える上がり値を出せることは容易に想像できます。

結果は上がり35.1

少しヒヤッとしましたが、なんとか差しきってくれました 笑


天王山Sの回顧は以上です^^




最後に春光S

54.jpg



昨日は時間がなかったので適当(爆)に予想しましたが

見解を書いておきましょう


シンボリエンパイアは藤沢厩舎

この厩舎は鉄砲の仕上げが上手く、基本的に馬を100パーセントに仕上げません。

鉄砲実績は調べればわかると思います。

ただ、今回思ったことは、やはり叩き合いになった場合、仕上げ度合いというのは多少レース結果に影響しますね。

これはちょっと覚えておくことにします。

ハコダテナイト

これはやはり前走の上がり値ですね。

今日の馬場状態も良かったようです、力あるパワー漲る馬体重のある馬の好走が目立っていましたからね。

あとは血統から、東京は向く馬ですよ^^


2頭じゃなんだから、馬柱を眺めていて少し気になったのでお昼に呟きましたが。。。

ついったった2

秋山騎手が京都ではなく東京に遠征していたこと

角田×アッキーは近1年で調子が良く(1-4-1-4/10)

函館、小倉など遠征時はなんと複勝率100%wwwww

ちなみにメイショウコロンボは4ヶ月の鉄砲です。

角田調教師はこの間もアントニオバローズで穴を空けていました(馬券は単、馬連で取れず。。。泣)

この厩舎、鉄砲の仕上げには定評ありそうです

角田

ここまで狙って馬券下手炸裂。。。。今夜は眠れない夜になりそうです。。。。。。スヤスヤzzz←







コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/107-aa4ff968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。