砂喫茶へようこそ!
ダート専門の予想考察ブログ
プロフィール

mussyu

Author:mussyu
アイコン、ヘッダーはペンタブ自作

Twitterアカウント
@h49mussyu

不定期でツイキャスもやってます
http://twitcasting.tv
/h49mussyu/show/



2016-2017 重攻会POG

★コロナシオン
★ダブルバインド
★タンタグローリア
★ロードアルバータ
★プレスト
★アットザトップ
★イノセントデイズ
★ラボーナ
★メイショウテムズ
★シンギュラリティ
★コリエドール
★ジョリーダンスの14
★ブレイブウォーリア
★シンボルスカの14
★フルボイス



2015-2016 重攻会POG

★エルプシャフト→未勝利
★アストラエンブレム→Fウォーク賞
★レッドウィズダム→500万
★エンジェルフェイス→フラワーカップ(GⅢ)
★プリンシパルスター→未勝利
★ミッキーグッドネス→未勝利
★ウインムート→未勝利
★アイアンマン
★チェッキーノ→フローラS(GⅡ)
★マイティ
★トウシンタイガー
★スワーヴアーサー→未勝利
★グロリアススカイ
★レインボーユーカリ
★アレイオブサン
9/15頭勝ちあがり、重賞勝馬2頭、オークス(GⅠ)2着



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



いらっしゃいませ♪



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



注目の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



応援バナー

空の軌跡 FC Evolution 碧の軌跡 Evolution



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴重なご意見への回答
先日、賭神さんからの貴重なご意見を頂き、色々と思うことがありましたので、現状の私が出来る限りで考察してみたいと思います。

①古馬のダート路線について

>古馬のダート路線って
重賞の数が
1200m 1R
1400m 2R
1600m 2R
1800m 5R
なんですよね。

つまり賞金を稼ぎたい馬は必然的にD1800m路線に進まないといけない。
短距離で賞金を稼いだ馬は出るレース番組が少ない。

恐らくD1800m路線が一番レべルが高いのかなと。

フェブラリーSでD1800m路線の馬が強いのは、私の持論と合いませんが
それはD1600がスタミナが必要なのでは無く、単に賞金狙いの強い馬が集まってレベルが高いせいではないかと。




ダート重賞路線は地方交流重賞で補っているとはいえ、やはり中央重賞の頂点はJCDとフェブラリーS

JCD好走馬がフェブラリーSの成績が良いことから、この見解は納得です。

ワンダーアキュートを例にとってみれば、距離適正うんぬんを図るよりも、リズムや馬本来の強さを重視するべきことが中距離G1のダート重賞を当てるヒントかもしれませんね。


>エアハリファは1800m路線からレベルの低い1400mに落として勝ってきたのが問題で、素質はあるのかもしれませんが、弱い相手に勝ってきた、瞬発力戦になりやすい阪神D1800で距離延長という路線を選んだのが原因ではないかと。

エアハリファは以前コーラルSで血統について触れましたが→コーラルS回顧

もう少し掘り下げてみましょうか、少し長くなりますがご勘弁を。

エアハリファ1

まず父Discreet CatはStorm Cat系種牡馬であること。
産駒にOP馬は他にキズマがいる。

エアハリファが素質馬どうかは別として、Storm Catの代表産駒はシーキングザダイヤである

改めてシーキングザダイヤの血統表を眺めて、なるほど納得といったところだがここでは割愛

シーキングザダイヤの戦績をみれば、同馬がどういったレース質で好走してきたか一目瞭然だろう。

脚質は全く違うが、同産駒のゲイリーイグリットも好走レース質としては同じベクトルのように思う。

産駒の方向性はこれらの傾向を先ず伝えると仮定して考察を進める。


次に注目するべきはクロス

Private Account 3×4

Private Accountとは?
Private Account

BuckpasserにSwaps パワー系米血であり、war Admiral 4 x 5

war Admiralなどはディープ産駒の軽さにパワーを補完する上で必要な仕掛けであることが最近スポットを浴びていますよね。

まぁそれはそれとして、エアハリファがどういった傾向なのか見えてきました。

そして、もうひとつはHis Majesty=Graustark 5 x 5

両馬ともRibot×Flower Bowlです。 Flower Bowlの血を増幅させる仕掛けは、所謂ハイインロー的な前受け気質でG1戦線で活躍したスマートファルコンやエスポワールシチーに影響されたといわれています。(Aureole≒Flower Bowl)

His Majesty=Graustarkの3×4同血クロスは最近ではバーディバーディがいますね^^

上記全ての馬の特徴は皆さん御存知の通りになります。


最後に血量

エアハリファ2

コーラルSで同馬を距離短縮において本命視したのはやはりBold Rulerの血量からになります。

コーラルS

テン負けしていないこと、そして特に押して出している訳でもない。
テンのスピード値は高いことがわかります。

Bold Rulerは持続力の権化とも言われていて、そのスピードは現代競馬でも十分に通用します。

そしてナスキロよろしくのSecretariat 6×6

これにより柔らかさ、大箱コースに対応出来るストライドの補完

特別ストライドの広さは感じませんが、トビはなかなか弾む感じで、オアシスSで対決したアドマイヤロイヤルの走りを同レースで見比べると、その差が分かりやすいと思います。

コーラルS 12.2 - 10.6 - 11.8 - 12.3 - 12.1 - 12.1 - 12.3

オアシスS 12.5 - 10.9 - 11.3 - 12.0 - 12.4 - 12.4 - 11.9 - 12.1

コーラルSではナガラオリオンの瞬発力に屈するかというくらい脚色が違ったが。。。

ナガラオリオンが坂で止まったとはいえ、エアハリファの末は衰えず。

オアシスSではやや大逃げの形になったインペリアルマーチを好位追走、徐々に脚色衰えたアドマイヤサガスを交わし、アドマイヤロイヤルの猛追を振り切った。


エアハリファがどういった馬か、見えてきたのではないだろうか。

ただ、血統についても素人考察なので、この見解についてカスケード氏の意見も後程答え合わせとして伺っておきます(苦笑)


最後に賭神さんからの意見である距離延長&阪神D1800のレース質

残念ながら距離延長については私の拙い考察では明確なデータは拾うこよが出来なかった。

だが、レース質については賭神さんの仰るとおりであった。

(過去10年 OP特別、重賞、阪神D1800m)

阪神D1800m

これが今自分に出来る限りの回顧になります。

エアハリファの今後の狙うレースも少し見えてきたように思います。

個人的には阪神コースは合っていると思っています。

ただ、レース質を考えれば、思い切って強気の先行策も良いかと思いました。

ただし、今回の後半急加速のラップでポジションを下げて(下がって)しまったことは致命的。

ここを加速出来るようになっていけば、今後も面白い存在になりそうですが、上がり勝負では今後も厳しいという血統考察からの判断になります。

賭神さん、貴重なご意見ありがとうございました!




コメント
なんだか
私の大して根拠のないコメントに
きちんと分析までしていただいて
大変恐縮です。

[2014/04/23 23:25] URL | 賭神 #- [ 編集 ]

Re: なんだか
> 賭神さん

いえいえ、とんでもないです^^

自分にとって必要な考察なので行ったまでです。

また、なにか気付くことがありましたら、忌憚のない意見を是非お聞かせ下さい♪
[2014/04/24 16:29] URL | mussyu #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sunakissa.blog.fc2.com/tb.php/102-4cc314d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。